きくち教児の楽気!DAY

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

東海3県行ったつもり!? 第12回 愛知県 岡崎市 東海3県行ったつもり!?

東海3県行ったつもり!? 第12回「愛知県 岡崎市」

第12回は「愛知県 岡崎市に行ったつもり!!

岡崎市の紹介

岡崎市は、愛知県のちょうど真ん中にある、人口およそ38万6千人の街です。

岡崎平野に広がる市街地と、美濃三河高原に連なる森林の二面性があります。

 

江戸時代は、徳川家康・生誕の地であったことから、岡崎藩は最重要拠点と位置づけられ、

東海道の宿場町、岡崎宿、藤川宿は大いに栄えました。

現在も、鉄道・道路ともに利便性が高く、交通の要衝であり続けています。

 

市内には矢作川に、乙川と、清流が流れ、

春になると、舟から眺める、岡崎公園一帯に広がる城下町の桜が、圧巻です。

 

水に恵まれていることから、古くから食品加工業が盛んで、

これ無しでは「名古屋めし」を語れない「八丁味噌」や、

全国的に知られる、純金箔仕上げの「三河仏壇」といった伝統産業をはじめ、

明治時代は繊維業、戦後は自動車産業、電子機器などの企業が多く立地する、

産業都市でもあります。



 

石が雑貨に!?キャラクターグッズも

岡崎市は良質な花崗岩、別名・御影石の産地でして、

たくさんの石職人を抱える、石製品の街です。

 

石製品と言ってもピンと来ない……と思われるかもしれませんが、

実は、お土産や贈り物にピッタリの「石グッズ」が、岡崎ではたくさん作られています。

 

川で石を投げて跳ねる回数を競う「水切り勝負」で、

これさえあれば負けない「超跳ねる!水切り石」ですとか、

ミニチュア狛犬や石の招き猫といった、かわいらしい小物など。

 

なかでも、高級な墓石にも使われている最高品質の石を使った、

石のコースターが人気です。

 

岡崎石工団地のオリジナルキャラクター

「石丸団吉くん」や、

岡崎市の非公式キャラクター「オカザえもん」などの絵柄が彫られたものもあり、

お墓として建立すると200万円以上の高級な石を、

コースターなら、4,000円で手に入れることができます。

詳しくは:岡崎石工団地協同組合 http://osd.tukai.jp/


 

日本初の商品化!「えごまオイル」

近年、油でありながら、健康機能をもつことで注目を集めている「エゴマオイル」を、

日本で初めて食用化に成功した会社が、岡崎市にあります。

 

「えごま」とは、「ごま」ではなく、シソ科の植物でして、

五平餅のタレとして使われていたりするものなのですが、

 

その、えごまを原料とした油を、18年という月日をかけて食用化したのが、

岡崎市の太田油脂という会社です。

 

エゴマオイルには、体内では作ることのできないオメガ3脂肪酸が、

豊富に含まれています。この成分をDHAやEPAとしてサプリで補う方も多いのですが、

エゴマオイルが食用になったことで、食事で簡単に獲ることができるように。

 

「毎日えごまオイル」の小袋1袋で、マアジおよそ6匹分の成分が含まれていて、

料理や飲み物にそのまま入れるだけで摂取できて、

料理の味の邪魔をしないのがポイントなんですって。

 

創業明治35年の太田油脂。伝統ある岡崎の企業で生まれた新たな技術。

まさに「伝統と革新」ですね。

 

詳しくは:太田油脂株式会社 http://www.ohtaoilmill.co.jp/


 

デンキウナギでイルミクリスマスよりも…家康公 生誕祭

 

さて、世間はクリスマスムード一色となっていますが、

今日から岡崎市が盛り上がるのが「家康公 生誕祭」です。

 

郷土の英雄、徳川家康公が岡崎城で誕生したのが……12月26日。

それをお祝いするお祭りが、岡崎公園などで今日から4日間、繰り広げられます。

 

このあと午後1時からのオープニングでは、

八丁味噌を仕込んだ桶で造った「味噌六太鼓」による、

生誕祝い演奏が行われ開幕。

縁起物グッズ販売や、岡崎のおいしいものが大集合。

 

期間中は岡崎公園の園内の通路が、ほのかなLEDライトで照らされたり、

岡崎城から上空に向けて、ライトの照射が行われます。

これも、クリスマスムードを盛り上げるため……ではなく、

家康公が生まれた際に、空に龍が昇ったという伝説の再現です。

 

詳しくは:家康公生誕祭https://www.ieyasu-seitansai.com

 



ジャズライブや武将隊による特別公演もあるそうです。


世の中とちょっと違った、年末の過ごし方。

今日から26日まで、岡崎で家康に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

「東海3県行ったつもり!?」、第12回は「愛知県 岡崎市」をご紹介しました。