東海ラジオ開局60周年記念特設WEBサイト

「月イチでらブレイク」5月度投票 月イチでらブレイク

復活!深夜“生放送”!!
東海ラジオ開局60周年記念
「月イチでらブレイク」

次世代パーソナリティ公開オーディション

 



ラジオの黄金期を支えた“深夜放送”。ラジオの代名詞ともいわれた“深夜生放送”が2019年4月からの1年間、限定復活!
次代を担うパーソナリティ発掘を行なっています!皆さんの投票が、彼らの運命を握っている!
まずは、彼らのデモ音源を聴いて投票してください。
投票締切は6月4日火曜24:00

芸人プロフィール
①芸人名
②結成年
③所属事務所

 


5月度エントリーNo.1
①「スパローズ」 森田悟、大和一孝のコンビ
②1995年4月
③浅井企画


5月度エントリーNo.2
①「さすらいラビー」宇野慎太郎、中田和伸のコンビ
②2014年4月
③太田プロダクション


5月度エントリーNo.3
①「下町ミュンスター」ろぱ仔、岩佐のコンビ
②2016年12月
③サンミュージック


5月度エントリーNo.4
①「カシスプリン」おーくぼー、前河キヨトシのコンビ
②2008年2月
③太田プロダクション


●投票は専用画面でお願いします。
●投票はお一人一回でお願いします。
 重複が発覚した場合は、カウントされません。


新時代も「月イチでらブレイク」!! 月イチでらブレイク

毎月一回、日曜深夜は

月イチでらブレイク!!

東海ラジオが行っている開局60周年企画は様々あるが、この企画が一番秘やかに実行されていると言っても過言ではない。公開のイベントではない。おまけに普段は放送をお休みしている日曜の深夜の生放送だ。しかし熱量は他の企画にも負けていない。

その名も「月イチでらブレイク」。その名の通り月に1回深夜の生放送番組だ。

4月7日、初回の放送は、自他ともに認める東海ラジオの深夜男、源石和輝アナウンサーと番組プロデューサーでもある私、井田勝也がパーソナリティーを務めた。

振り返ると、始まる前から不思議な高揚感があった。 番組が始まるのが深夜2時55分。ほぼ夜中の3時である。しかし、打ち合わせを終えた1時頃には落ち着かないと言ってもいいくらいわくわくしていた。ちょっと白状すると2時頃には逆に眠気が来ていた。

しかし月並みではあるが本番が始まる頃には否応無しにテンションはマックスであった。テンションが上がったのはもう一つ理由がある。リアルタイムの反響だ。時間も時間である、メッセージがゼロでもおかしくはない。しかし、「聴いてますよ」というメッセージをたくさんいただくことができた。「このために押し入れからラジオを引っ張り出してきました。」というメールを読んでいると、この番組をより楽しもうと一緒に企んでくれるリスナーのみなさんの心意気を感じた。

深夜の魅力は、リスナーとパーソナリティーの「一体感」だと源石アナウンサーは語る。「今、この瞬間を共有しているのは自分たちだけ」という「共犯意識」とでも言えるだろうか。

しかし、この番組もあまり密やかに進行ばかりしてもいられない。この番組は「未来のラジオスター」を生み出すのも目的の1つだからだ。

「月イチでらブレイク」では毎回、4組のお笑い芸人が制作した、5分間のデモ番組を放送する。

その番組を聴いて、4組の中から「最もラジオパーソナリティーにふさわしい」1組を選び、10月以降の「月イチでらブレイク」のパーソナリティーを担当していただく。

それを決めるのはラジオの前のあなただ。こちらで投票することができる。さらにデモ番組も何度でも聴くことができるのでぜひ「未来のラジオスター」に皆さんからの熱い一票をお願いいたします。現在4月分の投票受付中。5月~9月まで、残る椅子は後5つだ。

今、ラジオは進化している。ラジコのタイムフリーを使えば、1週間以内であれば、遡って番組を聴くことができる。そんな時代、深夜のこの番組は、24時間いつでも、陽気でナンセンスな気分が満喫できる番組へと進化していると言って良い。 いや、待て待て、それは源石&井田のコンビだから「ナンセンス」だっただけではないか。次回の放送は東海ラジオ、村上和宏アナウンサー。一体どんな放送になるのか。

新時代、令和になった5月12日(日曜)26時55分、2度目の月イチでらブレイク、お楽しみに!!

「月イチでらブレイク」4月度投票 月イチでらブレイク

復活!深夜“生放送”!!
東海ラジオ開局60周年記念
「月イチでらブレイク」

次世代パーソナリティ公開オーディション

 



ラジオの黄金期を支えた“深夜放送”。ラジオの代名詞ともいわれた“深夜生放送”が2019年4月からの1年間、限定復活!
次代を担うパーソナリティ発掘を行なっています!皆さんの投票が、彼らの運命を握っている!
まずは、彼らのデモ音源を聴いて投票してください。
投票締切は5月7日火曜24:00

芸人プロフィール
①芸人名
②結成年
③所属事務所

 


4月度エントリーNo.1
①「さんぽ」 いわなが いわな  、 とみやん のコンビ
②2018年7月
③太田プロダクション


4月度エントリーNo.2
①「うみのいえ」 まさえ 、 ウェイウェイ  のコンビ
②2012年7月結成
③浅井企画


4月度エントリーNo.3
①「エル・カブキ」 デロリアン林 、エル上田のコンビ
②2009年6月結成
③マセキ芸能社


4月度エントリーNo.4
①「平井“ファラオ”光(ひかる)」 新道 竜巳(しんどう たつみ)とのコンビ「馬鹿よ貴方は」から一人で参戦
②2008年4月結成
③サンミュージック


●投票は専用画面でお願いします。
●投票はお一人一回でお願いします。
 重複が発覚した場合は、カウントされません。


戸田恵子、タクマのトークショー20年ぶりにサカエチカに東海ラジオが帰ってくる。 ONLY ONE STATIONイベント

戸田恵子、タクマのトークショー
20年ぶりにサカエチカに東海ラジオが帰ってくる。

4月6日(土)
名古屋栄 サカエチカ クリスタル広場

4月6日(土)には、東海ラジオ60周年記念事業のキックオフとして、名古屋栄のサカエチカで公開録音とイベントを実施。かつて、東海ラジオのサテライトスタジオもあったサカエチカのクリスタル広場で声優・女優として活躍する戸田恵子さんと、サテライトスタジオ時代をよく知るタクマが公開録音を行います。第2部では、カラオケ世界1のシンガーで東海ラジオで「海蔵亮太リョウタのカタチ」(4月より 毎週日曜24:00~24:15)パーソナリティの海蔵亮太さんの公開録音。第3部では、井上一樹さん、大澤広樹のドラゴンズトークショーも行われる。

第1部 戸田恵子&タクマトークショー


▲戸田恵子・タクマ


13:00~13:30

名古屋文化と切っても切り離せない、地下街。東海ラジオは、かつて名古屋栄のサカエチカニッサンギャラリー(現:docomo smartphone lounge - NAGOYA)にサテライトスタジオを所有していました。数々の公開生放送・公開録音が行われ盛り上がった、ニッサンギャラリースタジオ。20年前惜しまれながら姿を消しました。
そして今回、サカエチカの50周年と東海ラジオの開局60周年を記念して、東海ラジオがサカエチカ クリスタル広場に帰ってきます。第1部のトークショーは、当時の地下街にゆかりのある、女優 戸田恵子と、タクマの2人が登場。司会は源石和輝アナウンサー。昔を懐かしみつつ、地下街と名古屋文化をじっくり語ります。

第2部 海蔵亮太トーク&ライブ


▲司会:源石和輝 / 海蔵亮太


14:00~14:30

第2部は、カラオケ世界1のシンガーで東海ラジオで「海蔵亮太リョウタのカタチ」(4月より 毎週日曜24:00~24:15)パーソナリティの海蔵亮太さんの公開録音。地元出身の海蔵亮太さんが、美しい歌声と軽快なトークをクリスタル広場に響かせます。こちらも司会は、源石和輝アナウンサー。

第3部 「大澤広樹のドラゴンズステーション」トークショー


▲井上一樹・大澤広樹


15:00~15:30

そして、第3部は4月からスタート「大澤広樹のドラゴンズステーション」(月~金 午後4時~)のスペシャルトークショー。東海ラジオ野球解説者の井上一樹さんと、大澤広樹アナウンサーが今季のドラゴンズのスタートダッシュを分析します。


※各イベントの詳細は、急遽変更になる場合があります。


 

井端弘和が、アスナル金山でドラゴンズのスタートダッシュを語る ONLY ONE STATIONイベント

井端弘和、アスナル金山で
ドラゴンズのスタートダッシュを語る

4月7日(日)
名古屋市中区 アスナル金山 アスナル広場

4月7日(日)には、「ドラゴンズステーション東海ラジオ 新生活応援WEEK! ~はじまる、ラジオのある暮らし~inアスナル金山」 関連イベントとして、名古屋市中区金山のアスナル金山で公開生放送と公開録音イベントを行う。4月から「歌謡曲主義」の日曜日パーソナリティに加わる、藤井香愛さんと門松みゆきさんのミニライブのほか、今年から東海ラジオ プロ野球解説者陣に加わる井端弘和さんが開幕からここまでのドラゴンズについて解説する。

第1部 藤井香愛 門松みゆきミニライブ!


▲藤井香愛・門松みゆき


11:00~11:30

第1部は、4月から東海ラジオのプロジェクト「歌謡曲主義」の日曜日午後の番組のパーソナリティとなった、藤井香愛、門松みゆきの2人が、ミニライブを披露します。

第2部 井端弘和vs大澤広樹トークショー![公開録音]


▲井端弘和・大澤広樹


11:30~11:55

第2部は、今年から東海ラジオ プロ野球解説者陣に加わった井端弘和さんが開幕からここまでのドラゴンズについて解説。4月からスタート「大澤広樹のドラゴンズステーション」(月~金 午後4時~)大澤広樹アナウンサーも登場します。

第3部 公開生放送 「ドラゴンズステーション東海ラジオ 新生活応援WEEK! ~はじまる、ラジオのある暮らし~inアスナル金山」


▲山浦ひさし・深谷里奈


12:00~13:00

そして、第3部は東海ラジオがオンリーワンラジオ局を宣言して4月からスタートする新番組3番組がアスナル金山で公開生放送を行います。「山浦!深谷!イチヂカラ!」 (毎週月曜日~金曜日13:00~16:00)、「大澤広樹のドラゴンズステーション」 (毎週月曜日16:00~19:00/毎週火曜日~金曜日16:00~21:30 )、「原・藤井の歌謡曲主義」 「原・門松の歌謡曲主義」(毎週日曜日17時:00~19:30 )3番組のパーソナリティが喋りまくります!


※各イベントの詳細は、急遽変更になる場合があります。


【会場】アスナル金山
〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山1丁目17−1
 


出典:アスナル金山公式WEBサイト