アナウンサー 一覧に戻る

酒井弘明ヒコーキ写真

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

10連休で駐車場がピンチ!セントレア 国際線・新規就航エアライン 酒井弘明ヒコーキ写真


東海ラジオでも連日「ゴールデンウィーク中、セントレアでは全ての駐車場が満車になる見込みです。公共交通機関をご利用ください」という内容のスポットが流れています。10連休と、相次ぐ新規就航や増便で、かつてない航空旅客が見込まれています。写真は4月3日ANAの成田行きボーイング787-8の機内から撮影したセントレアの空港島ですが、原版を拡大しますと、かつて臨時駐車場だった広い敷地は、第2ターミナルの駐機場になっています。フライト・オブ・ドリームズの南側に大型の立体駐車場が2棟建設中ですが、今回の連休に1棟を臨時に開けるということです。



昨年のこの時期には、セントレアに就航していなかった主なエアラインをご紹介しますと、写真の韓国のLCCティーウェイ航空はソウル・済州の他、グアムにも足を伸ばしています。ボーイング737-800で乗り入れています。



大手LCC エアアジアグループのタイ・エアアジアXは昨年10月30日からエアバスA330-300でバンコクのドンムアン空港とセントレアを毎日結んでいます。



タイ ライオン エアーは今年の3月セントレアに就航したばかりのLCCです。バンコクのドンムアン空港から週5便乗り入れています。就航当初は最新鋭のボーイング737MAX9で乗り入れていましたが、運航停止にともなって737-800にシップチェンジしました。同じグループのライオン エアーのボーイング737MAX8が昨年10月インドネシアの国内線で墜落事故を起こしていますが、この事故が737MAX8の最初の墜落事故でした。



国際線の新規就航は海外エアラインだけではありません。スターフライヤーは昨年10月28日からセントレア⇔台北に新規就航しました。写真は2月27日に羽田行きのJALボーイング737-800の機内から撮影したスターフライヤー台北行きエアバスA320です。国際線用の12番スポットに駐機しています。



エアアジア・ジャパンは今年の2月からセントレア⇔台北路線に参入しました。毎日1往復エアバスA320で運航しています。この他にも従来から乗り入れている海外のエアラインが、新規路線を開設したり、増便しています。2018年度は開港した2005年度を上回る過去最高の航空旅客数を記録したセントレア、新しい立体駐車場が2棟ともオープンしても、ピーク時の駐車場不足は続くかもしれません。荷物を少なめにして公共交通機関を利用する方が無難でしょうね。