きくち教児の楽気!DAY

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

6月23日 キビラ ビーナスハイヒールパンプス のりコレ!

今日は、私が春から使い始めて、今や生活に欠かせなくなった靴を紹介しましたよ♪

「キビラ ビーナス ハイヒール パンプス」です。

キビラというのが、会社名で、ビーナスハイヒールパンプスというのが靴の名前です。
女性のハイヒールなんですが、めちゃくちゃ履き心地がいいんです。
というのも、一人一人 足のサイズを 3Dで測って作る、オーダーシューズだからなんですね。

オーダーというとすごくお高い気がしますが、これ、税抜き9900円なんです。
これくらいの値段で、自分の足に合わせてハイヒールが作れるなら、いいですよね~。



私、この春から、色々あちこちにお仕事で行かなくてはいけなくなって、
これは、ヒールでも歩きやすい靴を探さなくては、、、と思っていたところ、ちょうど見つけたんです。

この地方ですと、名古屋駅の地下街にキビラの店舗があるんですが、
アンミカさんの等身大パネルがあって、吸い込まれるように入ってしまったんですが(笑)
お店で、片足ずつ 3Dで計測してもらうと、足の幅や甲の高さ、足のサイズなどがわかります。

そして、そこから自分好みの、ヒールの高さや、パンプスの素材(エナメル、皮、布)を選ぶわけですね。
そして、一か月後自宅に届く、、、という感じ。

履いてみるとこんな感じ。。。

スタジオには、キビラさんからサンプル用で赤色が届いていました。




これがどうして快適なのか?
また今までの既成の靴はどうして快適さに欠けていたのか?というと、
日本人の足というのは、長いこと、幅広、甲高と思われていて、
既成のパンプスというのは、それにしたがって作られていたんです。

ところが、日本人の足は、幅は細くて、甲もそんなに高くないことがわかったんですね。
ですから、既成のパンプスを履こうとすると、幅が広いから、どんどん前に滑って、つま先が詰まってしまって、
外反母趾になってしまうこともありました。
身に着けるものの中で、女性は唯一、靴は痛みを伴って、履いていたものだったんですね。
新しい靴でもちょっと靴ずれが起きても、我慢して履いたりしていましたよね。

それを、解消しようということで、キビラの靴は誕生したわけです。
桜美林大学の阿久根教授という方は、アスリートから一般人の足まで、日本人の足について研究されている方で、
その方と一緒に靴を開発していきました。



もともと、快適なオーダーメイドシューズということで、4年前に会社が立ち上がったんですが、
今日、取り上げている「ビーナスハイヒールパンプス」は、昨年、さらに快適性をアップして発売されました。

特に どんなところが変わったのか? 快適さのポイントを
株式会社キビラ 広報部長 玉井摂人(かねひと)さんに伺うと

【 パンプスは100年間作り方が変わっていなかったところ、
桜美林大学の阿久根教授と一緒に開発し、ヒールとアウトソール(底)を一体に作る方法にした。
横にぶれないようにしたということで、しっかり体重を乗せて歩くことができる。】とのこと。

底の部分からヒールの部分が一体式になっているんですよね。
普通のパンプスだと、ヒールの部分は別でつけられていることが多いですよね。


手前が従来品、奥がビーナスパンプス


それに、インソール(中敷き)の部分が、これがまた、びっくりするくらい気持ちいいんです。ふわふわです。
それに、土踏まずのところがぐっと盛り上がっているので、土踏まずをしっかり支えてくれる感じで、歩きやすいんですよね~。

私、この靴が届いてから、本当に良く歩くようになったんです。
いままで近距離タクシー派でしたが、このパンプスだと、歩きたくなるので、どんどん歩いているんです。
そしたら、春から基本の体重が1キロ下がりまして、ちょっと痩せましたよ。

すごくいい!!って友人たちに教えたら、名古屋、東京、大阪の知り合いが 5人ぐらいすぐに注文に行きました。
女性は、みんなこういう靴を求めていたんですよね~。
口コミでどんどん広がっていて、今や急成長の会社になっています。

     



ヒールのない、ボディバランスシューズというのもあって、
開き気味の骨盤をもとの位置に戻してくれる助けとなるシューズなど、女性の体のことを考えた靴づくりをされています。

HPもありますし、名古屋は、名古屋駅サンロードにキビラの店舗がありますよ。
ハイヒールは、税抜き9900円から、オーダーできます。
私はもうこの靴以外は今、履けないくらい気に入ってます。