アナウンサー 一覧に戻る

酒井弘明ヒコーキ写真

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

平成に退役した名機 B747-400 YS-11 酒井弘明ヒコーキ写真


平成最後の日となりました。今回は平成に日本では退役した旅客機の中からボーイング747-400シリーズと、YS11の写真をご覧いただきましょう。2011年2月19日JALの国内線用ジャンボ機、ボーイング747-400Dの退役チャーターツアーに司会の仕事で参加しました。早朝6時30分に羽田を出発しますが、まだ6時前の羽田の外は真っ暗です。



JALボーイング747-400Dは雪の新千歳空港に到着しました。当時は忍者レフがまだ無かったと思いますが、画面左側に蛍光灯が写りこんでしまいました。



さよならチャーターフライトは新千歳空港から沖縄・那覇空港に向かいました。機内食は「ジャンボ海老天重」とシャンパンが配られました。パッケージには、富士山をバックに飛ぶJALのボーイング747-100の空撮写真が使われています。この写真を撮ったのは?



画面の左端に大きく写っている、旅客機写真の巨匠 青木 勝 先生です。那覇空港ではターミナルビルから離れた、北側のオープンスポットに到着し、タラップで降機後、撮影タイムが設けられました。この後バス13台を連ねて恩納村の「琉球村」に向かい、立食パーティーで、トークイベントなどが行われました。パイロット、CA、整備士の他、青木勝さんにもトークショーのステージに上がっていただきました。



ANAのボーイング747-400は2014年3月いっぱいで退役しましたが、写真は2014年3月22日、那覇空港の南側、瀬長島に渡る道から撮影したANAボーイング747-400Dです。RWY36に進入するところで、シップはラストフライトで使用された登録記号JA8961です。



ボーイング747-400の政府専用機は今年の3月末で退役しました。天皇皇后両陛下は外国を訪問される際には、通常、政府専用機に搭乗されます。写真は2013年4月27日新千歳空港で撮影した政府専用機1号機で、皇太子ご夫妻のオランダ訪問のご搭乗機として、羽田に向かうところです。



こちらは政府専用機の2号機で、2018年5月27日、安倍総理のロシア訪問からの帰国便です。羽田空港の第2ターミナルで撮影しました。今年の4月からは2代目のボーイング777-300ERが政府専用機の任務に就いています。燃費が良く、航続距離も延びましたが、4発機の安心感にはかなわないと思うのですが・・・。



こちらは2006年に退役した日本エアコミューターの国産旅客機YS-11です。退役少し前に鹿児島空港でフィルムカメラで撮影しました。退役が決まってから慌てて何度か乗りに行った覚えがあります。甲高いロールスロイス・ダートエンジンの音や、クラシックな内装が味わい深かったですね。