アナウンサー 一覧に戻る

酒井弘明ヒコーキ写真

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

初撮り!キャセイ A350-1000 セントレア 酒井弘明ヒコーキ写真


4月26日(金)ANAのエアバスA380フライイング・ホヌを撮影に行きましたが、その際、初めて見る新型機が到着しました。キャセイパシフィック航空のCX530便が香港から台北を経由して到着し、エアバスA350なのですが、胴体が長く感じ、脚を見ると片側にタイヤが6本ありました。A350-1000です!定刻25分前の15:10に16番スポットに入るためni左折しています。



16番スポットのほぼ正面からキャセイのエアバスA350-1000を45mm相当で撮りました。全幅64.8mは350-900も350-1000も変わりません。



上の2枚の写真から4分後の15:14、機体の南側に回り込んでキャセイのエアバスA350-1000を順光で撮りました。レンズは38mm相当です。すでに2本のボーディングブリッジが装着されています。奥の17番スポットにはキャセイのボーイング777-300が駐機していますが、両機の全長は777-300が73.9m、350-1000が73.8mと、ほぼ同じです。



折り返し台北経由、香港行きCX531便として、キャセイのエアバスA350-1000がプッシュバックされています。定刻16:40発ですが、やや早くプッシュバックが始まり16:39に最終段階に入っています。ほぼ真横のアングルですが、胴体延長型のボーイング787-10と比べても、より細くスマートに感じます。



台北に向けRWY36を離陸したCX531便エアバスA350-1000が上昇しています。セントレアのフライト情報を見ますと、撮影した26日以降、27日・28日と機種の表示がA350-1000を意味する「35K」と表示されています。連休中はこの機種に固定されるのでしょうか?