アナウンサー 一覧に戻る

酒井弘明ヒコーキ写真

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

JAC DHC8-Q400 退役チャーターツアー! 酒井弘明ヒコーキ写真


ジャルパックとJAC・日本エアコミューターは今日(10月1日)プレスリリースを出し、今年11月で退役するJACのボンバルディアDHC8-Q400をチャーターして、ラストフライトを共にする「退役チャーターツアー」を行うことを発表しました。12月1日出発の2日間のツアーで、羽田か大阪伊丹を出発し鹿児島空港ホテルに集合、JACの格納庫やシミュレーター棟を見学します。夜はホテルの宴会場でパーティー!パイロット・CAさん等とのトークショーがあり、私が司会を担当します。翌2日にラストフライトとなるQ400で種子島を往復する、チャーターフライトがあります。旧空港を訪れるスケジュールも組み込まれています。写真は2015年11月に伊丹空港で撮影した現行JALカラーのDHC8-Q400です。



ジャルパックのツアーで司会の仕事をするのは4年ぶりです。前回はジャルパックと新幹線がそれぞれ50周年でJR東海とのコラボ企画でした。1日目に今回と同じ鹿児島空港ホテルでJACの皆さんとトークショー。二日目は新大阪から東京まで、新幹線の車両1両の中でJALの機長とCA、JR東海の新幹線の運転士(男女)にインタビューしながら移動しまし、お客さんには専用のFMレシーバーで聴いていただくという趣向を凝らしたものでした。写真は2015年10月、福岡空港で撮影した旧JALカラー、太陽のアークのDHC8-Q400です。



JACのDHC8-Q400には旧JASの流れを汲んでいるオリジナルのレインボーカラーの機体がありました。2017年まで飛んでいたようですね。写真は上の太陽のアークと同じ日に福岡空港で撮影しました。2003年に初就航したJACのQ400は年数的に、まだまだ飛べる機体なのですが、JALグループ全体の運航担当の再編でJACのQ400で飛んでいた路線が、J-AIRのエンブラエル170・190に置き換えられていきました。そのため11月いっぱいで退役することになったのですが、今回、司会のお話をいただいたとき「えっ!もう退役するのですか?」と正直、驚きました。
前回のジャルパック・JR東海コラボツアーや、MD90、B747-400D、MD80の退役チャーターフライトに参加された方々や、JACのQ400ファンの方々にお会いできることを楽しみにしています。明日10月2日の14時から発売開始ですので、興味のある方は「ジャルパック Q400退役チャーターツアー」で検索してみてください。