東海ラジオ開局60周年記念特設WEBサイト

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

新時代も「月イチでらブレイク」!! 月イチでらブレイク

毎月一回、日曜深夜は

月イチでらブレイク!!

東海ラジオが行っている開局60周年企画は様々あるが、この企画が一番秘やかに実行されていると言っても過言ではない。公開のイベントではない。おまけに普段は放送をお休みしている日曜の深夜の生放送だ。しかし熱量は他の企画にも負けていない。

その名も「月イチでらブレイク」。その名の通り月に1回深夜の生放送番組だ。

4月7日、初回の放送は、自他ともに認める東海ラジオの深夜男、源石和輝アナウンサーと番組プロデューサーでもある私、井田勝也がパーソナリティーを務めた。

振り返ると、始まる前から不思議な高揚感があった。 番組が始まるのが深夜2時55分。ほぼ夜中の3時である。しかし、打ち合わせを終えた1時頃には落ち着かないと言ってもいいくらいわくわくしていた。ちょっと白状すると2時頃には逆に眠気が来ていた。

しかし月並みではあるが本番が始まる頃には否応無しにテンションはマックスであった。テンションが上がったのはもう一つ理由がある。リアルタイムの反響だ。時間も時間である、メッセージがゼロでもおかしくはない。しかし、「聴いてますよ」というメッセージをたくさんいただくことができた。「このために押し入れからラジオを引っ張り出してきました。」というメールを読んでいると、この番組をより楽しもうと一緒に企んでくれるリスナーのみなさんの心意気を感じた。

深夜の魅力は、リスナーとパーソナリティーの「一体感」だと源石アナウンサーは語る。「今、この瞬間を共有しているのは自分たちだけ」という「共犯意識」とでも言えるだろうか。

しかし、この番組もあまり密やかに進行ばかりしてもいられない。この番組は「未来のラジオスター」を生み出すのも目的の1つだからだ。

「月イチでらブレイク」では毎回、4組のお笑い芸人が制作した、5分間のデモ番組を放送する。

その番組を聴いて、4組の中から「最もラジオパーソナリティーにふさわしい」1組を選び、10月以降の「月イチでらブレイク」のパーソナリティーを担当していただく。

それを決めるのはラジオの前のあなただ。こちらで投票することができる。さらにデモ番組も何度でも聴くことができるのでぜひ「未来のラジオスター」に皆さんからの熱い一票をお願いいたします。現在4月分の投票受付中。5月~9月まで、残る椅子は後5つだ。

今、ラジオは進化している。ラジコのタイムフリーを使えば、1週間以内であれば、遡って番組を聴くことができる。そんな時代、深夜のこの番組は、24時間いつでも、陽気でナンセンスな気分が満喫できる番組へと進化していると言って良い。 いや、待て待て、それは源石&井田のコンビだから「ナンセンス」だっただけではないか。次回の放送は東海ラジオ、村上和宏アナウンサー。一体どんな放送になるのか。

新時代、令和になった5月12日(日曜)26時55分、2度目の月イチでらブレイク、お楽しみに!!