アナウンサー 一覧に戻る

酒井弘明ヒコーキ写真

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

FLIGHT OF DREAMS メディア内覧会 セントレア 酒井弘明ヒコーキ写真


11月12日にオープンする「FLIGHT OF DREAMS」が10月5日、報道関係者に公開されました。ボーイングからセントレアに寄贈されたボーイング787の初号機 ZA001の展示を中心とした複合商業施設で、有料の展示・コンテンツエリア「FLIGHT PARK」(フライトパーク)と、誰でも自由に利用できる商業エリア「SEATTLE TERRACE」(シアトルテラス)で構成されています。フライトパーク内の階段を上り、787初号機とシアトルテラスを見下ろしました。



フライトパークの階段を最上階の4階まで上ると、機体の正面から撮影できます。24mmで何とか収まりました。テラス席と翼が本当に近いですね。実はフライトパーク内にはトイレとエレベーターがありません。スタンプで当日は再入場が可能ですから、トイレや食事は問題ありません。通常は4階に止まらないシアトルテラス側のエレベーターをスタッフが同行して4階まで上り、別のルートからこの位置に来ることができますので、車椅子のフライトパーク入場者も、この景色を楽しむことができるかと思います。



ZA001の前で取材に応じるセントレアの友添(ともぞえ)社長です。当初の入場者数は年間150万人、いずれは300万人を目指したいと語りました。



1時間に2回行われるプロジェクションマッピングのショーなどを手がけた、チームラボの猪子(いのこ)代表が報道陣に説明しています。使用するプロジェクターは100台近いということです。



1階で撮影したプロジェクションマッピング中の787初号機です。脚がかなり高い位置までジャッキアップされ、固定されています。耐震性には万全を期したと友添社長は語っていました。



プロジェクションマッピングを4階のほぼ正面から撮りました。広角レンズの写真よりも肉眼で流れる映像を見る方が、遥かに迫力を感じました。