きくち教児の楽気!DAY

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

東海3県行ったつもり!? 第26回 岐阜県 八百津町 東海3県行ったつもり!?

東海3県行ったつもり!? 第26回「岐阜県 八百津町

第26回は「岐阜県 八百津町」に行ったつもり!!


 

八百津町の紹介

八百津町は、飛騨川と木曽川に挟まれた、人口およそ1万1千人の街です。

古くから水運の川港として栄えた町で、海の無い岐阜県にもかかわらず、

港を意味する「津」という文字が町の名に入っています。

 

林業とともに醸造業やお菓子作りが盛んで、

地酒にお酢、地元で愛されている醤油や味噌をはじめ、

栗きんとんに、八百津せんべいも有名です。

八百津せんべいは戦後、全国的なヒット商品となり、

最盛期には北海道から九州まで流通していました。

 

そして、八百津町ゆかりの人物といえば、

戦時中に多くのユダヤ人を救った、外交官・杉原千畝氏。

人道の丘公園・杉原千畝記念館には、

多くの外国人が訪れています。

 



 

モダンなヨーロッパ風建築はコスプレの穴場!?

明治44年から昭和49年まで使われた「八百津発電所」は、

ヨーロッパ風建築の面影を残し、モダン、優雅、そして風格に満ちあふれています。

レンガ造り、モルタル塗りの外観は、歴史ロマンたっぷり。

 

日本の水力発電の歴史を物語る貴重な資源として、国の重要文化財に指定。

それにあわせて、資料館としてオープンしたのが平成10年。

 

そんな「旧八百津発電所資料館」では、

水力発電のルーツを知ることができ、

電気によって生活様式がどう移り変わったかを学べ、

さらに木曽川の歴史も知ることができます。

 

小中学生には社会見学の場として、

工業高校生には学びの場として活用されているのですが、

 

なんと、それだけでなく。その歴史ロマンあふれる風情が、

コスプレ撮影の穴場として、注目を集めているそうですよ。

 

詳しくは:旧八百津発電所資料館 0574-43-3687

 


八百津だんじり祭の華やぎをお菓子に だんじり絵巻

八百津町は、栗の産地としても知られていまして、

栗を生かした和菓子がたくさんあります。

 

100年以上の歴史を誇る「亀喜総本家」は、

「元祖・栗金とん本舗」。

 

そんな伝統の和菓子店が、地元に古くから伝わるお祭りを、

イメージした逸品を作っています。「だんじり絵巻」です。

 

八百津町の春の風物詩「だんじり祭り」の華やぎをお菓子に。

蒸し羊かんで栗きんとんの餡を巻いて、

桃山種の生地で、包んで焼きあげられています。

 

手むきの栗をメインに、歴史と伝統、そして味の重みが感じられ、

また、断面も面白く、切り分ける楽しさもあります。

 

亀喜総本家では、栗きんとんはもちろん、

純栗むしようかんや、特大の栗饅頭なども人気です。

お店では、だんじり祭りの勇壮な映像が流れ、観光情報も充実、

無料のお茶で休憩もできます。また商品は、インターネットでもお買い求めいただけます。

詳しくは:亀喜総本家 0574-43-0147 http://www.nande.com/kameki/

 



 

船のような山車と絢爛豪華な山車 2週連続でお祭り

八百津町では、4月になると2つの大きなお祭りが行われます。

4月7日・8日に行われるのが「八百津まつり・だんじり祭り」です。

 

練り歩きがあまりに勇壮なことから、別名「けんか祭り」と呼ばれ、

3つの巨大な山車が八百津大橋に集結すると、なんと合体!

1隻の船に姿を変えるのです。

かつて川の水運で栄えた八百津の歴史を色濃く残す、元禄時代からのお祭りです。

 

その翌週、15日に開催されるのが「久田見まつり」です。

こちらは、6両の絢爛豪華な山車の上で繰り広げられる、

からくり人形劇が見ものです。

「糸切りからくり」という独特な技法と操作で、独創的なからくりとなっています。

 

詳しくは:八百津町観光協会 0574-43-2111 https://kankou.yaotsu.jp

 



行ったつもり・・・ではなく、実際におでかけになってみてはいかが?

 

このコーナーは、次回は6月にお送りする予定です。

   少し間が空きますが、どうぞお楽しみに!!

 

東海3県行ったつもり!? 第25回 岐阜県 笠松町 東海3県行ったつもり!?

東海3県行ったつもり!? 第25回「岐阜県 笠松町

第25回は「岐阜県 笠松町」に行ったつもり!!


 

笠松町の紹介

笠松町は、岐阜県と愛知県の境にある人口およそ2万2千人の街です。

町は、木曽川に沿うような形になっていて、面積の3分の1が木曽川です。

かつては尾張国でしたが、天正時代の木曽川の氾濫によって川の流れる位置が変わり、

美濃国となり、現在は岐阜県になっています。

 

古くから、木曽川を通じて、岐阜と名古屋を結ぶ交通の要衝で、

江戸時代は、幕府の直轄地として笠松陣屋が置かれ、

明治時代始めには岐阜県庁も置かれていて、まさに岐阜の政治・経済の中心でした。

 

トンボが多く生息している池「トンボ天国」や、川沿いにある笠松競馬場、笠松川まつり、

リバーサイドカーニバルなど、川を生かした名所やイベントが多いのが特徴です。



子どもの成長・健康と縁結び その源は・・・へそ

笠松町で縁結びの神様として親しまれている「魂生大明神」は、男性のシンボルがご神体。

子宝、安産、縁結びにもご利益があるとされているのですが、境内に「へそ塚」が祀られています。

へそ塚は、生命の源・愛情の源として「へその緒」を預かることで、子どもの成長、心と体の健康を祈願したもので、

「魂生大明神」が笠松陣屋の近くにあった頃はお堂もあったそうです。

移転の際に「へそ塚」は、一度なくなってしまったのですが、現在は再び石碑として、再建されています。

確かに、生命の源はへその緒から、ですものね。

健康を願うなら、その原点を見つめ直そうという意味もありそうですね。

詳しくは:笠松町教育文化課 058-388-3231



地方から全国へ…小倉と栗で オグリキャップもなか

笠松町といえば、笠松競馬場。

そんな笠松競馬場が生んだ名馬といえば、オグリキャップです。

もともとは地方競馬の競走馬として笠松でデビュー。その後、中央競馬に移籍して大活躍。競馬ブームを再燃させたほどでした。

そんなオグリキャップをイメージした「郷土銘菓・オグリキャップ」を製造・販売しているのが「御菓子司 小梅」です。

「郷土銘菓・オグリキャップ」は、北海道産大粒小豆と、栗がぎっしりと詰まった「もなか」で…

小倉と栗で「オグリ」。

もなか自体もオグリキャップをイメージした形となっています。

競馬好き、乗馬好きな方へのギフトとして人気で、通常パッケージもありますが、かわいらしい馬のデザインパッケージがギフトには人気です。

「地方から中央に移籍して大活躍」という経緯にあやかりたい「縁起物」としての使われ方も多いそうですよ。

他にも「御菓子司 小梅」では、馬の蹄鉄をかたどった、風水的にも縁起の良い「蹄鉄クッキー」も、贈り物に人気なんだそう。

詳しくは:御菓子司 小梅 058-388-0651 https://www.rakuten.ne.jp/gold/koume/



桜ライトアップ おみこしや大名行列もにぎやかに

笠松町では、3月25日(日)から4月15日(日)まで、「笠松春祭り」が開催され、

期間中は、2キロにわたって桜並木が続く、「奈良津堤」が開花状況に合わせてライトアップされます。

また、4月14日(土)には、本町通りを歩行者天国にしての「笠松陣屋市」、お御輿の奉納やステージイベント満載の「宵まつり」

15日(日)には「大名行列お奴行列・町内御輿」が行われます。

掛け声とともに、毛槍や鳥毛を投げ渡しながらの、「お奴行列」は全国的にも珍しく、県の重要無形民俗文化財に指定されています。

詳しくは:笠松町環境経済課 058-388-1114

 

行ったつもり・・・ではなく、実際におでかけになってみてはいかがですか?

東海3県行ったつもり!? 第24回 三重県 紀北町 東海3県行ったつもり!?

東海3県行ったつもり!? 第24回「三重県 紀北町

第24回は「三重県 紀北町」に行ったつもり!!

 


紀北町の紹介

紀北町は、三重県の南部、東紀州の入口にある、人口およそ1万6千人の街です。自然と調和した豊かな観光資源と、海の幸・山の幸の宝庫。海のイメージが強いですが、町の面積の9割を森が占めています。新鮮なうちに捌いて干す干物は鮮度抜群、街角では、魚を天日干ししている風景もよく見られます。気軽に楽しめる魚の加工品、魚のギョウザやカツオカツなども、おみやげに最適。また、雨がとても多く、その環境でしっかりと育った「尾鷲ヒノキ」の製品は、使うたびに味わいが増してゆきます。

2005年に、漁師町の面影が色濃く残る、紀伊長島町と、熊野古道をはじめ神秘的な森のある海山町が合併して、紀北町が誕生。町のキャラクター「きーほくん」はイベントでも大人気です。毎月第2土曜日と年末に開催される、お値打ちに新鮮な魚や特産品を買うことができる、「きいながしま港市」には、名古屋方面からも多くの人が訪れます。

 



 

アユやアマゴが飛び交う 奇岩巨岩とエメラルドグリーン色の川

銚子川の支流、又口川の、「魚飛渓」には、様々な珍しい形をした岩、奇岩と、巨大な岩・巨岩が、1キロ以上にわたって連なります。アユやアマゴなどの川魚が飛び交うことから、その名がつけられ、水の透明度は全国有数。岩の上から見ても、肉眼で川底と魚をはっきりと見ることができるほどでさらに、水の色はエメラルドグリーンに輝いています。

夏場は、豪快な水遊びが楽しめ、多くの子どもたちでにぎわいますが、川は天候や場所によって流れが大きく変わりますので、ライフジャケットやラッシュガード、ウォーターシューズなどを用意して、安全には充分注意してください。

また、魚飛渓は、秋の紅葉も美しいですよ。

詳しくは:紀北町観光協会 0597-46-3555 http://kihoku-kanko.com

 



 

マンボウ存分に味わう&ウツボもあられに?

紀北町といえば、マンボウの町でして、道の駅の名前も「道の駅 紀伊長島マンボウ」。道の駅でマンボウを愛でる……のではなく、マンボウを美味しくいただけます。水揚げの状況にもよりますが、土日には「マンボウの串焼き」を食べることができます。

そんなマンボウの町のおみやげにオススメなのが、「マンボウあられ」です。味は2種類、黒こしょうがベースのあられに、マンボウの身を乾燥させて練りこんだ「マンボウの身 with 塩コショウ」と、マンボウの腸・コワタを乾燥させて練りこんだ、「マンボウこわた with 塩コショウ」があります。

さらに、新たに登場したのが「ウツボあられ」。鋭い歯、黄色と茶色のおどろおどろしい模様、獰猛な海のギャング「うつぼ」が美味しいあられになりました!サラダ味ベースのあられに、ウツボを乾燥させて練りこんであり、ウツボの味をじっかりと感じられるそうです。「マンボウあられ」と「ウツボあられ」は、紀北町のお土産として、道の駅マンボウと道の駅海山で、販売されていますので、おみやげにぜひ、どうぞ。

詳しくは:紀北町観光協会 0597-46-3555 http://kihoku-kanko.com

 


♪権兵衛が種まきゃカラスがほぜくる~…

畑に種をまく時に、カラスにほじくられて、食べられても、決して追い払うことのなかった権兵衛さん。「権兵衛が種まきゃカラスがほぜくる~」の民謡で知られる、権兵衛さんは、紀北町の人物で、なんと「英雄」なんです。

かつてこのあたりには、村人や、熊野古道の旅人を食べてしまっていた、巨大な大蛇がいました。権兵衛さんは、大蛇の毒を浴びても、トドメを刺すまで攻撃を続け、その命と引き換えに、大蛇を退治。村に平穏が訪れたのです。そんな、種まき権兵衛さんを弔う供養祭「種まき権兵衛まつり」が21日の春分の日に、「種まき権兵衛の里」で開催されます。権兵衛踊りはもちろん、神楽奉納、仮装行列などもありますよ。



 

また、31日土曜日には「道の駅マンボウ」で、「まんぼう春まつり」が開催され、ステージイベントや体験イベントのほか、炭焼き鹿肉ステーキや、つきたてのおもち、渡利カキのふるまいがあるそうです。

詳しくは:紀北町観光協会 0597-46-3555 http://kihoku-kanko.com

行ったつもり・・・ではなく、実際におでかけになってみてはいかがですか?

 

東海3県行ったつもり!? 第23回 岐阜県 本巣市 東海3県行ったつもり!?

東海3県行ったつもり!? 第23回「岐阜県 本巣市

第23回は「岐阜県 本巣市」に行ったつもり!!

 


本巣市の紹介

本巣市は、岐阜市の西側から北へと伸びている、人口およそ3万5千人の街です。

東西17キロ、南北43キロと縦に細長く、農業が盛んな南部と、山岳地帯の北部では、まったく風景が違い、北は福井県と接しています。

農業が盛んな南部では、大粒で色も味も濃い「濃姫」をはじめとするイチゴに、柿の王様で、岐阜県が発祥といわれる「富有柿」、かつての真桑村にちなんで名づけられた「まくわうり」などが作られています。

2004年に、本巣町、真正町、糸貫町、根尾村が合併して本巣市が誕生。

市を南北に貫く樽見鉄道は、しし鍋列車や薬草列車といった企画列車を楽しめるほか、沿線には、

全国初の、道の駅に併設された駅「織部の里・もとす」に、「薄墨桜」「うすずみ温泉」と、見どころもいっぱいです。



 

世界初の断層のズレを直接観察できる施設

1891年、明治24年に発生した、マグニチュード8.0とされる濃尾地震。

その震源地となった、かつての根尾村にあるのが、「地震断層観察館・体験館」です。国の指定特別天然記念物となっている、地震によって出現した「根尾谷断層」を保存・展示していて、断層のズレを直接観察できる、世界初の施設です。

掘削した断面を、ピラミッド型の屋根で覆った「地下観察館」に、地震の様々な資料を展示している円形ドーム型の「地震資料館」、さらに、震度6の揺れを体験できる3Dシアター「地震体験館」があります。また、濃尾地震によって、東海地方がどのような被害を受けたのか、当時の写真で知ることもできます。

阪神・淡路大震災がマグニチュード7.2、関東大震災が7.9であったことを思うと、8.0という規模がいかにすごかったか。

その揺れによる断層のズレを、目の当たりにすることができます。

詳しくは:地震断層観察館・体験館 0581-38-3560

 


淡墨桜をイメージしたお菓子

本巣市で桜といえば、樹齢1,500年を越えるといわれる、根尾谷の「淡墨桜」です。

日本三大桜のひとつで、国指定の天然記念物。

つぼみの時は薄いピンク色、満開になると真っ白になり、散り際には淡い墨色に……。そんな表情を見せる、エドヒガンザクラの古木で、例年、4月上旬から中旬にかけて見ごろを迎えます。

そんな、淡墨桜をイメージしたお菓子をいただけるのが、本巣市の「お菓子の森 御菓子所吉野屋」です。

桜の花をやさしく加え、もっちりとした「根尾谷の淡墨桜ういろ」は、ういろの風味と、桜の花のほんのりとした味わいが絶妙です。

そして銘菓「根尾谷の淡墨桜」は、淡いピンク色の黄身餡を、風味豊かな生地でやさしく包んだ逸品。

甘みを感じるミルクのような味の皮と、しっとりとして甘さ控えめの餡の相性の良さを楽しめます。

※今回はその「根尾谷の淡墨桜」がスタジオに届いています!(1個130円 (税込))

この、お菓子の淡墨桜は、140年あまりの歴史をもつ、本巣市の「お菓子の森 御菓子所 吉野屋」の各店舗はもちろん、オンラインショップでもお買い求めいただけます。

その他にも、「吉野屋」では、お菓子の森というだけありまして、和菓子から洋菓子まで豊富な品揃えで、

オリジナル焼印のどら焼きなども作っていただけるそうですよ。

詳しくは:御菓子所吉野屋 0581-34-2034 http://www.yosinoya.net/

 


300年の歴史をもつ 一体の人形を3人で操る…

300年以上にわたって、この地に春の訪れを告げるのが、郷土芸能「真桑人形浄瑠璃」です。

浄瑠璃の語りと三味線に合わせて、一体の人形を3人で操るもので、物部神社の祭礼に奉納上演されてきました。

レパートリーはおよそ20演目にものぼり、春分の日の前日、今年は3月20日の午後7時頃から「試楽」、当日、3月21日の正午から「本楽」が上演されます。

浄瑠璃自体が、重要無形民俗文化財、そして上演される会場、物部神社の「真桑の人形舞台」が、重要有形民俗文化財と、どちらも文化財となっています。

詳しくは:本巣市観光協会058-323-0880 http://www.motosukankou.gr.jp/

 


 

行ったつもり・・・ではなく、実際におでかけになってみてはいかがですか?

 

東海3県行ったつもり!? 第22回 愛知県 半田市 東海3県行ったつもり!?

東海3県行ったつもり!? 第22回「愛知県 半田市

第22回は「愛知県 半田市に行ったつもり!!

 


半田市の紹介

半田市は、知多半島のまんなか東側にある、人口およそ12万人の街です。古くから海運業、醸造業などで栄え、知多半島の政治・経済・文化の中心として発展してきました。

半田といえば「山車祭り」。300年以上の歴史があり、なかでも「亀崎潮干祭の山車行事」は、ユネスコ無形文化遺産に登録され、国の重要無形民俗文化財にも指定されています。5年に一度、それぞれの地区の山車、31台が勢ぞろいする、「はんだ山車まつり」には、50万人ほどの観客が訪れます。

半田は「蔵のまち」。運河沿いには土壁の蔵が立ち並び、歴史的な建造物も保存されていて、かつての姿を今に伝えています。また、「ごんぎつね」の作者・新美南吉の故郷であり、生まれた家が保存されていて、ごんぎつねの舞台となった場所には記念館があります。

 



 

明治43年の姿のまま・日本で最も古い鉄道跨線橋

JR半田駅にある、線路をまたぐ「跨線橋」は、一見して、歴史ある古いものだとわかります。それもそのはず。造られたのは1910年(明治43年)。現存する跨線橋では、最古のものです。橋の支柱には「明四十三鐡道新橋」と、当時の文字が鋳造されています。

また一方で、同じく半田市内のJR亀崎駅(かめざきえき)は、駅舎に歴史あり。1886年(明治19年)の、開業当時のままの駅舎です。現役最古の駅舎といわれ、当時の姿を今に見ることが出来る、貴重な産業遺産です。

愛知県で最初に開通した鉄道、JR武豊線には、他にも「直角二線式転車台」「鉄橋」など、当時の面影を残す施設がたくさんあります。今も残る、明治時代の面影を辿ってみてはいかがでしょうか。

詳しくは:半田市 市民経済部観光課 観光担当 0569-84-0689

 


7色の透明感のあるレンガの形をイメージしたかわいらしいお菓子

かつて半田市には、「カブトビール」というビールメーカーがありました。明治31年、赤レンガを使い、当時の最先端技術でビール工場「赤レンガ建物」が建設され、4大ビールメーカーに果敢に挑戦。すると当時、東海地方では最大シェアに。ところが、昭和に入り、戦争が激化すると、ビールの製造は中止させられ、赤レンガ建物は軍用倉庫となってしまいます。

その後、カブトビールは、ビール業界の再編によって統合され、戦後、「赤レンガ建物」は食品会社の手に渡り、解体……という話に。しかし、半田市が買い取ることとなり解体は免れます。すると、国の登録有形文化財に登録され、近代化産業遺産に。そして、2015年には耐震改修工事が完了し、リニューアルオープン。醸造業で栄え続けてきた半田のシンボルとして、観光名所となりました。

その「赤レンガ建物」のリニューアルオープンを記念して作られたお菓子が、松華堂菓子舗の「半田琥珀煉瓦」です。煉瓦をイメージした、錦玉糖の半生菓子で、実際のレンガの大きさの比率を、縮小した形になっています。また、それがカラフルな7色に染めてあり、見た目にも華やか。綺麗なパステルカラーの琥珀糖には、しっかりとレンガの模様が入っています。

この「半田琥珀煉瓦」は、半田・松華堂菓子舗の、オンラインショップでもお買い求めいただけます。

詳しくは:松華堂菓子舗0569-21-0046 http://handa-shokado.co.jp

 


歴史ある場所で開催される手作りマーケット

先ほどご紹介した「半田赤レンガ建物」では、カブトビールの誕生の歴史を知ることができる常設展示や、半田・知多半島のものづくりを紹介する企画展示が行われているほかイベントも開催されています。

奇数月の第1日曜日に開催されているのが、「手づくり雑貨と癒しのマーケット・ひとはこ市」です。様々なハンドメイド作品を集めたイベントで、販売はもちろん体験ワークショップや、リラクゼーションなど盛りだくさん。明日、3月4日の朝9時からです。

さらに、毎月第4日曜日にも、半田・知多半島の逸品がずらりと並ぶ、「半田 赤レンガマルシェ」も開催されており、こちらは次回、3月25日となります。

詳しくは:半田赤レンガ建物0569-24-7031 http://handa-akarenga.jp

 


いつきのみや歴史体験館

 

行ったつもり・・・ではなく、実際におでかけになってみてはいかがですか?