現在オンエア中の番組

Now On Air!

タイムテーブルはこちら

 

パソコンでラジオを聴く

東海ラジオを今すぐ聴く

今すぐ聴く

聴取可能なラジオ周波数
JOSF 1332kHz / 92.9MHz(ワイドFM)
豊橋 864kHz
新城 1332kHz
上野 1557kHz
尾鷲 1062kHz
熊野 1485kHz
恵那 801kHz
下呂 1485kHz
高山 1485kHz
神岡 1458kHz

今週のお題も、 「チャーハン&残りご飯」です。

今日は、ケイちゃんのレシピをご紹介しました。

「ねぎチャーハン」

調理法は、
ねぎを小口に輪切りにします。
ねぎを油で炒めます。
そこにちりめんじゃこを入れ、風味が出るまで絡めます。
そこにご飯を入れて混ぜます。
塩コショウで味付けをして、最後に醤油を少し入れます。

タクマさん「ポイントは、ねぎとちりめんじゃこを先に炒めておくことです」

まだまだあなたなりのレシピをお寄せ下さい。
採用され方には、携帯魔除けを差し上げます。


いちおう、アリストロキアギガンディアを見てみると、



やはり蕾はありません。



何度見てもありませんでした。


タクマさんが、



完全武装で出社しました。



くるぶしまであるロングコートでした。
こんなタクマさんを見れるのは、僅かの期間だけですから貴重ですよ。


今週も始まりました。



今週は、毎日先週出題した「あんた誰クイズ」の答え合わせがありますよ。
楽しみにしていて下さいね。


今日も、タクマさんがおやつを買って来てくれました。



こんな大きな



アポロチョコでした!

大きいのは箱だけでなく、



中のチョコも巨大でした。


蟹江さんからタクマさんへ、



プレゼントの贈呈がありました。



なんと、



クリスマスカラーのカードだそうです。
どこかでマジックで使用するかもしれません。
見かけた方は、また教えて下さいね。


スタジオの中を見ていると、



タクマさんのロングコートが、



床についてしまっていました。
椅子にかけるだけではあまってしまう位に長いコートだったんです。


この週末、また木曽川へ、釣りに出掛けたタクマさん。

そこの釣り仲間が、アウトドア用のコッフェルで、かにタクうどんを食べていたそうです。



その皆さんとの記念撮影。



寒い外で食べたら、さらに美味しいでしょうねー。
一度試してみて下さいね。


放送中、寒くて縮んだチ○コがお風呂に入って元に戻る様を体現して蟹江さんを笑わせたタクマさん。

残念ながら動画ではお見せできませんが、

連写でお楽しみ下さい。











いかがでしたか?
上手く表現できてると思いませんか?
月曜から飛ばすタクマさんでした。


「時間間違いのフォワンフォワンフォワァァァ~ン」の回数
本日は0回/合計77回



☆12月18日(日)3じゃないよ!
 今日のメンバーは、右から、、、
    チームkⅡの後藤理沙子ちゃん!
    研究生の今出舞ちゃん!
    そして、東海ラジオ初登場となります!
    5期生研究生の藤本美月(ふじもと みつき)ちゃん!


藤本美月ちゃんは、まだSKEの一員になったばかり!
しかもラジオは初体験!しかも生放送!!!

で、かなり緊張な面持ちでしたが、
打ち合わせで、先輩の今出舞ちゃん!後藤理沙子ちゃん!から
アドバイスもあり、生放送に挑みました!!



実際の生放送では、みんなしゃべるしゃべる!!

美月ちゃんも先輩に負けることなくしゃべりまくりました!



もちろん松原おじいちゃんも登場です!
今日は、好きな漢字1文字の話題で盛り上がりました!




さあ!やってきました!
激カラエンディング!!





さあ!誰が激カラのお寿司を食べたか!!!

みなさん予想してね!!!



あっという間の1時間!?

でした!!!


みなさん!これから、5期生のメンバーが2じゃないよ!にも3じゃないよ!にもガンガン登場しますので、
今後とも応援よろしくお願いいたします!!!



☆12月18日(日)3じゃないよ!メンバー決定!!
 
 チームkⅡ後藤理沙子ちゃん!!
 研究生 今出舞ちゃん!!
 そしてそして東海ラジオ初登場となります
 5期生の研究生 藤本美月ちゃんが登場!!!

 みなさん!お楽しみに!!!!


2011年12月17日(土)  午前5時45分放送

12月の番組審議会がこのほど開かれ、「東海ラジオアナウンサースペシャル民話のこばこ」について審議が行われました。出席した番組審議会の委員を五十音順にご紹介します。麻創けい子、大西信之、熊倉浩高、高島良樹、宮崎眞知、村瀬大一郎、山崎隆治、以上の皆さんです。東海ラジオ放送側からは、志村富士夫代表取締役社長、小畑耕一常務取締役制作局・開発担当、加藤康雄取締役業務局長、角田功治取締役制作局長、田中康之業務局次長兼編成業務部長、梅沢尚志チーフディレクターが出席しました。この番組は1982年10月に兵藤ゆきさんの朗読でスタートし、5分番組として午前の時間帯で、東海地方に伝わる民話を放送していましたが、今年の秋から10分番組として夜9時40分から9時50分に放送時間帯を変更し、より多くのリスナーに聞いていただけるように衣替えしました。そして月曜から金曜まで毎日東海ラジオの女性アナウンサーが日替わりで担当する一話完結の番組です。今回は10月3日放送、青山紀子アナ担当の岐阜県高山市「ネズミ退治」・10月5日放送、川島葵アナ担当の滋賀県愛荘町「豆の木だいこ」・10月14日放送、深谷里奈アナ担当の岐阜県揖斐川町「天狗と小僧」の3作品を審議していただきました。

これについて委員から
■「ゆったりとした語り口でBGMも上手く取り入れて雰囲気を出し、楽しく聞くことが出来た」
■「民話と関連のある土地を紹介するなど、地域とリンクする構成にしたらもっと幅が出るのではないか」
■「大人が子供に読み聞かせるというコンセプトをもっと出してはどうか」
といった意見が出されました。

東海ラジオからは「審議委員からの意見を受けて、今後の番組制作に反映させるよう、検討と研究を重ねます」と答えました。又、リスナーの皆さんから寄せられた問い合わせや苦情などは、11月は192件で、番組特製のカレンダー関する問い合わせが多く寄せられたことを報告しました。
以上が12月の番組審議会の概要です。              (事務局 佐枝一史)