アナウンサー 一覧に戻る

酒井弘明ヒコーキ写真

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

ラグビーワールドカップ2019日本大会の ワールドワイドパートナー


ラグビーのワールドカップが開幕し日本代表は好スタートを切りました。テレビ中継を見ていますと、スタジアムのフェンス付近でスポンサー企業の広告が流れています。日本企業の広告も見かけますが、メインのワールドワイドパートナー6社は全て外国企業なのですね。航空会社は、おなじみのUAEドバイを拠点とする「エミレーツ航空」です。審判のユニフォームの胸にもエミレーツのロゴが輝いています。写真は今年4月「ひこうきの丘」で撮影した成田空港RWY34Lにアプローチする、エミレーツ航空のエアバスA380です。



同じ場所で、エミレーツ航空のエアバスA380が通過したところでシャッターを切りました。100-400mmのズームでは100mmでも真横が画面から、はみ出てしまいます。アップで寄るか迷うところです。



さらに滑走路に接近するエミレーツ航空のエアバスA380を追いかけました。レンズは220mmで、下にRWY34Lに向かうユナイテッド航空のボーイング777-300ERが写っています。



もう1社、ヒコーキを撮影していると見かけるロゴをラグビーワールドカップ中継で発見しました。「DHL」ドイツに本拠地を置く世界的物流会社で、書類・宅配便から航空貨物まで、多くの貨物機が活躍しています。写真は今年4月、成田空港の第1ターミナル展望デッキで撮影した、米国ポーラーエアカーゴのボーイング747-400Fです。RWY34Lを短い距離で離陸しました。胴体後部から垂直尾翼にかけて、黄色のコーポレートカラーに「DHL」のロゴがあります。



上の写真と、同じ日に同じ場所で撮影した「ポーラーエアカーゴ」のボーイング767-300Fの離陸シーンです。成田の植え込みの文字と、桜がバックに写りました。



「DHL」のロゴを付けた貨物機はセントレアにも飛来しています。スカイデッキからは遠い所に駐機していますが、昨年8月、機内から撮れるチャンスがきました。RWY18に向けて移動中の帯広行きJALボーイング737-800の右窓側席から「エアー・ホンコン」のエアバスA300-600Fを105mmで撮影しました。南側から接近している機内から、順光で撮ることができました。航空会社は違っても「DHL」のロゴと黄色の配色は共通ですね。