アナウンサー 一覧に戻る

酒井弘明ヒコーキ写真

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

ロシアでスホーイSSJ100が炎上!成田の同型機 酒井弘明ヒコーキ写真


東海ラジオでもニュースで放送しましたが、ロシアのモスクワ、シェレメチェボ空港でアエロフロート・ロシア航空の旅客機が緊急着陸後に炎上し、乗客・乗員78人のうち41人が死亡しました。事故を起こしたのはロシア製のスホーイ・スーパージェット100(SSJ100)で、モスクワからロシア北西部のムルマンスクに向かっていましたが、離陸直後に通信機能に障害が起き、機長がモスクワに引き返す決断をしました。機長は、機体に雷が落ちたと話しているということです。写真は2016年8月21日、成田空港のA滑走路RWY16Rにアプローチするヤクーツク航空のSSJ100です。「成田市さくらの山公園」から445mm相当で撮影しました。



共同通信から配信されたニュース原稿を引用しますと「ロシア国営テレビの映像によりますと、旅客機は着陸直後にエンジンから火が出て、機体が激しく燃え上がりました。機体は、後ろ半分が焼け、この付近の座席の乗客が逃げ遅れて大きな被害が出たもようです。」とあります。写真はサハリンのユジノサハリンスクから到着する、ヤクーツク航空のスホーイ・スーパージェット100が「成田市さくらの山公園」の上空を通過したところです。実は撮っているときは、珍しい航空会社のエアバスA319が来た!と思っていましたが、画面を見て何か違うな?と気付き、拡大して胴体最後部のSSJ 100-95Bの文字を発見しました。成田でSSJ100を見たのは、この1回だけです。



ヤクーツク航空のスホーイ・スーパージェット100が成田空港のRWY16Rに着陸寸前のシーンを640mm相当で撮影しました。モスクワで炎上したアエロフロート機が向かっていたムルマンスクはモスクワの北、約2,000kmの北極圏にあります。40年ほど前、領空侵犯した大韓航空のボーイング707型機が、ソ連空軍の戦闘機の攻撃を受け、凍った湖に不時着した事件で、登場した地名です。最新鋭機で41人の犠牲者を出す大惨事、原因究明と再発防止が求められます。