きくち教児の楽気!DAY

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

きくち教児の楽気!DAY
毎週土曜日 09:00〜11:00
東海ラジオ本社 楽気!スタジオから公開生放送!
[ 番組 ] パーソナリティ紹介
番組へのお便りはこちら
FAX:052-961-0077
ハガキ:〒461-8503 東海ラジオ「きくち教児の楽気!DAY」各係
メール:メールはこちら
メッセージボード:メッセージはこちら

4月28日の楽気!DAYは!?


 

◎◎次回予告◎◎ 

4月28日(土)の「楽気!DAY」


『教児のなにしとりゃ~す?』は、東京のAEDの普及意識について、江東病院 副院長で医学博士の

三浦邦久さんにインタビューした模様をお送りします!

 

『のりコレ!』は、25日から名古屋市美術館で開催の「モネ それからの100年」をご紹介します!

 

4/14からスタートした新コーナー『わかって楽気!イントロぽん!』

主に昭和のヒット曲のイントロを数秒お聴きいただき、その曲が“誰の何という曲”なのかを当てて頂くコーナーです!

来週もぜひ参加してくださいね!

 

お便りのあて先は

ld@tokairadio.co.jp   FAX:052(961)0077

〒461-8503 東海ラジオ「きくち教児の楽気!DAY」 まで

 


スタジオ見学にお越しいただいたみなさんと


 

スタジオ見学 へのご参加をお待ちしています。

応募方法についてなど、詳しくは こちら をご覧ください。

 

4月21日 個室家座香屋6年4組名古屋名駅分校 のりコレ!

今日の のりコレは、小学校がテーマのユニークな居酒屋をご紹介しました。
3月にオープンしたばかり。
名古屋 名駅にあります 「 個室 家座香屋(いざかや)6年4組 名古屋名駅分校 」

店内は、昔ながらの木造校舎の小学校に迷い込んだかのよう。。。
こんな風に赤いランドセルしょって、黄色い帽子をかぶって撮影もできちゃいます。



ちゃんと廊下と教室にわかれていて、職員室も校長室も、
家庭科室も音楽室も図工室もあったりします。

教室の中は、私たちが小学校の時につかっていた机といすが ずらりと並べられていて、
4人ごととか、グループになっていて、そこで食事ができるようになっているんです。



このユニークな 6年4組名古屋名駅分校、運営されるのは、阪神食品株式会社グループ総本社。 
10年ほど前に大阪で誕生して、現在では東京・大阪・名古屋・福岡と合わせて7店舗あります。
マネージャー 山口陽司(ようじ)さんによれば、

「大変なストレス社会なので、みんなが行ったことのある小学校を体験してもらうことで、
無邪気な懐かしい時代に帰ってもらいながら、お酒を飲んでもらい、
また明日から 頑張ろうと思ってもらえれば・・・。」とのこと。



これだけ、小学校をフィーチャーしているとなると、食べ物、飲み物は、当然、「給食メニュー」なんです。
大好きだったソフト麺のミートソースと揚げパンが、超人気メニューなんですって~~~!!!

昔のソフト麺って、ゆでうどんが さらにふやけたような感じでしたが(笑)(それがいい部分もありましたが)
今のソフト麺は進化しています。 
昔より細めで 若干コシもあって、トマトケチャップ味の 酸味があってコクのある ミートソースによく絡むんです。
本当に食べながらいろんな思い出がよみがえって、感動しちゃいます。

ちなみに、ソフト麺、ミートソースは、ほぼ全員が頼んでいるのではないかというくらい、よく出るんだそうです。

2番人気は、揚げパンのきなこ味。
これも、甘さ控えめドーナツみたいな感じで懐かしかった。
どれだけ揚げパンの給食の日が待ち遠しかったことか。。。

その他、面白いのは、サラダは保健の先生のミドリのサラダとして、
ドレッシングは 注射器で出てきたり、飲み物は試験管とか、メスシリンダーとか、
フラスコででてくるものもあるんですよ。




この6年4組の店舗は、店名については、阪神食品の檜谷(ひのきだに)社長が
6年4組だったからついたのではないか とのことですが、はっきりはわかりません。
社長のお顔は、校長室に校長先生として飾ってあります。とっても優しそうで、
見るからに福を呼びそうなお顔をされています。



メニューだけじゃなくって、みんなを楽しませることにも力を入れています。
例えば、途中で抜き打ちテストがあるんです。
これが、国語・算数・理科・社会・保健体育・音楽・実力テストと、、、。
テストで満点とったら、ご褒美があり、0点とったら罰ゲームがあるんです。
本当に廊下に立ってくれた人もいたみたいですよ(笑)。

こちらでは、基本的にお店の方は先生、お客様は生徒ですので、
短いスカートはいてきたら、「校則違反ですよ。今度はもっと長いスカートはいてきてね~」とか
「廊下を走らないでね~」「出したら片付けましょうね~」とか色々注意してもらえます。

そして、赤と黒のランドセルも黄色い帽子もたくさんありますので、ランドセルしょって、記念撮影し放題。
店内は、どこを見ても昔の小学校!
廊下には、従業員さんのお子さんがリアルな絵などが飾ってありますよ。

ノスタルジーに浸りたい人、コスプレ好き、ちょっと怒られたい人、などなど、
いろんな人に楽しんでいただけそうです。
飲み放題付き 給食コース税込3500円ですよ。

■■【個室家座香屋 6年4組名古屋名駅分校】
〒451-0045 名古屋市西区名駅3-10-15 名駅3丁目ビル4階
TEL 052-581-0604
詳しくはHPで。



4月21日 豆腐キーマカレー レシピ

豆腐キーマカレー 

材料−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<材料(4人分)>
豚ミンチ・・・300g
木綿豆腐・・・1丁
玉ねぎ・・・1個
なす・・・1本
トマト・・・1個
カレールー・・・60g
卵黄・・・4個

作り方 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(1)玉ねぎ、なす、トマトは7~8mmくらいの角に切って準備する。

(2)フライパンに油をひいて豚ミンチを炒め、そこへ(1)の野菜を加えてさっと炒めたら、豆腐を手でつぶしながら加える。

(3)豆腐を木じゃくしで細かく崩しながら炒めたら、最後にカレールーを加えて、塩、こしょうで味を調える。

(4)ご飯の上からかけて、卵黄をのせる。

4月21日の楽気!DAYは!?


 

◎◎次回予告◎◎ 

4月21日(土)の「楽気!DAY」


『教児のなにしとりゃ~す?』は、朝日新聞阪神支局襲撃事件から31年。ずっと取材を続け、今年2月に本をまとめた 地元愛知出身のジャーナリスト 樋田毅(ひだつよし)さん にインタビュー。

 

『のりコレ!』は、 小学校がテーマの居酒屋『個室家座香屋6年4組 名古屋名駅分校』をご紹介します!

 

4/14からスタートした新コーナー『わかって楽気!イントロぽん!』

主に昭和のヒット曲のイントロを数秒お聴きいただき、その曲が“誰の何という曲”なのかを当てて頂くコーナーです!

来週もぜひ参加してくださいね!

 

お便りのあて先は

ld@tokairadio.co.jp   FAX:052(961)0077

〒461-8503 東海ラジオ「きくち教児の楽気!DAY」 まで

 


スタジオ見学にお越しいただいたみなさんと


 

スタジオ見学 へのご参加をお待ちしています。

応募方法についてなど、詳しくは こちら をご覧ください。

 

4月14日 「話し方の加齢臭」福田健著 プレジデント社 のりコレ!

青山が今、気になるモノに注目してお届けするこのコーナー。
今日は、先日 本屋をうろうろしていたら、めちゃくちゃ気になるタイトルの本に
引き寄せられました!!

【 プレジデント社から出ている 話し方の加齢臭】という本です。



こちら、話し方能力向上協会、代表理事の福田健(たけし)さんがお書きになった本です。

一般的に体から発する臭いの「加齢臭」は、ある一定の年齢以上になると誰しもに起きてくる現象なので、
仕方がないのですが、話し方も ともすると、自分では気づかないうちに、嫌な臭い、
つまり、嫌~なクセのある話し方になっていることがあるんです。

これが、臭いと一緒で、自分では気づきづらいところが厄介なところなんです。


若いうちは、いい個性だった話し方が、何をきっかけに変化していくのか???
著者の福田健さんによると、

最近のやたら若者若者という風潮に対し、「自分たちはこれだけ頑張ってきてるのになんだろう」という
共通的な「うっぷん」や「不満」など、いろんなクセが、コミュニケーションのネックになり、
話し方の加齢臭に繋がっているのではないか?とのこと。


つまり、社会での主役が自分たちではない、下の世代に移っってしまった「うっぷん」や「不満」が、
その人らしい話し方に 一クセも二クセも つくようになって、
話し方の加齢臭となって、放ちまくるんです(笑)


例えば、世話好きの「いい人」は、相手が困っている時に助けることが多いのですが、
若いころは、自分が「やりましょうか?」という程度だったものが、
話し方に加齢臭が漂う年齢になると、「それ、俺がやってやろうか?」となり、
「遠慮は無用、すぐやるべきだよ!!明日俺から・・・」と、相手の領域にまで入ってくるわけです。

単なる口グセだった言葉も、性格が年齢とともに強まっていって、
最終的に話し方の加齢臭となっていくんですね。

教児さん、真剣に読んでます(笑)



この本では、12のパターンの加齢臭がのっています。
みなさんの周りにいませんか?またもしくは自分がなっていないでしょうか?

(正直、私は自分にあてはまる話し方の加齢臭がありましたよ。笑)

(抜粋)
タイプ① 根性臭  「やる気があれば何でもできる。気持ちが足りないんだ」

タイプ② オレを認めて臭  「オレを誰だと思っているんだ」

タイプ⑧ オトコ気臭 「キミの夢はなんだ?オレが応援してやるよ」という人。

タイプ⑨ 説教臭 「お前のためを思っていっているんだ」

タイプ⑩ 懐古臭 「昔はよかったんだ」

タイプ⑪ 卑屈臭 「あ~疲れた。もう年だから会社に来るだけで大変」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私は、タイプ①の根性臭ですね。
やる気があれば何でもできるのに、何で頑張らないのかな?と思っちゃうタイプ。

教児さんは、卑屈臭だって~(笑)
 

この本は、それぞれのタイプ別の加齢臭のところに事例が書いてあって、
そうなる背景が書いてあります。そして、このようなタイプの人に対して、どう対処したらよいのか?
年上の方なので、嫌味にならないように、リスペクトももちつつ、でも相手に気付いてほしい、
そんなとっさの一言も載っています。

楽しみながら読んで、あれ??当てはまるかな??というところは、
こっそり加齢臭を消していきましょう(笑)

【福田健著、プレジデント社 話し方の加齢臭】先週発売されたばかり、1296円です。