アナウンサー 一覧に戻る

酒井弘明ヒコーキ写真

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

祝メダル!高木美帆・高梨沙羅 両選手 出身地最寄りの空港 帯広・旭川 酒井弘明ヒコーキ写真


ピョンチャン五輪4日目の12日、夜遅くに日本選手メダルラッシュの吉報が届きました。まず男子モーグルで原大智選手が今大会、日本人メダル第1号となる銅メダルを獲得しました。続いてスピードスケート女子1500mで高木美帆が銀メダル、ジャンプ女子ノーマルヒルで高梨沙羅が銅メダルを獲得しました。原大智選手は東京出身ですが、高木美帆選手は北海道・十勝の幕別町、高梨沙羅選手は北海道・上川町の出身です。今回は高木選手の出身地・最寄りの帯広空港と、高梨選手の出身地最寄りの旭川空港で撮影したヒコーキの写真をご覧いただきましょう。
まずJALのボーイング767-300が帯広空港のRWY35を離陸した直後のカットです。実際に乗っていると、タイヤが滑走路から離れたと気づくのは、もう少し先かもしれませんね。空港東側には畑が広がっていて、幕別町のエリアがすぐ近くまで迫っている場所があります。昨年8月に撮影しました。



帯広空港には航空大学校の帯広分校があります。誘導路が工事中のため、RWY35に着陸したJALのボーイング767-300ERは、航大の訓練機が待機している横を滑走路を逆走しながらターミナルに向かっています。幕別町内ではパブリックビューイングで高木選手を応援していましたね。まだ2種目残っていますので今後の活躍も期待しましょう。



高梨沙羅選手は北海道上川地方の上川町の出身です。旭川の東側、大雪山の北のふもとで、層雲峡温泉があります。4年前のソチ五輪ではW杯の実績から、金メダルの大本命と言われましたが、結果は4位でした。今回、銅メダルが取れて本当に良かったと思います。高梨選手は一時ANAのCMに出演し、時刻表の表紙を飾ったこともあります。写真はANAのボーイング737-700が旭川空港のRWY16に着陸したカットです。セントレアからの到着便で、昨年5月に撮影しました。



旭川空港のRWY16からセントレアに向けて離陸したANAボーイング737-700です。5月の連休明けは高い山には残雪がありますが、空港の周辺には、ほぼ散った桜が見られました。高梨選手の故郷、上川町でもパブリックビューイングで熱い応援が行われていました。