アナウンサー 一覧に戻る

酒井弘明ヒコーキ写真

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

限られたアングルの到着機!セントレア 酒井弘明ヒコーキ写真


昨日は1月3日にセントレアのスカイデッキ付け根部、北側から撮影した離陸機を掲載いたしましたが、今日はその間に着陸した到着機をご覧いただきましょう。まずIBEXエアラインズのボンバルディアCRJ700が駐機場エリア内の誘導路を東に進んできました。



スターアライアンス塗装のエアバスA321はアシアナ航空の機体です。主翼端のシャークレットがアシアナのカラーに塗られています。手前の垂直尾翼が少々目障りですし、水平線が右に下がってしまいましたが、私が強風に負けました。海上の白波が強風の証かと思います。



中国南方航空のエアバスA319が高速脱出誘導路からA誘導路に右折するところです。胴体が短いタイプですので、主翼横の非常口は片側に1ヶ所だけです。



ANAのボーイング737-700が到着しました。この機体も737シリーズの中では胴体が短いタイプで、主翼横の非常口は片側1ヶ所だけです。



グアムから到着したユナイテッド航空のボーイング737-800です。胴体の背中部分にWiFiのアンテナを備えています。10時13分から24分までの間に5機の到着機を何とか順光で撮影できましたが、スカイデッキが付け根部分以外閉鎖された状態では、被写体が遠いうえ障害物が多く、離陸機よりもアングルが限られます。着陸機の方が手ごわいと感じました。