きくち教児の楽気!DAY

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

きくち教児の楽気!DAY
毎週土曜日 08:00〜12:00
東海ラジオ本社 楽気!スタジオから公開生放送!
[ 番組 ] パーソナリティ紹介
番組へのお便りはこちら
FAX:052-961-0077
ハガキ:〒461-8503 東海ラジオ「きくち教児の楽気!DAY」各係
メール:メールはこちら
メッセージボード:メッセージはこちら

『楽気!スタジオ』から毎週、公開生放送!! 番組/コーナー紹介

----------------------------------------------------------------------------

 昨秋より『きくち教児の楽気!DAY』は、大きくリニューアル!!

 毎週、東海ラジオ9階“楽気!スタジオ”から公開生放送でお送りしています!!

 

▼radikoはコチラから、聴取予約もできます!▼



 

『きくち教児の楽気!DAY』、

ラジオの前はもちろん、ぜひ公開生放送の会場でお楽しみください。

 

 
会場

東海ラジオ 9階 “楽気!スタジオ”(名古屋市東区東桜1-14-27)

地下鉄東山線 栄駅 4-A出口から徒歩5分、地下鉄桜通線 高岳駅 4出口から徒歩5分

 

 

観覧方法

会場への入退場は自由です。(事前にご応募いただく必要はありません)

観覧ご希望の方は、東海ラジオ1階 正面玄関前にお集まりください。

 午前7時半になりましたら、受付が済んだ方から順に公開生放送の会場へとご案内いたします。

会場内で同時にご観覧いただけるのは40名様となります。

 40名を超えた場合は会場内に入れない可能性がありますので、ご了承ください。

 

注意事項

場は無料です。

受付の際には身分証明書のご提示をお願いいたします。

お子様は保護者同伴でお越しください。(お子様のみでの参加はご遠慮ください)

ペットの同伴はご遠慮下さい。

会場へはできるだけ公共交通機関でお越しください。

(会場付近に駐車場、駐輪場はございませんのでご注意ください)

会場内でのお食事、喫煙はご遠慮ください。

 お飲み物はフタのついたもののみ持ち込み可能です。

会場内への危険物の持ち込みはご遠慮ください。

会場内での録音・録画はお断りさせていただきます。

 また、ゲスト出演時の写真撮影もご遠慮ください。

この他の注意事項につきましては、会場内の掲示物をご覧ください。

 

1月20日の楽気!スタジオ & 次回予告


 

◎◎次回予告◎◎ 

1月27日(土)の「楽気!DAY」


『楽気カフェ』 は、全国のご当地スーパーにお詳しいスーパーマーケット研究家の菅原佳己さん をお迎えします!

『なにしとりゃ~す』は、光文社文庫の元編集長、 浜井武さん にインタビュー!

『のりコレ!』は、 東急ハンズANNEX店のオグリンこと小栗さん をお迎えして、この時期注目の商品をご紹介します!

『東海3県 行ったつもり!?』 は、愛知県常滑市をご紹介します!

地元の人しか知らないような常滑市の情報もお待ちしています!!

 

お便りのあて先は

ld@tokairadio.co.jp   FAX:052(961)0077

〒461-8503 東海ラジオ「きくち教児の楽気!DAY」 まで

 

東海3県行ったつもり!? 第16回 東海3県行ったつもり!?

東海3県行ったつもり!? 第16回「岐阜県 郡上市

第16回は「岐阜県 郡上市に行ったつもり!!

群上市の紹介

郡上市は、岐阜県のど真ん中に位置する、人口およそ4万2千人の街です。北と南で標高の差が1,700メートルもあり、高低差が大きいのが特徴です。

かつては、7つの町村に分かれていた郡上郡が、2004年(平成16年)に合併して、郡上市が誕生。清流と名水の城下町・郡上八幡に、福井への玄関口・白鳥、古今伝授の里・大和、ひるがの高原の高鷲、長良川で川遊び・美並、温泉でゆったり明宝、オオサンショウウオが生息する和良と、それぞれに魅力があります。

400年以上の歴史がある「郡上おどり」と「白鳥おどり」は、誰もが参加でき、お盆には徹夜おどりもあり、大いに盛り上がります。2月は渓流釣り、6月には鮎釣り。夏はトレッキングに川遊び・キャンプ、秋は紅葉と、一年を通していろいろな遊び方ができる、まさに岐阜県を代表するリゾート地です。



春になったら充実のアウトドア体験

少し先の話にはなりますが、温かくなって、4月になったら訪れたいのが、「ウッドアドベンチャー郡上」です。

人が、最も恐怖を感じるといわれる高さでわざわざ作られた、森の中の地上8メートルのつり橋や、綱渡り、ボルダリング風の壁など、ハイレベルなアスレチックの数々で、思いっきり体を動かせます。

また、巨大迷路もありまして、ひるがの高原の、雄大な自然のなかで、親子揃っての冒険を、繰り広げることができます。

ウッドアドベンチャーは小学3年生から、巨大迷路はどなたでも利用できます。今の季節は、さすがにスキー一色ですが、春から秋にかけては、アスレチックに巨大迷路、バーベキューにゴルフといった多彩な体験ができます。

詳しくは:郡上ヴァカンス村ホテル  0575-73-2206

 


カレーに味噌!?注目の郡上グルメ

郡上といいますと、麦こうじと大豆こうじを使った独自製法の「郡上味噌」がありますが、その味噌を使った、ご当地カレーが、街全体で展開されています。

郡上味噌を隠し味として、地元食材をふんだんに使うことが条件の「奥美濃カレー」。郡上市内20店舗で食べることができ、それぞれのお店で、工夫を凝らした逸品を味わうことができます!

そんな「奥美濃カレー」を、お土産として買うこともできまして、まったりじっくりといただける、岐阜県産豚肉を使った、少し贅沢な、レトルトカレーは、通常品と、アレルギー原材料不使用の新商品の2種類。

そして、コクのある奥美濃カレーに、スパイシーな黒こしょうを加え、クセになると評判なのが「奥美濃カレーせんべい」です。レトルトカレーとカレーせんべいは通販でも購入できます。

また、郡上市内のお店では、飛騨牛、奥美濃古地鶏、美濃ヘルシーポーク、ジビエ、地野菜、お米など各店でまったく違う味わいの「奥美濃カレー」がいただけますので、ぜひいろんなお店で召し上がってみてください。

詳しくは:郡上奥美濃カレーファミリー事務局0575-65-5840  http://www.okuminocurry.com/

 


郡上八幡の冬の風物詩 

郡上の冬の風物詩といえば、およそ400年続いているという、郡上本染、鯉のぼりの「寒ざらし」です。岐阜県の重要無形文化財になっている、「郡上本染」の技法で描かれた鯉のぼりを、この季節の、冷たい小駄良川にさらして、布についた糊を落とす作業です。水の冷たさで、布がギュッと引き締まり、より鮮やかな色になるそうです。

この寒ざらしですが、今年は、今日1月20日(土)午後1時からと、来月、2月10日(土)午前11時からの、2回、行われます。詳しくは:郡上市観光連盟 0575-67-1808また、郡上八幡旧庁舎記念館・郡上八幡博覧館では、2月10日(土)まで「郡上本染展」が開催されています。

見事な、郡上本染の力作をぜひともご覧ください。


 

行ったつもり・・・ではなく、実際におでかけになってみてはいかがですか?

 

1月20日 焼きメカジキのみぞれあんかけ レシピ

焼きメカジキのみぞれあんかけ 

材料  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<材料>
(4人分)
メカジキ切り身・・・4切れ
(A)
酒・醤油・みりん・・・各大さじ1杯
小麦粉・・・適量
マイタケ・・・1/2パック
(B)
だし汁・・・1カップ
しょうゆ・・・大さじ1.5杯
みりん・・・大さじ1.5杯
水とき片栗粉・・・適量
おろし大根・・・1/2カップ
おろし生麦・・・1片分

作り方 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(1)メカジキは、(A)のタレに10分ほど漬けて水けを取り、小麦粉を薄くまぶして、やや多めの油で焼き揚げにする。
   フライパンの隅でほぐしたマイタケも焼く。

(2)(B)を合わせて、水溶きの片栗粉でとろみをつけたら、おろし大根と、おろし生麦を加えて、メカジキの上からかける。

1月13日の楽気!スタジオ & 次回予告


 

◎◎次回予告◎◎ 

1月20日(土)の「楽気!DAY」


『楽気カフェ』 は、漫画 君たちはどう生きるか』が大ヒット中の漫画家、羽賀翔一さん をお迎えします!

『なにしとりゃ~す』は、病院に通い、子ども達に笑いを届ける ホスピタル・クラウンの活動をされている 大棟耕介さん にインタビュー!

『のりコレ!』は、 ポタジェのポタージュ をご紹介します!

『東海3県 行ったつもり!?』 は、岐阜県郡上市をご紹介します!

地元の人しか知らないような郡上市の情報もお待ちしています!!

 

お便りのあて先は

ld@tokairadio.co.jp   FAX:052(961)0077

〒461-8503 東海ラジオ「きくち教児の楽気!DAY」 まで