きくち教児の楽気!DAY

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

1月13日の楽気!スタジオ & 次回予告


 

◎◎次回予告◎◎ 

1月20日(土)の「楽気!DAY」


『楽気カフェ』 は、漫画 君たちはどう生きるか』が大ヒット中の漫画家、羽賀翔一さん をお迎えします!

『なにしとりゃ~す』は、病院に通い、子ども達に笑いを届ける ホスピタル・クラウンの活動をされている 大棟耕介さん にインタビュー!

『のりコレ!』は、 ポタジェのポタージュ をご紹介します!

『東海3県 行ったつもり!?』 は、岐阜県郡上市をご紹介します!

地元の人しか知らないような郡上市の情報もお待ちしています!!

 

お便りのあて先は

ld@tokairadio.co.jp   FAX:052(961)0077

〒461-8503 東海ラジオ「きくち教児の楽気!DAY」 まで

 

1月13日 献上加賀棒茶 のりコレ!

今日の のりコレは、先日 金沢に行きましたので、
お気に入りの このお茶をご紹介。。。

 【 丸八製茶場 献上加賀棒茶 】です。

こちらは、お茶の葉の部分ではなく 茎を使ったお茶です。
焙煎してつくっているので、茎のほうじ茶なんですね。それを棒茶といいます。
石川県では、ご家庭でみなさん棒茶を飲まれるそうです。



というのも、その昔、加賀藩だったころ、前田家は文化にお金を使った藩で、茶道もその一つでした。
自分の藩でお茶から作ろうと当時は茶畑もたくさんありました。

しかし、もともとお茶の樹は、熱帯の植物なので、あまり石川では品質の良いお茶ができず、
静岡や鹿児島に品質では劣ってしまうので、主に海外用で作っていたそう。
でも、茎は残る。これをなんとかできないかと始まったのが、棒茶。
焙煎することにより焦げたこおばしい香りで飲んでいただこうというものでした。


ところが、昭和58年に 昭和天皇が石川県にいらっしゃる際に、
宿泊先の旅館から今回の取材先の丸八製茶場さんへご依頼がありました。
「 最高の棒茶を持ってきてほしい 」と。

献上する棒茶ですから、これまでにない棒茶を作ろうと、色々試されたそうです。

これまで、石川のほうじ茶は、品質を焙煎の香りでカバーしようというものでしたが、
ここで大きく方向転換。
現在の丸谷社長が まだお若いころでした。これまでにない棒茶を作ろうと、
お父様、お爺様と3代で、「とびきり品質の良いものを 焙煎してみよう」ということになりました。

お抹茶・玉露の茎も 試しましたが美味しくできない。
これだ!と思われたのは、鹿児島の一番茶(その年の一番最初に取れるお茶)の茎から作ったものでした。

原材料の良さを最大限に生かすため、非常に浅炒りに。
これを錫(スズ)の缶に入れて、桐の箱に入れて献上されたそうです。

こうして、できた現在の「 献上加賀棒茶 」もう、なんとかぐわしいのでしょう~~。
とても癒される香りです。いつまでも香っていたい感じ。。。



こうして完成した「献上加賀棒茶」の美味しい淹れ方は、
熱湯100度のお湯で、25秒の浸出時間。
「 めちゃ 熱いお湯で、めちゃ 早く! 」
なのです。

長く置くと渋みが強く出てしまいますので、一度に香りを出すためには、「熱湯で、短時間」なのです。
すっきりとこおばしく澄み切った味わいです。

献上加賀棒茶  60グラム 864円

丸八製茶場さんには、茎だけではなく、葉の部分を焙煎したほうじ茶もあります。
先日 金沢駅の店舗で、両方を香ってみたのですが、やはり 棒茶に惹かれる。。。

それはなぜかと 丸谷誠慶社長に お伺いすると、

「 葉の部分より 茎の部分には うまみ成分のアミノ酸が多いので、
  それが、焙煎により、いい香りを出すのではないかと言われている 」とのこと。

な~~~るほど~~~。奥が深いですね~~。

石川県に旅された時には ぜひ、目に留めてみてくださいね。
オンラインショップからも かうことができますよ~~~。


東海3県行ったつもり!? 第15回 東海3県行ったつもり!?

東海3県行ったつもり!? 第15回「愛知県 田原市

第15回は「愛知県 田原市に行ったつもり!!

田原市の紹介

田原市は、愛知県の南端に位置する人口およそ6万3千人の街です。

北は三河湾、南は太平洋、西は伊勢湾と海に囲まれています。

 

かつては田原町、渥美町、赤羽根町と、3つの町でしたが、

田原市として合併したことで、渥美半島ほぼ全体がひとつの街になりました。

 

渥美半島といえば、蔵王山、伊良湖岬、太平洋ロングビーチと、

年間を通して、観光客が多く訪れる景勝地。

アカウミガメ、スナメリ、小型のイルカ類が見られ、全国有数の渡り鳥の飛来地、

日本の商業捕鯨発祥の地であったりと、動植物の宝庫でもあります。

 

温暖な気候を生かした農業・畜産業も盛んで、牛に豚に鶏にうずら、

キャベツ、ハクサイ、電照菊、バラ、カーネーション、イチゴ、メロンなどなど。

なかでもブロッコリーの生産高は日本一、

さらには市町村別農業産出額も、820億円と、全国1位を記録しています。



 

30種類以上!食材の宝庫ならでは

田原市のある渥美半島は、食材の宝庫です。

そんな地域の食材が、地元料理人たちの技とアイデアで丼に。

 

36店舗の飲食店が参加して、展開されているのが、

「渥美半島どんぶり街道」です。

 

「田原ポーク ソースかつ丼」に「あつみ牛焼肉丼」、

「あなご天丼」に「かきあげしらす丼」「しらすと鰻のあいもり丼」など、

それぞれのお店でしか食べられないオリジナルどんぶりと……、

複数のお店で出されている共通メニュー「大あさりかつ丼」も人気です。

 

今年いっぱい「どんぶり街道スタンプラリー・第5弾」が開催されていて、

15店舗制覇で特製の丼・箸・スプーンセット、

30店舗制覇で産直品など選べるプレゼント、全店制覇でホテルペア宿泊券など、

豪華な景品が、もらえるそうですよ。

詳しくは:渥美半島観光ビューロー 0531-23-3516

 



 

天然素材メディカルアロマ製品を自社開発渥美半島の土壌が生み出す濃くまろやかなお茶

突然ですが……

『殿、お毒見を…これは飲んではなりませぬ!他のお茶が飲めなくなりまする!』

というお茶のコマーシャル、ありましたよね~。

「♪磯田園のお茶」というフレーズでおなじみの磯田園。実は田原市の会社なのです。

 

120ヶ国以上に普及している国際基準GGAPも取得している

「岡女男面茶」は名古屋でも知られる逸品ですし、

100グラム3000円!という厳選茶葉の新商品「華」や、

1月は福を招く「大福茶」、2月は「春待ち茶 山だしかぶせ」と、

年間を通しての季節のお茶も、おいしいのですが……。

 

なんと、渥美半島の大地の恵みたっぷり、肉厚茶葉の緑茶が、

ペットボトルでも味わえるようになっています!!

 

磯田園は、田原市はもちろん、愛知県内各地、東京、埼玉、長野、山形と、

広く店舗を展開していますので、渥美半島のお茶を各地で楽しむことができます。

 

ところで、冒頭にご紹介した「他のお茶が飲めなくなりまする」という

コマーシャルですが、磯田園ではこのCMを今後活用したいという考えがありまして、

その製作者や、関わられた方を探しているそうです。

心当たりのある方は、磯田園までぜひ……ご連絡を。

詳しくは:磯田園製茶 0120-21-2202 http://www.isodaen.co.jp/

 


菜の花料理やスイーツも楽しめる 

渥美半島に春の訪れを告げる……といえば菜の花です。

いよいよ今日から「渥美半島 菜の花まつり 2018」が始まります。

 

まだ早いんじゃないの?と思われるかもしれませんが、

渥美半島では1月中旬から3月中旬まで、

場所によって菜の花の見ごろの時期が違うので、ロングランで楽しめます。

 

そして3月末までの「菜の花まつり」期間中は、

「菜の花料理&スイーツ」を楽しむことができます。

 

「菜の花とんかつ」に「菜の花と大あさりと牡蠣のグラタン」

さらには「菜の花とふぐちり」に、

スイーツは「菜の花いちごロール」「菜の花シフォンケーキ」などなど。

 

花より(団子)……ではなくて、花も料理もスイーツも。

一足早い春の訪れを「菜の花まつり」で感じられてはいかがでしょうか。

詳しくは:渥美半島観光ビューロー0531-23-3516

 



 

行ったつもり・・・ではなく、実際におでかけになってみてはいかが?

 

1月13日 和風ポトフ レシピ

和風ポトフ 

材料  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<材料>
(4人分)
白菜・・・1/4株
人参・・・1本
タケノコ・・・1/2本
蓮根・・・150g
ソーセージ・・・8本
バター・・・20g
だし汁・・・適量
しょうゆ・・・大さじ2
柚子こしょう・・・適量

作り方 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(1)白菜はザク切り、人参、タケノコは乱切り、蓮根は輪切りか半月切りにする。

(2)油とバターで野菜をじっくり炒め、ひたひたになるまでだしを加えて、ソーセージも加えて、野菜が柔らかくなるまで煮る。

(3)しょうゆで味を調え、器に盛って柚子こしょうを添える。