源石和輝 ひるカフェ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

11.5 284杯目 《 電報! 》 きょうのひるカフェ

 284杯目のテーマは《 電報! 》

 

今日もご清聴ありがとうございました!

 

 ​

今日はこんな内容でした 

 

○Twitterアンケート:電報を送る手段は?

53%電話/27%インターネット/20%その他 

Twitterアンケート:電報といえば?

71%祝電/18%弔電/07%チチキトク/04%その他

 

○電報は、モールス信号を解読して信号を文字に変換したもの

○電話局、郵便局、国鉄の駅などで受け付けていた

○昔はカタカナ表記、文字を伝えるためにの「通話表」が・・・

 例)ツ:鶴亀のツ

   ナ:名古屋のナ

   ロ:ローマのロ

   ヲ:尾張名古屋のヲ(!!)

   ラ:ラジオのラ

 英語例)

   B:BLAVO/ブラボーのB

   I:INDIA/インディアのI

   J:JULIETTE/ジュリエットのJ

   R:ROMEO/ロミオのR

   N:NOVEMBER/ノーヴェンバーのN

○慶弔電報のほか、年賀電報なども

○受験合否の「サクラサク」の電文は昭和30年代に早稲田大学で採用

○至急電報はウナ電の呼び名でも知られる:至急/URGENTの頭文字

 「UR」のモースル信号変換が「ウナ」になることから

○現在はひらがなや漢字も使用できるようになったが、差出人の正確な名前が

 分からずに困ることも

○台紙のバリエーションも豊かに:押し花・メロディ・キャラクター・

 バルーンなどなど

 

電報は、電話もファクシミリも無かった時代の貴重な通信手段でした

 



【クリック】radikoで聴けます


あすテーマは ”柿と栗”。