きくち教児の楽気!DAY

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

1月13日 献上加賀棒茶 のりコレ!

今日の のりコレは、先日 金沢に行きましたので、
お気に入りの このお茶をご紹介。。。

 【 丸八製茶場 献上加賀棒茶 】です。

こちらは、お茶の葉の部分ではなく 茎を使ったお茶です。
焙煎してつくっているので、茎のほうじ茶なんですね。それを棒茶といいます。
石川県では、ご家庭でみなさん棒茶を飲まれるそうです。



というのも、その昔、加賀藩だったころ、前田家は文化にお金を使った藩で、茶道もその一つでした。
自分の藩でお茶から作ろうと当時は茶畑もたくさんありました。

しかし、もともとお茶の樹は、熱帯の植物なので、あまり石川では品質の良いお茶ができず、
静岡や鹿児島に品質では劣ってしまうので、主に海外用で作っていたそう。
でも、茎は残る。これをなんとかできないかと始まったのが、棒茶。
焙煎することにより焦げたこおばしい香りで飲んでいただこうというものでした。


ところが、昭和58年に 昭和天皇が石川県にいらっしゃる際に、
宿泊先の旅館から今回の取材先の丸八製茶場さんへご依頼がありました。
「 最高の棒茶を持ってきてほしい 」と。

献上する棒茶ですから、これまでにない棒茶を作ろうと、色々試されたそうです。

これまで、石川のほうじ茶は、品質を焙煎の香りでカバーしようというものでしたが、
ここで大きく方向転換。
現在の丸谷社長が まだお若いころでした。これまでにない棒茶を作ろうと、
お父様、お爺様と3代で、「とびきり品質の良いものを 焙煎してみよう」ということになりました。

お抹茶・玉露の茎も 試しましたが美味しくできない。
これだ!と思われたのは、鹿児島の一番茶(その年の一番最初に取れるお茶)の茎から作ったものでした。

原材料の良さを最大限に生かすため、非常に浅炒りに。
これを錫(スズ)の缶に入れて、桐の箱に入れて献上されたそうです。

こうして、できた現在の「 献上加賀棒茶 」もう、なんとかぐわしいのでしょう~~。
とても癒される香りです。いつまでも香っていたい感じ。。。



こうして完成した「献上加賀棒茶」の美味しい淹れ方は、
熱湯100度のお湯で、25秒の浸出時間。
「 めちゃ 熱いお湯で、めちゃ 早く! 」
なのです。

長く置くと渋みが強く出てしまいますので、一度に香りを出すためには、「熱湯で、短時間」なのです。
すっきりとこおばしく澄み切った味わいです。

献上加賀棒茶  60グラム 864円

丸八製茶場さんには、茎だけではなく、葉の部分を焙煎したほうじ茶もあります。
先日 金沢駅の店舗で、両方を香ってみたのですが、やはり 棒茶に惹かれる。。。

それはなぜかと 丸谷誠慶社長に お伺いすると、

「 葉の部分より 茎の部分には うまみ成分のアミノ酸が多いので、
  それが、焙煎により、いい香りを出すのではないかと言われている 」とのこと。

な~~~るほど~~~。奥が深いですね~~。

石川県に旅された時には ぜひ、目に留めてみてくださいね。
オンラインショップからも かうことができますよ~~~。


1月6日 日本一の黒豆納豆「日本の黒豆」 のりコレ!

新年 最初の「のりコレ」は、松の内のおめでたい雰囲気にもあわせまして、
昨年の全国納豆鑑評会で、日本一(最優秀賞の農林水産大臣賞)になった納豆をご紹介しました。

桑名 小杉食品の「日本の黒豆」という黒豆納豆です。
スーパーでもよく見かけますよね?

黒豆の納豆は珍しいですよね。
でも黒豆も大豆の一種なので、納豆になるのです。

普通の大豆の納豆に比べて、納豆特有の匂いが少ないので、納豆が苦手な方にもおすすめ。
黒豆自体糖質が高いので、豆自体の旨味があります。納豆が発酵した時の旨味も引き出しています。

しかし、普通の大豆に比べ、皮が厚いので、納豆菌が内部にまできちんと回るのが難しいため、
蒸し上げ、発酵、熟成のさせ方に 日々努力されています。
そんな中の、念願の受賞でした。おめでとうございます!!
 



さまざま、お話を聞かせていただいた、小杉食品 代表取締役 小杉悟さん。

 

 


他の商品でも数々の受賞をされており、会社の玄関には賞状やトロフィーがずらり。

匂いが少ないですね~。


納豆は、通常出荷まで4日かかります。

1日目 洗って一晩 水につける
2日目 熱く蒸して、納豆菌をふきかけ、納豆菌のかかった豆をパックに小分けする
    一晩、温度、湿度、酸素をコントロールして、発酵

3日目 冷蔵庫で冷却熟成
4日目 ラッピングして出荷

こちらは、むしあげる釜。
120キロを蒸すことが可能。一つの釜で5000パック分。
1日に20万パック出荷している

 



納豆菌は、通常 藁の中に住んでいます。
なので、昔は、熱く蒸した大豆を 藁にくるんで 暖かいところにおいておくと、
2~3日すると、糸を引く納豆ができたのです。

桑名で納豆を始めたのは、小杉社長の祖父母。
新潟から出てきて、桑名で納豆を広めました。
その新潟では、納豆5ん日といって、12月25日は納豆を仕込む日で、
大豆を蒸して藁にくるんで、雪の下に入れておき、お正月に出してきて食べるそう。
 


国産のさまざまな大豆を使用し、商品のラインナップもさまざま


食べ方としては、普通に付属のたれで食べていただくのは もちろんですが、
粒が大きいので、あら塩を振って、一粒ずつ味わって食べたり、
バジル、オリーブオイルと塩でもよいそう。

また、ちょっと面白いところとしましては、
バニラアイスに、黒豆納豆を合わせてもらうと、これが意外にあう!!と小杉社長がおっしゃるので、
スタジオでやってみました!

ネバネバにバニラアイスクリームがからんで、トルコアイスクリームみたい。。。
これ、びっくりする組み合わせですが、かなり美味しい(笑)



どんな味だろう~~と思いながら、教児さんと私で試食しているところ(笑)


納豆は、とても体にいい食品。
ネバネバ成分には、整腸作用もあり、血液の循環がよくなる酵素や、
ビタミンK(カルシウムが骨に吸着するのを助ける)も豊富。
ナットウキナーゼは納豆菌が作り出す酵素 血栓溶解酵素。


年の初め、健康を誓った人も多いはず、まずは納豆を食べてみては???

 

12月30日 手帳廻りの便利グッズ(東急ハンズ) のりコレ!

今日は月末なので、のりコレは、東急ハンズさんからの便利グッズをご紹介!
手帳廻りの便利グッズ!!
東急ハンズANNEX店の小栗崇さんに伺いました。



1つ目は、「手帳の整理に不可欠なフセンがすぐここに。【ココフセン】」
      (ココフセン 税込み 410円  クリップココフセン 税込み453円)


手帳の重要事項やマーキングに使用します。
フセンは、蛍光ペンでマーカーをしたような幅。
6ミリ幅で 長さ42ミリの半透明フィルム付箋。

半透明で手帳の文字の上に貼っても下の文字も読めて、書き込める
手帳以外にもほんのマーカーになったり、携帯電話に貼ることも可能

付箋が入ったケースごと手帳に貼れる。(裏にウレタンシールがついている)
手帳に直接貼るのに抵抗がある人は、クリップ型も

これ、今 大人気らしいのです。知らなかった!!!
でも見てみたら、ほしくなるね~~~!!!
 



「クリップで簡単、手帳に留められるゴムバンド【クリップバンド】」

                  (税込み A6用 496円/B6用 561円)

手帳に書類や名刺などを挟む場合も 途中で開いたら大変!!
手帳用ゴムバンド 
中身こぼれを防ぎます。
ゴムバンドが紛失しないよう、金属製のクリップ(2㎝四方)がついていて、
アクセントになってカッコ良かったりする

・エンジ・紺・黒の3色
・豚手帳もこれで安心!

ちょっとしたアイデアですが、これもなかなかの優れもの。
 



「繰り返しの予定はスタンプでポン!しかも消せる!フリクションスタンプ」
                                                                                              (税込み 129円)

ボールペンなのに消せるフリクションペンは大ヒット商品
そのスタンプ版、もちろん消せる

スタンプパッドのいらない浸透印タイプの印鑑。
サイズは、14ミリ×14ミリで、長さは5センチ 印の大きさは8ミリに丸サイズ

約60種類 星、チューリップ「休」「出」「病院」など。
裏写りしにくいインク手帳に染みない

かわいいスタンプポンポンおして、充実した手帳にしたいな~~。



これで、2018年の手帳は、しっかり活用してくださいね~!!

 

12月23日 歌舞伎舞踊(日本舞踊)「藤娘」で使われる藤の一枝 のりコレ!

今日の のりコレは、歌舞伎舞踊(日本舞踊)の「藤娘」で使用される小道具
「藤の一枝」をスタジオにご用意しました。

お借りしたのは、西川流四世家元 西川千雅さん。
さすがに家元、何気なく持つだけで形が決まります。



私も 持たせてもらいましたが、やはり、なんだか出来上がりの形が違う(笑)
やはり、これが「伝統」というものなのでしょうか?
きちんと お稽古を積み上げたか どうかでこうも違うものなのです。

 



この藤娘の伴奏である長唄を、うたってみようという催しが
来年名古屋で、カジュアルなスタイルで あるそうで、、、。

ということで、藤娘をちょっと紐解いてみますと、、、。

もともと藤娘は、滋賀県の大津絵の版画がもとになっていて、
五変化する早変わりのキャラクターの一つとして演じられてきましたが、
今では、単独で演じられる人気演目。

大きな松の大木と、舞台の天井から下がる藤の無数の房の下で、舞うもの。
背景を大きくすることで、演者が小さく見える効果を狙っています。
というのも、近年では、藤の精が舞うという設定で踊られることが多いからなのです。



長唄は、あまりなじみがないですが、西川流の家元によりますと、
「ほとんどが男女の仲を描いたラブソング」だそうで。。。。
ほほう。なんだかおもしろそう。

長唄の最初のところに「人目せき笠 塗笠しゃんと・・・」とありますが、
人目せき笠 → 人目から逃れるための黒い塗笠 → 人目を忍んであなたに会いにきたの
となるわけです。

そして、さらに唄の中身をさぐっていくと。。。

大まかに要約すると
「本当に憎らしい、神様に誓ったのに、ほかの女のところに行ったきり、戻らないあなたを待つ私は、
蝉の抜け殻のよう。その気にさせるだけさせておいて、抑えられないこの思い、どうしてくれるの??」

と、こんな具合。
あら、なかなか色っぽい唄なのですね。
そうと知ったら、なんだか面白そう(笑)



また、「いとしとかいて 藤の花」というフレーズもありますが、
これは、「い」を縦に「と(10個)」描いて、真ん中を、おおきな「し」を描くようにすると
まるで、藤の花を描いたような形になるという表現を含まれ、遊び心があるんですよね。

家元によれば、「長唄は、一般の唄と違うので、歌い終わったあとに、独特の気持ち良さがある。」
とのこと。

そんな長唄をみんなで歌ってみましょうという「長唄喫茶」が、
来年1月19日(金)夜7時~ 名古屋 円頓寺 西アサヒで行われます。
レッスン+食事会  で 6000円。

ご興味ある方は是非、西アサヒ(052-551-6800)までご連絡ください。
または、西川流facebook にも掲載されています。


 

12月16日 ベーカリー&レストラン沢村のプレミアムなバゲット のりコレ!

プレミアムウィークの「のりコレ」は、プレミアムなパンをご紹介しましたよ♪
「ベーカリー&レストラン 沢村のバゲット」

ベーカリー&レストラン沢村は、軽井沢や東京で展開し、今回12月4日に名古屋に登場!
(ミッドランドスクエア地下1階)

4種類の自家製酵母を使い、粉は世界中から厳選しています。
水も、パンにもっちり感与えるために適度な硬水を使用。

常時70種類のパンを揃え、今も 連日パンを買う人たちでにぎわっています

スタジオに、今朝 焼きあがったばかりのバゲットが 登場しました!!
ん~~~、とってもこおばしい香りがします!!表面はパリッパリッ!
味わい深くて、本当に美味しい!!



噛めば噛むほど美味しいといわれる、沢村のバゲット。
今回 名古屋店のものは、名古屋レシピなんです。

愛知県や三重県の地粉(小麦粉)を使って、しっかりと焼き込んで、
旨味も食感もギュッと詰め込んで作られています。
パンは繊細で、水の温度、硬度、湿度など細かい数字が出来に影響するので、
パン工房では、水や温度を一定に保って、作っていらっしゃり、
職人の勘、職人の一手間が大切になるとのこと。



連日長打の列のようです。。。

店内の様子

これが イチオシのバゲット


バゲットは、甘くないパンですから、食事に合わせるのはもちろんですが、
ワインのお供としてもぴったりなんですよね。
バゲットは、長いままでも買えますし、お店でカットしていただくことも可能です。

お食事メニューは、このように充実していますよ♪



◆ミッドランドスクエア地下1階 ベーカリー&レストラン沢村 名古屋店

 営業時間 朝7時30分~夜10時

 パンだけを買うこともできますし、レストランとしても、
 朝のブレックファースト、ランチ、ディナーと、いろんなシーンで 楽しめそうです。

 ※ 名古屋限定の小倉を使った小倉あんバタースティックや、
   ランチメニューでは、有頭エビを使った 大きな大きなエビフライドッグもあります