現在オンエア中の番組

Now On Air!

タイムテーブルはこちら

 

パソコンでラジオを聴く

東海ラジオを今すぐ聴く

今すぐ聴く

聴取可能なラジオ周波数
JOSF 1332kHz / 92.9MHz(ワイドFM)
豊橋 864kHz
新城 1332kHz
上野 1557kHz
尾鷲 1062kHz
熊野 1485kHz
恵那 801kHz
下呂 1485kHz
高山 1485kHz
神岡 1458kHz

ラジオネーム:「太ったぁ?」さん

-たまご かいかいー

〈材料〉 6人分 (すべて適量)
卵4~6個・固い(かちりジャコ)1パック
かつを節削り2パック・ネギ1~2本(小口切り)
醤油

〈作り方〉

① 小鍋に材料が、ひたひたになる位の出し汁を
入れ、醤油で好みの味つけをし、火にかける

② 沸騰したら、ジャコ・かつを節・ネギを入れ
再び沸騰したら、
溶いた卵をまわしいれ、汁けがなくなるまで
数本の箸でかき混ぜると、出来上がり。

鍋のまま、食卓へ。
おこげも絶品 ご飯にのせて召しあがって下さい


今週のお題は、「タマゴ」でお送りします。

初日の今日は、
タクマさんが家で作っているタレをご紹介しました。


その1
黄身だけ使います。
明太子かタラコを黄身で混ぜます。
なめらかになるまで混ぜます。
風味付けに、ちょっと醤油を入れる。

タクマさん「ご飯にかけてもいいし、野菜スティックにつけてもいいですよ」


その2
「焼き肉のタレ」
こちらも黄身だけ使います。
黄身を小鉢に入れて、
半分くらい隠れる位のポン酢を入れます。
ネギを入れて掻き混ぜます。

タクマさん「豚を素焼きにしてもあっさり食べられます。いろいろなものに使えますよ」



明日からは、皆さんからの調理法をお送りします。
あなたなりの調理法をお送り下さい。
番組で採用された方には、携帯魔よけを差し上げます!


2010年5月22日(土) 午前5時45分放送

5月の番組審議会がこのほど開かれ、「月曜朗読サロン」について審議が行われました。
出席した番組審議会の委員を五十音順にご紹介します。麻創けい子、高島良樹、富永寛、三浦昌夫、宮崎眞知、村瀬大一郎、山崎隆治 以上の皆さんです。
東海ラジオ側からは、志村富士夫・代表取締役社長、加藤康雄取締役業務局長、角田功治取締役制作局長、飯尾利文編成業務部長、、則武勝也制作部長が出席しました。
今回の審議番組「月曜朗読サロン」は今年のナイターイン編成でスターとした新番組で 不朽の名作と言われる文学作品を東海ラジオアナウンサーの朗読でお届けするものです。 又、朗読の間のブレイクにエピソードや ストーリーに因んだ楽曲をお送りするなど、朗読番組のイメージを根底から覆すような 新しいタイプの「朗読バラエティ」です。 第一回は夏目漱石の「坊ちゃん」、朗読は昨年度、開局50周年記念特別企画として 放送した「半七捕物帳」でナレーションを担当した 原光隆アナウンサーです。 「月曜朗読サロン」は毎週月曜日夜8時から30分間放送されています。

これについて委員からは
■ 「全体を通して聴きやすく、ブレイクの部分で 思わず納得するところもあり、肩の凝らない構成で あった」
■ 「原アナの口調は読み手がすぐ隣にいるような 親近感がある」
■ 「ブレイクの部分では、作家のエピソードや プロフィールを紹介するなど、丁寧な構成だった 」
■ 「雑学も挟み込み、日常の生活知識としても 使えるような部分もあり感心した」
■ 「聴いているうちに本を読みたくなるような 文字離れにも歯止めがかけられるような番組だ」
■ 「局の人間だけで番組を作ろうという姿勢は 素晴らしい」
などの意見が出されました。

東海ラジオからは「審議委員からの意見を受けて、今後の番組制作に反映させるよう、検討と研究を重ねます。」と答えました。 また、聴取者の皆さんから寄せられたお問い合わせなどは4月は163件で、プロ野球の中継カードや、実況アナウンサーと 解説者に関する問い合わせが 多く寄せられたことを報告しました。
以上が5月の番組審議会の概要です。 (事務局 佐枝一史)


今週も「鶏肉」というお題でお送りしました。

最終日の今日は、オールドファッションさんの調理法をお送りしました。

「鶏むね肉のマヨポン焼き」

材料
4~5人分
鶏むね肉300グラムくらい
マヨネーズ大さじ2~3杯
ポン酢適量


調理法
鶏肉を一口大に切り、塩胡椒を軽くふります。
冷たいフライパンにマヨネーズを入れて火にかける。
マヨネーズが溶けたら、鶏肉を入れてこんがり焼く。
肉が焼けたら、ポン酢で味付けする。
お皿にキャベツの千切りをしき、その上に汁ごと盛り付ける。

食べる時に、キャベツとよく混ぜて、汁をからめながら頂きます。
お好みで、もやしや長ネギなどを一緒に焼いても美味しいですよ。


タクマさん「マヨネーズを冷たいうちからやって肉を焼くというのが珍しい」
蟹江さん「一度やってみないかん。みんな家にあるもん」


来週のお題は、「タマゴ」です。

あなたなりの調理法をお寄せ下さいね。
番組で採用された方には、携帯魔よけを差し上げます!


今週も「鶏肉」というお題でお送りしています。

今日は、新舞子の猫顔娘々さんの調理法をお送りしました。

「鶏肉の生姜味噌漬け」

一人前の材料
鶏肉(むねかもま、お好みで)
生姜(適量)
みりん(大さじ1~2杯)
お好きな味噌(大さじ1~2杯)


調理法
味噌にみりんとおろした生姜を入れて、ビニール袋などでよく混ぜます。
甘口がお好きな人は、砂糖を少々入れてもいいです。
そこに鶏肉を入れて、冷蔵庫で一晩寝かせます。

翌日、漬け込んだ鶏肉をフライパンで少々油を引いて焼いて下さい。
生姜焼きのように、千切りのキャベツなどを添えてどうぞ。


タクマさん「生姜のすったのが入るのがポイントです。アクセントが利いて美味しいと思います」


来週のお題は、「タマゴ」です。

あなたなりの調理法をお送り下さい。
番組で採用された方には、携帯魔よけを差し上げます!