アナウンサー 一覧に戻る

酒井弘明ヒコーキ写真

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

羽田空港D滑走路の桟橋誘導路 酒井弘明ヒコーキ写真


羽田の外周撮影ポイントの一つ、川崎市の浮島町公園からはA滑走路RWY34Lへの着陸機の他、D滑走路RWY05に向かうヒコーキを、海中から林立する支柱とともに撮影することができます。JALボーイング767-300ER DREAM EXPRESS 90が12:50に通りました。



12:53台湾・エバー航空のエアバスA330-300がRWY05に向けて進んでいます。今回このアングルで撮れたヒコーキの中で、いちばん大きな機体です。レンズは400mmですが、ボーイング777-300シリーズだと程よいサイズになりそうです。



12:59スカイマークのボーイング737-800VISSEL JETが通りました。羽田のD滑走路RWY05は北風のとき、西行き便の離陸に使用されます。



13:14JALボーイング767-300ラグビー応援特別塗装機が通過中です。胴体右側は「ウィルチェアーラグビー日本代表」を応援しています。



13:19、RWY05に進入したANAボーイング787-8の離陸機を撮影しました。浮島町公園でこのアングルのヒコーキを撮るには、テレコンバーターか焦点距離を伸ばせるボディが欲しいですね。

三菱重工が買収したボンバルディアのCRJ事業 IBEX CRJ700 酒井弘明ヒコーキ写真


6月25日「三菱重工業とカナダ・ボンバルディア社はCRJ事業に関する事業譲渡契約を締結」というタイトルのプレスインフォメーションが三菱重工から出されました。三菱重工によるCRJ事業の買収交渉がまとまったということで、喜ばしい事だと思います。現在、日本のエアラインではIBEXエアラインズでCRJ700が活躍しています。写真は昨年6月セントレアで搭乗前に撮影したIBEXのCRJ700の前方からのカットです。



IBEXのCRJ700のシートですが、こちらは帰りに乗った新しいタイプの内装です。座り心地の良い本皮シートでした。



IBEXのCRJ700の安全のしおりです。イラストのCRJ700の登録記号がJA05RJで、搭乗機が同じJA05RJなのですが偶然でしょうか?



仙台空港の展望デッキに上がって、乗ってきたIBEXエアラインズのCRJ700を撮影します。ドアは閉じていますが、前輪には輪留めがあります。



仙台空港のRWY09から離陸したIBEXのCRJ700です。ボンバルディアからCRJ事業の譲渡を受けることは、三菱重工にとって、三菱スペースジェットのセールスやアフターサービスに大きなプラスになると思われます。