アナウンサー 一覧に戻る

酒井弘明ヒコーキ写真

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

鹿児島空港のJAL DREAM EXPRESS90 酒井弘明ヒコーキ写真


一週間前の12月1日、JALPAKのJAC・SAAB340B退役チャーターツアーの出発機を撮ろうと、鹿児島空港の展望デッキ南端に陣取っていましたら、RWY16にJALのドリームエクスプレス90が着陸しました。駐機場のSAAB340Bを狙っていましたので、不意を衝かれた感じで、出遅れました。ワイヤーフェンスに寄れるポイントに移動し、T3誘導路に右折するタイミングでシャッターを切りました。時刻は12:03、定刻12:15着の羽田からのJAL645便と思われます。この時間帯は滑走路上も周辺も雲っていました。



昼食後にJAL DREAM EXPRESS90の離陸を撮りに展望デッキに戻りました。離陸シーンを撮れる範囲で連写しました。RWY16を1,200mほど滑走していますが、すでに機首がかなり上がっています。機体に陽が当たり、霧島連峰もくっきりと見えています。



上の写真から数コマ進んだJALボーイング767-300ERドリームエクスプレス90が間もなく離陸します。メインギア(主脚)の後ろのタイヤが浮き始めています。



ついにメインギアのタイヤも完全に滑走路を離れました。この機体に描かれているミッキーマウスはスクリーンデビュー90周年を記念したデザインです。



JAL DREAM EXPRESS90は3,000m滑走路の中間点を過ぎました。残念ながらこれ以上右側(南方向)にはカメラが振れません。霧島連峰も南側は雲に隠れてきましたが、離陸シーンは機体に陽が当たり、鹿児島らしい写真が撮れました。離陸滑走距離が短い767-300ERだから撮れたカットだと思います。

スカイマーク!機内と鹿児島空港 酒井弘明ヒコーキ写真


先週の土曜日11月30日、JALPAKのJAC SAAB340B退役チャーターツアーで鹿児島に飛びました。エアラインは朝一番07:20セントレア発のスカイマークSKY635便です。国内線右側の5番か2番のスポットがスカイマークの定位置だと思っていましたが、この便はセンターピア奥の国内・国際兼用11番スポットに駐機しています。



飛行中のスカイマーク635便、登録記号JA737Yの機内です。シートはライトベージュのレカロ社製皮シート、頭上の荷物入れは在来タイプです。スカイマークは新しいボーイング スカイインテリアと在来型インテリアが混在しています。



シートのヘッドカバーは「YOUR WING」の新しいブランドに変わっていました。



SKY635便は鹿児島空港4番スポットに定刻7分前の08:43に到着し、後方の席から降機して、この写真を撮っている時刻は08:49、定刻1分前です!2年連続の定時就航率No.1キープはお見事ですね。ちなみに翌日夜のセントレア行きSKY638便は、セントレアに5分早着しました。



私がセントレアから乗ってきたSKY635便、登録記号JA737Yは奄美大島行きSKY381便となってRWY34から離陸しました。12月3日のブログに奄美大島からのSKY382便が鹿児島空港のRWY16に到着したカットを載せています。



続いて神戸行きのSKY132便が誘導路をRWY34に向かって南に進んでいます。展望デッキに近いので135mmで撮影しました。後方に霧島連峰の最高峰、韓国岳(からくにだけ)が望めます。



SKY132便が神戸に向け鹿児島空港RWY34から離陸しました。韓国岳を画面に入れるため、機体を小さめにズーミングし、焦点距離は214mmになっていました。



上の写真を撮影した9分後、09:58これまでとは逆のRWY16にスカイマークのボーイング737-800「ヴィッセルジェット」が着陸しました。羽田からのSKY301便だと思われます。定刻09:50着ですので、10分少々遅れての到着となります。羽田の朝の出発ラッシュによるディレイと推察します。さて、鹿児島空港は撮影ガイドなどでは、展望デッキは手前に手すり、奥にワイヤーフェンスがあって、撮影に不向きと書いてありますが、照明灯の付け根部分3ヶ所はワイヤーフェンスに寄れます。北側はワイヤーよりも太い金属性パイプで、フェンスが出来ているので手ごわいですが、中央と南側は羽田の第1・第2ターミナルの展望デッキ並みのコンディションで撮れるかと思います。レンズを振れる範囲は狭いですが、霧島連峰をバックにしたショットが狙えると思います。