アナウンサー 一覧に戻る

酒井弘明ヒコーキ写真

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

JAL200便の機内から!セントレア→羽田 酒井弘明ヒコーキ写真


先日10月10日にJALのエアバスA380に初乗りしましたが、その便に乗るためにセントレアから羽田までJAL200便に搭乗しました。機材はお馴染みのボーイング737-800、登録記号はJA342J、後方の左窓側席に陣取りました。定刻の07:50に4番スポットからプッシュバックされ、その途中で3番スポットのスターフライヤーA320、2番スポットのスカイマークB737-800が程よく写ったタイミングでシャッターを切りました。



セントレアから羽田や成田に行くフライトで、左の窓側席を選ぶ理由は「富士山」です。雪が全く見えませんが、今年の初冠雪は10月23日でしたね。次回の成田便に期待しましょう。



羽田空港のA滑走路RWY34Lに着陸直前のJAL737-800の窓から、川崎市の撮影ポイント、浮島町公園を撮りました。画面、中央下の小さな森と3基に小型の風力発電装置が見える場所が浮島町公園です。実は原版を拡大して気付いたのですが、公園南側の護岸が半分ほど無くなっています。2台の重機が大型の土嚢を積んで、仮復旧作業を行っているようです。台風15号の高波で破壊されたのですね。川崎市のホームページによりますと、浮島町公園は当分の間、閉鎖するということです。昨日(10月25日)は記録的豪雨が千葉県や福島県を襲い、これまでに10人の方が亡くなっています。本当に痛ましいことで、謹んでお悔やみ申し上げます。台風15号は暴風や高波の被害。台風19号では豪雨による堤防決壊で広範囲に浸水被害と土砂災害、千葉県では竜巻の被害もありました。そして今回の豪雨災害。次から次へと襲ってくる自然災害に、まず自らの命を守るための最善策を考えておく必要を感じました。



JAL200便は08:51羽田空港のRWY34Lに着陸しました。主翼のグランドスポイラーを展開し減速中です。背景に国際線ターミナルビルと多数の国際線機材が写りました。レンズは80mmで、程よいバランスで写ってくれたと思います。



JAL200便はRWY34Lから右折で離脱し、誘導路に入りました。南に向かって移動中、14番スポットで出発準備中のJALボーイング767-300ER「JAL DREAM EXPRESS 90」を発見しました。窓に斜めにレンズを向けていますので、ピントが甘いのはご了承ください。



10番スポットに到着するJAL200便の隣、11番スポットからJALボーイング777-200「one world」機がプッシュバックされています。レンズは30mm、順光の白い機体に備え-1/3の露出補正をかけました。濃いブルーの空と自機のウイングレット、右端に管制塔、他社機が写っていない点など、JALのカレンダーに使って欲しい1枚が撮れました。