源石和輝 ひるカフェ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

4.5 393杯目 「発声」 きょうのひるカフェ

「ひるカフェ」 393杯目。
≪発声≫
声の大きいもんが偉そうにする社会は嫌なもんですが、こと歌の世界では声が出るのは絶対正義。ただ私(中の人)は声はデカいんですけど、0.4オクターブ位の音域しか出ない無駄なデカい声持ちです。今日は声量、音域とも芳醇な歌い手二人が来ていただきました。
ご清聴ありがとうございました!


左からバリトン平林龍さん、杉浦哲郎さん、源石、歌手北野里沙さん


きょうはこんな内容でした。



○今週のパートナーは、音楽家 スギテツの「杉浦哲郎」さん

○今日のテーマは 「発声」

○内容はというと…

★ゲストの平林龍さんはクラシック界の貴公子とよばれるバリトン歌手。メジャーレーベルからCDをリリースしています。

★北野里沙さんは声域はソプラノ。クラシックの教育を受け、クラシカルポップスと言われる分野などで活躍をされています。

★このお二人と杉浦さんが共演するコンサート「2019 歌声・ザ・ライブ in名古屋」が明日4月6日土曜日 名古屋市アーク栄サロンホール(長者町三蔵)。13:30~開催されます。興味のある方は足をお運びください。発声練習も学べるそうですよ。

★放送では「春の小川」を披露。

★その発声練習ですが、基本の基本を一つ教えてもらいました。口を縦に大きく開けてあーあーあーあー・・でドレミファソラシドの声を出していく。次に同じことを小さい声から後にいくに従い、声を大きくしていく。すると後の方の声がよれたりするので、その音がちゃんと出せる様に調整していくのだとか・・。この表現であっているかどうか自信はありませんが。

★歌手あるあるとしてはいきつけの耳鼻咽喉科の先生がいて、ほんとに声が出ないと困った時には何とかしてくる強い薬を出してくれるのだとか。

★ちょっとした心の揺らぎが声にはすぐに影響が出てしまうそうです。北野さんはかつて舞台前に喉を潤すための水の銘柄はコレと決めるゲン担ぎをしていたそうですが、そうした細かいことで揺らぐ心ではいけないと、こだわりをやめたそうです。でも、ゲン担ぎというかルーティンにこだわる人は多いみたいですね。




【クリック】radikoで聴けます

来週月曜日!4月8日 テーマは「ゲスト TULIP 財津和夫さん」・・。何について話すかはじっくり考え中。チューリップの球根の育て方ではないと思います。では月曜日お会いしましょう。