きくち教児の楽気!DAY

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

東海3県行ったつもり!? 第10回 愛知県 長久手市 東海3県行ったつもり!?

東海3県行ったつもり!? 第10回「愛知県 長久手市

第10回は「愛知県 長久手市に行ったつもり!!

長久手市

長久手市は名古屋市のすぐ東側に位置する、人口およそ5万7千人の街です。

宅地開発・人口流入が著しく、2012年1月、長久手町は単独で長久手「市」に。

出生数から死亡数を差し引いた、

人口の「自然増加率」でも全国トップ。

小学校はマンモス化し続け、まるで高度経済成長期のような風景が広がります。

 

名古屋市に近い西側には、大型商業施設や閑静な住宅街が立ち並び、

都市化が急速に進んでいますが、東側には今もなお、自然を多く残していて、

バランスの良い調和のとれたベッドタウンを形成しています。

 

一方で、古くからの民俗芸能も伝承されていて、

豪華な馬具で飾った馬を、神社やお寺に奉献する「馬の塔(おまんと)」には、

馬を警固する棒術を披露する「棒の手隊」と、

火縄銃をもった「鉄砲隊」が登場し、「警固祭り」とも呼ばれています。

 

歴史香る風情があり、水と緑が豊か。そして利便性も高い。

まさに人気が人気を呼ぶ住宅地として、人が集まり続けています。



古戦場の面影めぐり

長久手といえばかつて、天正12年4月9日、

羽柴秀吉軍と、織田信雄徳川家康・連合軍との、戦の舞台となった場所です。

 

古戦場公園には、合戦400年を機に長久手市郷土資料室が設けられ、

小牧・長久手の戦いに関するジオラマや資料などが展示されています。

それだけでなく、市内には当時の面影を残す場所がたくさんあります。

 

武将たちが、血のついた槍や刀を洗ったといわれる池のある公園の名は

「血の池公園」。

合戦のあった4月9日には、池の水が赤くなるという伝説があります。

 

また、長久手の戦いのあと、合戦で亡くなった多くの兵を埋葬した塚は、

「首塚」として国指定の史跡となっています。

 

さらに「色金山歴史公園」には、

徳川家康が戦いについて協議した際に腰掛けたといわれる、

「床机石(しょうぎいし)」が残されています。

 

今も、当時の戦の流れを辿ることができますので、

現場をまわって、433年前のあの頃に、思いを馳せてみてはいかがでしょうか。



 

長久手のお米から誕生したスイーツ

かつての田園風景が住宅地へと姿を変えつつある長久手市ですが、

実は今も、お米作りは続いているんですね。

 

市街地化された都市部と、田園の両面を併せ持つ、

都市と農業が共生する「長久手田園バレー構想」が進められています。

これは農業振興のためだけではなく、農業の営みに都市部の多様な人々が関わることで、

持続可能な街づくりを進めるという意図のものです。

 

そんな思いがカタチになったのが、

地元の「お菓子のスイーツ・イソオ」の人気商品「浮きやざこ」。

 

長久手産米粉を100%使用し、北海道産の小豆とともに蒸したお菓子です。

農業と、ニュータウンの洋菓子店が融合した、これぞ長久手の味です。

他にも、長久手産の米粉を使った、フルーツパウンドもあるそうですよ。

 

詳しくは:お菓子のスイーツ・イソオ 0561-61-6853



モリコロパークのジブリパーク計画

今から12年前、2005年に、

愛・地球博(愛知万博)の長久手会場となった、モリコロパーク。

かつて愛知青少年公園だった頃の思い出がある方も、いらっしゃいますよね。

 

青少年公園から、万博会場、そしてモリコロパークと、

姿を変えてきた公園が今、新たな形に変わろうとしています。

 

今年の5月、スタジオジブリと愛知県が大筋合意。

2020年代には「ジブリパーク」へと生まれ変わります。

 

まずは「となりのトトロ」の世界を再現した「トトロのふるさと村」を整備し、

その後も、ジブリ作品の世界を順次、具現化する計画だそうで、

来年春には、完成像がイラストで公表されるとのことです。

詳しくは:愛知県建設部公園緑地課 公園利活用推進室 052-954-6874

さて、長久手市といえばリニモの街でもありますよね。

明日12月10日には、リニモ秋色ウォーキング第3回、

「愛環・リニモ沿線を巡る リニモ沿線合同大学祭コラボウォーク」が行われます。

保見駅を出発し、「リニモ沿線合同大学祭」が開催されている、

モリコロパークがゴールのコースです。

 

行ったつもり・・・ではなく、実際におでかけになってみてはいかが?