アナウンサー 一覧に戻る

酒井弘明ヒコーキ写真

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

初撮り!ホノルルからのANA A380フライイングホヌ2機 成田 酒井弘明ヒコーキ写真


10月30日から11月1日まで、成田に行ってきました。今回のいちばんのお目当てはANAのホノルル路線に就航した、エアバスA380「フライイングホヌ(空飛ぶウミガメ)」です。ホノルルからの到着機が撮影可能ですが、先に着くNH183便は毎日A380で運航されています。後から着くNH181便は、日によってA380かB777-300ERが使用されます。初日の10月30日、空港からレンタカーの営業所に向かう車中で、成田空港の公式WEBサイトのフライト情報を調べますと、2便ともA380で運航されていることが分かりました。喜び勇んでRWY34Lの撮影ポイント、芝山町の「ひこうきの丘」へ向かいます。定刻の15:45より、かなり早着する情報も成田空港のフライト情報でキャッチできました。後は成田タワーの「All Nippon 183(ワン エイト スリー)」の交信を確認して、接近を待ちます。14:49エメラルドグリーンのANAエアバスA380の2号機が「ひこうきの丘」の南に近づいてきました。かなり手前からシャッターを切っていますが、1枚目はこのカットを選びました。レンズは214mmで撮影していました。



100-400mmのズームレンズを100mmまで引いても、A380が真横に来ると画面からはみ出してしまいます。接近するANAエアバスA380をギリギリのタイミングでファインダー内に収めました。フライイングホヌ2号機の登録記号はJA382Aです。



NH183便が成田空港のA滑走路RWY34Lに間もなく着陸します。レンズは241mmと記録されていますが、右主翼の下に管制塔が写っています。その左側にはANAなどスターアライアンス各社が使用している第1ターミナル南ウイングが広がっています。



NH183便の後に到着するNH181便は定刻16:55成田着ですが、10月30日はこの便も50分以上、早く着きました。15:56「ひこうきの丘」に近づいてきたANAエアバスA380フライイングホヌ初号機を117mmで撮りました。上の写真に比べ、陽の当り方が弱く、バックの空の明るさに負けて、機体が暗くなってしまいました。



カメラの真横を通り過ぎた直後にシャッターを切ったNH181便エアバスA380の初号機、登録記号JA381Aです。このヒコーキは4月4日、成田で駐機中に撮りましたし、4月26日には夜セントレアに着陸するシーンを撮っていますが、お客さんを乗せて飛んでいる機体は初めて撮れました。残念ながら、この初号機10月31日と11月1日の到着機ではフライトしていません。格納庫前と格納庫の中にいる姿を見かけましたので、初日に2機撮れて本当に良かったです。



上の写真と同じ、100mmで撮ったNH181便A380初号機です。胴体後部や垂直尾翼に薄日が当たっているようですが、薄い青空と秋の白い雲の明るさに負けて、機体が暗く写った感じです。露出の補正はしていませんが、実際の見た目に近いかと思います。