アナウンサー 一覧に戻る

酒井弘明ヒコーキ写真

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

MRJ最新情報 三菱航空機 水谷社長 会見から 酒井弘明ヒコーキ写真


昨日(4月16日)名古屋市内でMRJを開発する三菱航空機がメディア向けの説明会を開きました。水谷社長は安全性強化のため、設計変更された新しい試験機を6月末までに完成させ、米国モーゼスレイクの拠点に移して、型式証明取得のためのフライトに投入すると語りました。写真は昨年10月に県営名古屋空港で撮影した飛行試験機5号機で、現在もフライトはせず、地上試験を続けているということです。



水谷社長は、3月3日にJCAB(国土交通省航空局)のパイロットによる、型式証明取得のための飛行試験が始まる。3月19・20日にFAA(米国連邦航空局)の慣熟飛行が行われ、3月27日LOA(Letter of Authorizaition)を取得した。JCABとFAAから同時期に承認されると考えているが、我々の作業を加速し、2020年半ばの初号機納入を何とか守りきりたい。と述べました。



写真は水谷社長がスクリーンに映しながら説明した、設計変更された飛行試験機10号機の画像です。右の主翼には「JA27MJ」の登録記号が書かれています。6月末までには完成させ、その後、米国での型式証明取得のための飛行試験に合流させる計画です。時間的な余裕はかなりタイトだと思いますが、ANAへの初号機納入が予定通り行われることを願っています。