きくち教児の楽気!DAY

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

1月6日 日本一の黒豆納豆「日本の黒豆」 のりコレ!

新年 最初の「のりコレ」は、松の内のおめでたい雰囲気にもあわせまして、
昨年の全国納豆鑑評会で、日本一(最優秀賞の農林水産大臣賞)になった納豆をご紹介しました。

桑名 小杉食品の「日本の黒豆」という黒豆納豆です。
スーパーでもよく見かけますよね?

黒豆の納豆は珍しいですよね。
でも黒豆も大豆の一種なので、納豆になるのです。

普通の大豆の納豆に比べて、納豆特有の匂いが少ないので、納豆が苦手な方にもおすすめ。
黒豆自体糖質が高いので、豆自体の旨味があります。納豆が発酵した時の旨味も引き出しています。

しかし、普通の大豆に比べ、皮が厚いので、納豆菌が内部にまできちんと回るのが難しいため、
蒸し上げ、発酵、熟成のさせ方に 日々努力されています。
そんな中の、念願の受賞でした。おめでとうございます!!
 



さまざま、お話を聞かせていただいた、小杉食品 代表取締役 小杉悟さん。

 

 


他の商品でも数々の受賞をされており、会社の玄関には賞状やトロフィーがずらり。

匂いが少ないですね~。


納豆は、通常出荷まで4日かかります。

1日目 洗って一晩 水につける
2日目 熱く蒸して、納豆菌をふきかけ、納豆菌のかかった豆をパックに小分けする
    一晩、温度、湿度、酸素をコントロールして、発酵

3日目 冷蔵庫で冷却熟成
4日目 ラッピングして出荷

こちらは、むしあげる釜。
120キロを蒸すことが可能。一つの釜で5000パック分。
1日に20万パック出荷している

 



納豆菌は、通常 藁の中に住んでいます。
なので、昔は、熱く蒸した大豆を 藁にくるんで 暖かいところにおいておくと、
2~3日すると、糸を引く納豆ができたのです。

桑名で納豆を始めたのは、小杉社長の祖父母。
新潟から出てきて、桑名で納豆を広めました。
その新潟では、納豆5ん日といって、12月25日は納豆を仕込む日で、
大豆を蒸して藁にくるんで、雪の下に入れておき、お正月に出してきて食べるそう。
 


国産のさまざまな大豆を使用し、商品のラインナップもさまざま


食べ方としては、普通に付属のたれで食べていただくのは もちろんですが、
粒が大きいので、あら塩を振って、一粒ずつ味わって食べたり、
バジル、オリーブオイルと塩でもよいそう。

また、ちょっと面白いところとしましては、
バニラアイスに、黒豆納豆を合わせてもらうと、これが意外にあう!!と小杉社長がおっしゃるので、
スタジオでやってみました!

ネバネバにバニラアイスクリームがからんで、トルコアイスクリームみたい。。。
これ、びっくりする組み合わせですが、かなり美味しい(笑)



どんな味だろう~~と思いながら、教児さんと私で試食しているところ(笑)


納豆は、とても体にいい食品。
ネバネバ成分には、整腸作用もあり、血液の循環がよくなる酵素や、
ビタミンK(カルシウムが骨に吸着するのを助ける)も豊富。
ナットウキナーゼは納豆菌が作り出す酵素 血栓溶解酵素。


年の初め、健康を誓った人も多いはず、まずは納豆を食べてみては???

 

東海3県行ったつもり!? 第14回  東海3県行ったつもり!?

東海3県行ったつもり!? 第14回「愛知県 犬山市

第13回は「愛知県 犬山市に行ったつもり!!

犬山市の紹介

犬山市は、愛知県の最北端にある人口およそ7万4千人の街です。

北側には木曽川が流れ、西側は古くからの城下町、東側には豊かな里山が広がります。

国宝犬山城とその城下町には、多くの観光客が訪れ、最近は外国の方にも人気。

また市内にはレジャー施設が点在していて、リトルワールド、博物館明治村、日本モンキーパーク・モンキーセンター、お菓子の城、城とまちミュージアムなど、見どころ満載です。

また、ユネスコ無形文化遺産に登録された「犬山祭」では、

仕掛けも見事なからくり人形を備えた13輌の車山が豪快に方向転換する大迫力の「どんでん」を見ることができるほか、

大縣神社の豊年祭や、桃太郎神社の桃太郎まつり、天下の奇祭と呼ばれる石上げ祭りなど、数多くのお祭りがあります。

 

最近では、城下町を中心におしゃれなカフェや雑貨店も増えていて、若い女性も楽しめる観光地として、さらに人気を集めています。



 

手ぶらで楽しめるワカサギ釣りのメッカ

犬山市の東部にある池「入鹿池」は、385年前に作られた人工池です。

近年の改修で、日本で最大の貯水量を誇る農業用ため池となりました。

そんな入鹿池で3月まで楽しめるのが「ワカサギ釣り」です。

入鹿池には貸しボート店がいくつかあり、土日はボートがすべて出払ってしまうほど人気なので、予約がおすすめ。

ボートには、釣り道具からライフジャケットまで、レンタルアイテムがすべて揃っていて手ぶらで楽しめるのが人気の理由です。

朝8時頃までに受付を済ませて、午後2時頃までチャレンジすると、平均で30匹から50匹ほど釣れるそうです。

ワカサギは持ち帰ることができるので、天ぷらや唐揚げを自宅で楽しめますよ。

手ぶらでOKなのですが、この季節は寒いので防寒着やカイロ、またおやつやタオル、ウェットティッシュなどは持って行ったほうが良さそうですね。

詳しくは:見晴茶屋 0568-67-0705


 

天然素材メディカルアロマ製品を自社開発

さて、犬山市には、自然派化粧品を独自開発して、カウンセリング販売している全国的にも珍しい企業があります。

無添加コスメ販売とメディカルアロマテラピーサロンの、「緑の風」と書いて「りーふ」

注目を集めているのが、自然の食品が持つ力を引き出した独自製品の数々です。

海藻から作られた天然パックや、リンゴから培養した細胞エキスを配合したクリーム、アロマオイルから作られた虫除けスプレー、高麗人参から作られたまつ毛美容液など、多彩な商品ラインナップがあるのですが……。

「濃厚モアリッチ美容液」は、なんと納豆からできています。

納豆のネバネバに含まれるポリグルタミン酸が、お肌の保水をしてくれるそうです。

そして「濃厚フィッシュコラーゲンドリンク」は、シャケの鼻先の軟骨部分である氷頭と、鯛のうろこからできています。

「りーふ」では、さらにアロマ雑貨、無農薬のお茶やオーガニック調味料を取り揃えているほか、月に1度ほど、オーガニック自然食品販売会を開催されています。

一見するとカフェと見間違うようなオシャレな建物で、犬山観光のついでに立ち寄る人も多いそうですよ。

詳しくは:緑風(りーふ) http://princess-more.co.jp/

 



一週間にわたって開催されるどぶろく祭り 

1月8日から14日の日曜まで犬山市で開催されているのが、「犬山城下町どぶろく祭り」です。

「東北がんばれ」を合言葉に、東北のおいしいどぶろくが、犬山の城下町に勢ぞろい。

毎年好評で今回で7回目となり、すっかり犬山の冬の風物詩となっています。

詳しくは:犬山まちづくり株式会社 0568-65-0002 

かつて、三光稲荷神社の白ぎつねが、どぶろくが大好きだったという言い伝えも残されており、

その三光稲荷神社では神事も執り行われるそうです。

行ったつもり・・・ではなく、実際におでかけになってみてはいかが?

 

1月6日 七草粥のえのきあんかけ レシピ

七草粥のえのきあんかけ 

材料  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<材料>
えのき茸・・・1把
梅干し・・・少々
わさび・・・少々
のり・・・少々
水とき片栗粉・・・適量

(A)
だし汁・・・300ml
うす口しょうゆ・・・大さじ1.5
みりん・・・大さじ1.5

作り方 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(1)七草粥をややポテッとした感じに作る。

(2)えのきは細かく切り、(A)を合わせた中で煮て、水とき片栗粉でとろみをつける。

(3)たたいた梅干し、わさび、切りのりなどを好みでのせて頂く。