アナウンサー 一覧に戻る

酒井弘明ヒコーキ写真

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

新アングルから着陸機 セントレア 酒井弘明ヒコーキ写真


10月6日にセントレアの制限区域撮影エリアに向かう途中、RWY18側のアプローチコース手前の待機所でバスを止め、車内から撮影する機会がありました。ANAのボーイング737-500が降りてきました。フェンスの内側ですが滑走路の端までは、かなり遠く、目の前を通る着陸機は、まだ高いなと感じます。フェンスの外ですが、大阪・伊丹の有名ポイント「千里川の土手」の方が滑走路に近いでしょうね。雨上がりのため、フラップの角から白いベイパーが後方に伸びています。空がバックだと、どこの空港か分からないですね。



ANAのボーイング737-500が滑走路の先端に差し掛かりました。機体の右下にILSのGPアンテナが見えますがエンジンの噴流で上部が揺らいでいます。実際はヒコーキよりも300m以上前方にあります。フェンスの形でセントレアと分かってもらえるでしょうか?



ユナイテッド航空のボーイング737-700が降りてきました。どちらも胴体短縮型ですが、主翼と、垂直尾翼の形が違いますね。ユナイテッド機の胴体上部にはWi-Fiアンテナを備えています。



ユナイテッド航空のボーイング737-700がRWY18の先端を越え、間もなく着陸します。機首上げ操作を始めたところでしょうか?着陸機を追うアングルは成田空港のRWY34Lの撮影ポイント「ひこうきの丘」に近いかな?と感じました。手前にフェンスが無いのでスッキリしていますが、後方が寂しい気もします。青空で陽が当たっていると美しいでしょうね。