最新ニュース

2019年9月7日

ガッツナイター

いざ竜のエースへ。柳裕也10勝です!

柳裕也大野奨太

七夕の日から2カ月。柳の続いた足踏みが止まりました。自身初の2桁勝利達成。打線の援護もあり、7回を投げ切り見事10勝目を手にしました。

立ち上がりロペス筒香に連続ホームランを浴び暗雲が立ち込めました。しかし今のドラゴンズ打線は絶好調。すかさず同点に追いつくと、2回には4点を挙げ勝ち越し。そして柳もその打線に答えるように2回から素晴らしい投球を披露してくれました。

試合後、バッテリーを組んだ大野奨太は「最初に描いたプランがダメで、すぐに柳と話し切り替えました。今日一番いいボールは何か?柳と僕の意見が一致したんで、そのボールを中心に散らしながらリードしました」と話しました。

カットボールだった。カットを中心にストライクゾーン内で散らしながら強力ベイスターズ打線を翻弄しました。



嬉しいが、満足はしない!


お立ち台では素敵な笑顔を見せてくれた柳ですが、その後の取材時にはもう気持ちは次に向かっていました。
勝てなかった2カ月に関しては「この時間を成長につなげようと考えていました。周りの人に支えてもらった。チームでいえば大野雄大さんには何回も食事に連れて行ってもらった。大島さんにはサプリメントをもらった。松坂さんからもアドバイスをもらった。後輩のピッチャーもどんどん出てきてすごく刺激になりました。みんなが勝たせてあげようと思ってくれていると感じました」と振り返りました。

そして柳は「今日の勝利、2桁を通過点にしたい。もっと勝ちたい。毎年2桁勝てるピッチャーになりたい。だから嬉しいですけど、満足はしません!」と話しました。

ガッツナイタースペシャル解説の仁村徹さんも同じように「勝ち切る為にやるべきことはまだあります。ベースカバーなど守り一つもそう。4番との勝負も逃げてはだめです。それがエースになるという事です」と解説しました。

白星が遠のいていたエース候補が2桁に到達しました。打線のつながり、投手陣の安定。今のドラゴンズは強い!
さあ、明日は大野雄大です。6連勝へ向かっていざ。どらほーーーー!