きくち教児の楽気!DAY

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

1月26日 G1開設65周年記念 トコタンキング決定戦 野中一平選手 ご出演! ボートレース

今日の東海ラジオ 「きくち教児の楽気!DAY」には、
1月31日~2月5日まで常滑ボートレース場で開催される

「G1 開設65周年記念 トコタンキング決定戦 」に出場される

野中一平選手をお迎えしました。



野中選手は岐阜県 可児市出身の24歳。  

2014年11月 常滑ボートレース場でデビュー。  

昨年 2018年は一般戦で2回も優勝!  


115期のやまと学校(ボートレーサー養成所)の卒業時のレースで  

優勝された115期のトップ。  


野中選手の強みは、スタート。  

平均スタートタイムが、これまでのレーサーの中でも  

すでにトップクラスのタイムを誇っています。  



ここ最近は、念願のA1に昇格して、  

G1レースへの出場も増えてきました。  



先日の蒲郡のG1竹島特別にもご出場。    

蒲郡のG1の感想を伺うと、    

「 自分がボートレースを始めたころから憧れていた選手と    
同じ舞台に立っていると思うと、嬉しい気持ちもあったが、    

雰囲気にのまれてしまったところがあるので、    

次の常滑は気持ちで負けません!!」と    

力強く語ってくれました。    



頼もしいですね~。    



若くて実力があって、のびしろいっぱい!!    
もう本当に羨ましい限りです~(笑)    







先輩レーサーを見て学ぶところを伺うと、、、    

「全部すごいんです!    

操縦テクニック、エンジンの調整力、メンタルなど。      

僕は、レースに対する姿勢、エンジンの調整力が課題 」    

と分析されていました。    



プライベートな時間は、サーフィンをすることがお好きだそうですよ。    

オン・オフしっかりして、常滑のG1では、    

先輩レーサーをあっと言わせるレースを期待しています。    



G1 開設65周年記念 トコタンキング決定戦    

1月31日~2月5日まで常滑ボートレース場で開催。    

全国各地からのスター選手が出場。    

もちろん、野中選手も。    





ボートレースラジオのHPには、    

初日ドリーム戦を予想する応募フォームがあります。    

見事的中した10名の方に、クオカードが当たります。    

みなさん、ぜひ、常滑ボートレース場へ!!