最新ニュース

2019年5月31日

源石和輝 ひるカフェ

「本当はサッカーがしたかった」伊藤康祐さんのドロドロ少年時代

伊藤康祐吉川秀樹源石和輝ひるカフェ

他局はもちろん東海ラジオの野球番組でも聴けない選手の素顔がわかる「ドラカフェ」。『源石和輝 ひるカフェ』(月-金曜12:00-13:00)にドラゴンズの選手が1週間通して毎日出演し、源石アナとのおしゃべりを楽しみます。
※今回の聴き手は吉川秀樹アナウンサーです。


伊藤康祐さん

蒲郡と名古屋を毎日往復!「通学時間は睡眠でした」
6月3日(月)~7日(金)は外野手の伊藤康祐(いとう・こうすけ)さん。愛知県蒲郡市出身で高校卒業後2018年からドラゴンズでプレー。今シーズン一軍デビューを果たしました。最近はスタメン起用も多く5月25日のヤクルト戦では3安打を放つなど活躍目覚ましい「清宮世代」の19歳です。「本当はサッカーがやりたかった」と意外な告白で始まるインタビュー。子どものころはとにかくドロドロになるまで遊ぶやんちゃぶりでした。やがて2歳上の兄に影響を受けるように野球を始め、強豪の中京大中京高校に進みます。学校がある名古屋まで蒲郡から毎日通っていたため「通学時間が長くて大変でした。電車内では勉強よりも睡眠でしたね」。小学4年から海外遠征が多かったという伊藤さん。「アメリカでは靴のまま家に入ることにびっくりしました」。早いうちからカルチャーショックを受けたためか、プロ2年目でも落ち着きすら感じさせます。「僕はスピード型の選手。足を磨いていきたい」というのが伊藤さんの目標。地に足をつけながら次の塁を狙う貪欲さを味わえるおしゃべりをお聴きください。

≫『源石和輝 ひるカフェ』公式サイト
≫源石和輝アナ公式サイト
≫吉川秀樹アナ公式サイト