アナウンサー 一覧に戻る

酒井弘明ヒコーキ写真

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

かなり手ごわい離れたワイヤーフェンス 福岡空港展望デッキ 酒井弘明ヒコーキ写真


福岡空港にはターミナルビル屋上に展望デッキがありますが、現在工事中のためフェンス際まで寄ることができません。北側に並んでいるヒコーキを100mmで撮りますと、フェンスのワイヤーが写りこんでしまいます。



展望デッキの後方から24mmで北側方向を見渡しますと、ワイヤーフェンスの内側で工事が続いています。平日の10時台で、来場者は少なく、のどかな印象です。



いちばん上の写真と同じ位置から300mmで奥の機体を狙ってみました。フェンスのワイヤーが機体の前に来ないよう注意しながらシャッターを切りました。さらに、ワイヤーが画面上下に被っても、ぼやけるよう絞りはf5.6、ISOは100、シャッター速度1/3200秒という、普段は使わない設定で撮っています。



RWY16に進入しようとする2機のエアバスA320を200mmで撮りました。手前がスターフライヤー、奥がピーチの機体です。同じ機種ですがLCCのピーチは180席、ゆとりが売りのスターフライヤーは150席で運航しています。



RWY16に進入するジェットスター・ジャパンのエアバスA320です。レンズは300mmで、順光のポジションに入っています。



スカイマークのボーイング737-800が滑走路に進入するところで、展望デッキからほぼ真横が撮れました。滑走路上の機体は順光の時間を過ぎましたが、誘導路ではアングルを工夫すれば10時台後半でも順光ショットが撮れます。



国際線ターミナルから機体が1機、滑走路に接近してきました。台湾のLCCタイガーエア台湾のエアバスA320です。滑走路よりも西側の誘導路から来ましたので、国内線の展望デッキからは遠く、レンズは400mmで撮っています。地上の機体は何とかフェンスのワイヤーを避けてシャッターを切れますが、飛んでいる機体は難しいですね。工事が完了して、ワイヤーフェンスに近づければ、羽田の第1ターミナルの展望デッキに近い条件でヒコーキ写真が撮れそうですね。