きくち教児の楽気!DAY

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

東海3県行ったつもり!? 第26回 岐阜県 八百津町 東海3県行ったつもり!?

東海3県行ったつもり!? 第26回「岐阜県 八百津町

第26回は「岐阜県 八百津町」に行ったつもり!!


 

八百津町の紹介

八百津町は、飛騨川と木曽川に挟まれた、人口およそ1万1千人の街です。

古くから水運の川港として栄えた町で、海の無い岐阜県にもかかわらず、

港を意味する「津」という文字が町の名に入っています。

 

林業とともに醸造業やお菓子作りが盛んで、

地酒にお酢、地元で愛されている醤油や味噌をはじめ、

栗きんとんに、八百津せんべいも有名です。

八百津せんべいは戦後、全国的なヒット商品となり、

最盛期には北海道から九州まで流通していました。

 

そして、八百津町ゆかりの人物といえば、

戦時中に多くのユダヤ人を救った、外交官・杉原千畝氏。

人道の丘公園・杉原千畝記念館には、

多くの外国人が訪れています。

 



 

モダンなヨーロッパ風建築はコスプレの穴場!?

明治44年から昭和49年まで使われた「八百津発電所」は、

ヨーロッパ風建築の面影を残し、モダン、優雅、そして風格に満ちあふれています。

レンガ造り、モルタル塗りの外観は、歴史ロマンたっぷり。

 

日本の水力発電の歴史を物語る貴重な資源として、国の重要文化財に指定。

それにあわせて、資料館としてオープンしたのが平成10年。

 

そんな「旧八百津発電所資料館」では、

水力発電のルーツを知ることができ、

電気によって生活様式がどう移り変わったかを学べ、

さらに木曽川の歴史も知ることができます。

 

小中学生には社会見学の場として、

工業高校生には学びの場として活用されているのですが、

 

なんと、それだけでなく。その歴史ロマンあふれる風情が、

コスプレ撮影の穴場として、注目を集めているそうですよ。

 

詳しくは:旧八百津発電所資料館 0574-43-3687

 


八百津だんじり祭の華やぎをお菓子に だんじり絵巻

八百津町は、栗の産地としても知られていまして、

栗を生かした和菓子がたくさんあります。

 

100年以上の歴史を誇る「亀喜総本家」は、

「元祖・栗金とん本舗」。

 

そんな伝統の和菓子店が、地元に古くから伝わるお祭りを、

イメージした逸品を作っています。「だんじり絵巻」です。

 

八百津町の春の風物詩「だんじり祭り」の華やぎをお菓子に。

蒸し羊かんで栗きんとんの餡を巻いて、

桃山種の生地で、包んで焼きあげられています。

 

手むきの栗をメインに、歴史と伝統、そして味の重みが感じられ、

また、断面も面白く、切り分ける楽しさもあります。

 

亀喜総本家では、栗きんとんはもちろん、

純栗むしようかんや、特大の栗饅頭なども人気です。

お店では、だんじり祭りの勇壮な映像が流れ、観光情報も充実、

無料のお茶で休憩もできます。また商品は、インターネットでもお買い求めいただけます。

詳しくは:亀喜総本家 0574-43-0147 http://www.nande.com/kameki/

 



 

船のような山車と絢爛豪華な山車 2週連続でお祭り

八百津町では、4月になると2つの大きなお祭りが行われます。

4月7日・8日に行われるのが「八百津まつり・だんじり祭り」です。

 

練り歩きがあまりに勇壮なことから、別名「けんか祭り」と呼ばれ、

3つの巨大な山車が八百津大橋に集結すると、なんと合体!

1隻の船に姿を変えるのです。

かつて川の水運で栄えた八百津の歴史を色濃く残す、元禄時代からのお祭りです。

 

その翌週、15日に開催されるのが「久田見まつり」です。

こちらは、6両の絢爛豪華な山車の上で繰り広げられる、

からくり人形劇が見ものです。

「糸切りからくり」という独特な技法と操作で、独創的なからくりとなっています。

 

詳しくは:八百津町観光協会 0574-43-2111 https://kankou.yaotsu.jp

 



行ったつもり・・・ではなく、実際におでかけになってみてはいかが?

 

このコーナーは、次回は6月にお送りする予定です。

   少し間が空きますが、どうぞお楽しみに!!