アナウンサー 一覧に戻る

酒井弘明ヒコーキ写真

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

奄美空港のバニラエア 酒井弘明ヒコーキ写真


奄美空港では長い間、現JALグループだけが乗り入れていました。このため羽田や伊丹からの直行便は運賃が高止まり状態で、沖縄・那覇の方が遥かに安い運賃でフライトできました。2014年7月からANN系のLCCバニラエアが成田から1日1往復で乗り入れを開始しました。17年3月には、バニラエアが関空からも1日1往復、運航を始めました。写真は10月31日、関空から到着したバニラエアのエアバスA320がRWY03に着陸し減速しているシーンです。海の向こうに喜界島が見えています。



上の写真から52分後、バニラエアの折り返し便がRWY03から成田に向かって離陸します。メインギアが間もなく滑走路を離れそうです。



翌11月1日、奄美空港の展望デッキからバニラエア用の地上車両が撮れました。手前から手荷物・貨物の積み下ろし用のベルトコンベアー車、トーイングカー、手荷物・貨物の運搬車(牽引車が必要)です。手前の2台はレンタルされている車両のようですね。



バニラエアの関空便到着に備え、6番スポットに移動する荷物車です。書かれてある文字から、地元の援助があったものと思われます。



6番スポットからプッシュバックされているバニラエアA320です。11月1日の飛来機は、前日とカラーが違いますね。



成田に向けRWY03を離陸するバニラエアのエアバスA320です。主脚の右側のタイヤはすでに浮き上がっています。