現在オンエア中の番組

Now On Air!

タイムテーブルはこちら

 

パソコンでラジオを聴く

東海ラジオを今すぐ聴く

今すぐ聴く

聴取可能なラジオ周波数
JOSF 1332kHz / 92.9MHz(ワイドFM)
豊橋 864kHz
新城 1332kHz
上野 1557kHz
尾鷲 1062kHz
熊野 1485kHz
恵那 801kHz
下呂 1485kHz
高山 1485kHz
神岡 1458kHz

忙しさにかまけて、更新が遅くなってしまいました。

さて、あの頃私は…



3月11日に行われた「名古屋ウィメンズマラソン」実況中継の放送席です。

ラジオでもかつては放送車から全編実況していましたが、映像を撮るTV中継車や審判長車、時計車が優先でベストポジションを与えられるため、ラジオ放送車は先頭ランナーの遥か前方を走行せざるを得ず、レースが全く見えないことが多かったため十数年前から本社スタジオを「放送センター」に仕立てて放送しています。

場所は本社Aスタジオ。

普段は「モルゲン」や「聞いてみや~ち」などを出す生放送専用のスタジオです。

東海テレビの全面協力で、ON AIR映像の他に第一中継車、第二中継車、そしてヘリとバイクカメラをミックスした映像、以上4つのモニターを見ながら中継します。

これらは全て同じ建物にある東海テレビの中継室からダイレクトで引いています。

ディレクターやミキサーさんが座る副調から見るとこんな感じ。



これはまだ放送まで時間があるときのリハーサルの時の模様。

私もかつては放送車に乗ってランナーと共にコースを走っていたので、初めて本社放送センター担当になった時には「家で中継見てるみたい」な感覚に襲われ、なかなか臨場感を出せなくて苦労しましたが、ここ数年ようやく慣れました。

ちなみに、全国各地のマラソンや駅伝の中継は、民放ではほとんどこの手法が採られています。

例えば熱田神宮~伊勢神宮を走る「全日本大学駅伝」の中継をやる文化放送は、複数の映像を確保するためにわざわざ名古屋テレビに特設スタジオを設けて放送しています。



今朝、会社の前の桜を見ると、



もう葉桜となっていました。
皆さん、花見は堪能できましたか?


タクマさんの出社前、蟹江さんの手が一閃!



しかし、



小バエ退治はできませんでした。
今日の敵はすばしっこかったようです。

そして腕捲りをして完全防備のタクマさんが出社。



タクマさんの手には、



「おばあちゃんクイズ」でプレゼントする魔よけハガキが!



蟹江さんも感嘆の出来でした。

当然のことながらお見せできませんが、
ちょこっとだけ!



これでお許し下さい。


今週は、春のスペシャルな1週間です。



聴いて、いつも以上に参加して下さいね。
聴いて参加すると、楽しさ倍増ですよ。

初日から、



たくさんのメッセージをお寄せ頂きました。



本当にたくさんご参加頂きましてありがとうございます。

皆さん同様、我々スタッフもバタバタで、
ふと後ろを見ると、



サブスタジオの机がさっぱりしていました。
そうです、バタバタでお菓子を出すのを忘れてきたんです。

気づくとすぐに、



ADキャサリンがお菓子をスタンバイ。

そしてすぐにタクマさんが、



「今日は寂しいなあと思ってたんだよね~と罰当たりディレクターの気持ちを代弁」
と言いながら、栄養補給をしていました。

そんな中、メッセージを読む時に使っていたボールペンが、



成仏しました。
使いきってしまいました。


今日の蟹江さんは、



カラフルなカーディガンでした。
あまりにカラフルで、



タクマさんには眩しそうでした。


スペシャルな1週間はまだ始まったばかりです。
明日以降も聴いて参加して下さいねーーー!


今週のお題は、「じゃこ」です。

今日は、ミルキーココアさんのレシピを紹介しました。

「和風じゃこ炒飯」

用意するものは、
じゃこ(かちり)
小口ねぎ
油揚げ(小さく切りそのまま)
醤油

調理法は、
フライパンに少し油を入れて、油揚げをカリッとするまで炒めます。
ご飯、じゃこ、小口ねぎを入れて絡めます。
鍋はだから醤油を回し入れて出来上がりです。
おかかを上に置くと相性もいいですよ。


まだまだあなたのレシピをお待ちしています。
採用された方には、携帯魔除けを差し上げます。



昨日のお昼ごはんは、実家で、

たけのこのちらし寿司、かつおのお刺身、

わかめとたけのこの煮物、あさりのおみそ汁

をいただきました!


まさに春爛漫メニュー♪

春のパワーをいっぱいもらって、今週もがんばるぞー!!

 

ということで、私のお洋服もすっかり春色です(*^_^*)☆


“チューリップの妖精”をイメージしてみましたが、

いかがでしょうか・・・(^_^;)?



記念すべき、初回にご紹介した『チャプチェ』は、様々な野菜や牛肉、
春雨をそれぞれ炒め、最後に全部を混ぜた料理で、お祝いの席には欠かせない大衆料理です。

【材料】
春雨 20g、牛肉 30g、しいたけ 1ヶ、キクラゲ 2ヶ、玉ねぎ 50g、きゅうり 1/3ヶ、
人参 50g、キキョウの根 1ヶ、卵 1ヶ、もやし 20g、食用油 50ml、ごま油 5ml、塩15mg

●春雨の味付け用しょうゆ→しょうゆ小さじ1/2、砂糖 小さじ1/2、ごま油 小さじ1/2

●牛肉、しいたけの味付け用しょうゆ→しょうゆ 小さじ1、 砂糖 小さじ1/2、
                     つぶしたネギ 4cm分、ごま油 5ml
                     にんにく  少々、コショー 少々、すりごま 少々

【作り方】
①なべにお湯を沸かしてキクラゲをふやかす。
②もやしは茹でて、ネギ、にんにくは潰す。
③きゅうりは、幅0.3cm厚さ0.3cm、長さ6cmの千切りにし、塩漬けし水気をしぼる。
④キキョウの根は、きゅうりと同じ大きさに切り塩水に漬けて苦味をなくして水気をしぼる。
⑤たまねぎ、人参もきゅうりと同じ大きさの千切りにする。
⑥牛肉としいたけも同じ大きさに千切りにし、キクラゲは裂いてそれぞれ、
 味付け用しょうゆで和える。
⑦ 卵は黄身と白身に分けて焼いて、卵黄の錦糸卵、卵白の錦糸卵0.2cm×0.2cm×4cmの
 大きさに千切りにする。
⑧フライパンに油をひいて野菜、牛肉とそれぞれ別に炒める。
⑨炒めた材料と春雨をボールで混ぜて皿に盛り付け、錦糸卵を上に飾る。

【ポイント】
水に浸しておいた春雨を先に茹でて水ですすいでから短く切って、
しょうゆ、砂糖、ごま油で和えて置いておく。
(※これをすることによって、春雨の中にまでしっかりと味が染み込みます。)

★ハニ先生のプチ雑学★
今日、ご紹介した『チャプチェ』は、最後に全てを混ぜて完成します。
そして、日本でもお馴染みの韓国料理『ビビンパ』も食べる前に混ぜますよね!
このように韓国には“混ぜる文化”があるのです!