アナウンサー 一覧に戻る

酒井弘明ヒコーキ写真

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

初撮り・初乗り JAL A350 羽田 酒井弘明ヒコーキ写真


台風19号は各地に大雨をもたらし、気象庁は東京都と群馬、埼玉、神奈川、山梨、長野、静岡の各県に大雨の特別警報を発表しました。航空各社は羽田・成田を中心に欠航便が相次ぎ、セントレアでも255便が欠航となりました。特にセントレアの国内線、到着便は予定されていた92便、全てが欠航になりました。さて、私は一昨日、昨日と福岡へ行きました。目的はJALの最新鋭機、エアバスA350の初撮りと初乗りです。ちょうど休みの10日、木曜日に羽田→福岡のA350運航便JAL317便の窓側席がマイルで取れました。セントレア07:50発のJAL200便で羽田に向かい、到着後は第1ターミナル6階の展望デッキに上がり、A滑走路RWY34Lの到着機を中心に撮影しながら、A350の着陸を待ちました。10:45待望のJALエアバスA350-900初号機JA01XJがRWY34Lに接地し、白いタイヤスモークが上がりました。



福岡から到着したJALのエアバスA350-900が、第1ターミナル6階南側の展望デッキ前を減速しながら通過しました。大きなロールスロイス・トレントXWBエンジンのカウルが開き逆噴射しています。



さらに着陸滑走を続けて、このアングルになると胴体後部のAIRBUS A350の赤い文字が全て見えました。



JALのエアバスA350初号機が羽田空港の11番スポットに到着します。機体が順光の位置に来てくれました。第1ターミナル6階、南側の展望デッキは、このヒコーキを撮るベストポジションでした。



11番スポットで出発準備中のJAL317便福岡行きです。出発ロビーのガラス越しに70mmで撮影しました。コックピット窓の黒い縁取りが、白い機体に効いていると感じました。



JALエアバスA350初号機、登録記号JA01XJの機内、56K席から主翼端と第1ターミナルビルを絡めてシャッターを切りました。時刻は12:12でドアはクローズされましたが、まだプッシュバックは始まっていません。この後のカットは次回に掲載いたします。