アナウンサー 一覧に戻る

酒井弘明ヒコーキ写真

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

飛行中は初撮り!C-2輸送機 那覇空港 酒井弘明ヒコーキ写真


11月14日夕方、那覇空港の南側にある撮影ポイント「瀬長島展望広場」で着陸機を撮っていましたら、双発、高翼の輸送機がアプローチしてきました。航空自衛隊のC-1輸送機かな?とファインダーを覗いていましたら、エンジンが大きい!メインギアが片側6輪だ!C-2だ!飛んでいる機体を見るのは初めてです。100-400mmのレンズに1.4倍のテレコンを付けた状態で、アプローチ機を追いました。程よく近づいてきたところを450mmで撮りました。



航空自衛隊のC-2輸送機が撮影ポイントの真横を通過したタイミングでシャッターを切りました。レンズは255mmで前方の下にテレビ局の送信鉄塔が霞んで写っています。この日は黄砂で視界が悪い1日でした。



那覇空港のRWY36に向けて高度を下げているC-2輸送機です。バックに那覇市、モノレール赤嶺駅周辺の景色が広がっています。レンズは318mmで、前輪の真下にある建物が私が今回2泊した「ホテルグランビュー沖縄」です。撮影時刻は16:50と記録されていました。



実は上の3枚の写真は機体番号207とコックピットの下に書かれていますが、このC-2は機体番号204で、上の機体が着陸する前から出発準備を続けていました。17:01那覇空港のRWY36にE8誘導路から進入するところです。



前日の夕方に着陸したC-2輸送機、機体番号207が、翌朝11月15日08:29那覇空港のRWY36から離陸滑走を始めました。ホテルグランビュー沖縄の8階客室から窓越しに560mmで撮影しました。後方の海上には新滑走路の誘導灯が見えますし、右端に護岸がわずかに写りました。



上の写真の航空自衛隊C-2 207号機は一旦、建物の陰に隠れましたが、程なく木の上に出て上昇を始めている姿を捉えることができました。エアラインの旅客機よりも、遥かに早いタイミングで離陸・上昇しています。C-2は川崎重工業製の双発中型輸送機で、エンジンはボーイング747-400や767-300ERシリーズで定評のあるGE社製CF-6-80C2型を積んでいます。コールサインに「スケジュール」がついていましたので、航空自衛隊の定期輸送を担う存在なのでしょうか?短距離離陸性能は上昇性能と合わせて特筆すべきだと感じました。

ジンベエジェットで沖縄へ 首里城は今 !? 酒井弘明ヒコーキ写真


11月13日~15日まで2泊3日で沖縄に行ってきました。JALで貯めた15,000マイルを使って特典航空券に交換しました。セントレア⇔那覇空港間は往復とも機材はJTAのジンベエジェットでした。08:45発のJTA45便は6番スポットで出発準備中です。JTAボーイング737-800登録記号JA05RK ジンベエジェットを08:17にスカイデッキから撮影しました。



上の写真を撮って、すぐに手荷物検査場に向かい、ほとんど並ばずに検査を終え6番スポットに向かいました。08:29手荷物の積み込みは後方だけになっています。



飲み物はジンベエジェットとサクラジンベエの2機だけ、限定のカップでサービスされます。



黒い本皮シートのカバーも専用デザインですね。落ち着いたシックな配色だと思います。



トイレに行った後、キャビンの最後部から前方を写しました。ボーイングスカイインテリアが採用され、777シリーズで取り入れたオーバーヘッドビン(頭上の手荷物入れ)や787シリーズから始まったLED照明など、最新の設備になっています。



JTAボーイング737-800のシートを横から撮りました。薄型シートの効果で足元には余裕を感じます。ただし座り心地は、先月乗ったJALのエアバスA350-900国内線や、ボーイング787-8の国際線エコノミークラスには、かなわないと思います。私には、座面のクッションが足りないと感じました。今後、JALグループの737-800がA350タイプのシートに付け替えられることはあるのでしょうか?



JTA45便は定刻10分前に那覇空港の24番スポットに到着し、荷物を受け取って、レンタカーの送迎バス乗り場に向かいます。レンタカーで最初に向かったのは、10月31日に正殿など主要な建物が火災で焼失した首里城です。メインゲートに当たる「歓会門」の後方左側に、屋根瓦が激しく壊れた建物が見えます。



場所を移動して、石垣の上にある屋根が壊れた建物を見上げます。現在、見学者が入れる範囲では、首里城火災の被害の全貌を見ることはできません。



首里城の石垣の外にある守礼門は、通常通り見学できます。



首里城公園のインフォメーションセンター「首里杜館(すいむいかん)」は地下に広い駐車場があり、1階にレストランもあります。写真の「首里杜御膳(すいむいごぜん)」は琉球料理を3段重に美しく盛り付けたセットで、税込1,630円です。品数や見た目の美しさなど考えますと、他の定食やセット料理と比べ、コスパはかなり良いと感じました。味も良く、特にグルクンの南蛮漬けは絶品でした。



11月15日に沖縄タイムス社から緊急出版された、首里城の報道写真集です。15日に那覇空港内の書店で購入しました。中には火災の写真や美しい首里城の写真などが掲載されています。写真集の利益は全額、首里城再建のために寄付するということです。全国で買えると良いですね。