きくち教児の楽気!DAY

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

8月4日の楽気!DAYは!?


 

◎◎次回予告◎◎ 

8月4日(土)の「楽気!DAY」


『教児のなにしとりゃ~す?』は、アルミ箔作家の箔屋スフィカさんインタビューした模様をお送りします!

 

『のりコレ!』は、秋に開催される「A.S.I.アジアオセアニア最優秀ソムリエコンクール」に日本代表として出場する注目のソムリエ、岩田 渉さん と 井黒 卓さん をご紹介します!

 

『わかって楽気!イントロぽん!』

昭和のヒット曲のイントロを数秒お聴きいただき、その曲が“誰の何という曲”なのかを当てて頂くコーナーです! あなたもぜひご参加ください!!

 

お便りのあて先は

ld@tokairadio.co.jp   FAX:052(961)0077

〒461-8503 東海ラジオ「きくち教児の楽気!DAY」 まで

 

7月28日 名探偵コナン科学捜査展~真実への推理~ のりコレ!

今日は、夏休みちょい前に 名古屋市科学館で始まった
「名探偵コナン 科学捜査展 真実への推理(アブダクション)」を紹介しましたよ♪

推理漫画としてもアニメとしても大人気のコナンですが、私はあまり知らなくて、
今回、自宅でDVDをみて予習をしていったのでめちゃくちゃ楽しかった!



だって、この科学捜査展は、科学館の順路に従って、まず最初は、殺人事件が起きた現場が再現されていて、
そのまま、歩いていくとは、アニメで見ていた世界が目の前に現れるんです。

例えば、「毛利探偵事務所」の事務所内とか、喫茶ポアロの店内とか、、、その場所に 実際に入って、
触ったり、場所によっては、座れるところもあって、写真撮影もじゃんじゃんできちゃうんです。
実は ここも事件を説く秘密が隠されている重要なエリアなんですけどね。

コナン超初心者の私でもワクワクしたわけですから、ファンの方にはたまらないでしょうね。
そのあとが、ラボエリアとなっていて、殺人に使われた凶器やアリバイなどから、
だれが犯人かを「科学分析」で見抜いていくわけなんですね。
だから、科学館で扱うわけなんです。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて、今回の展覧会では、どんな事件が起きるかというと、
とあるマンションで女性ミステリー作家の殺人事件が起きます。
夕方ごろ 彼女の恋人によって発見されるのですが、死亡推定時刻は、14時。
現場に残されたカレンダーには、事件当日「14時 毛利小五郎氏」と
書かれています。
コナンがお世話になっている私立探偵の毛利小五郎が犯人なのか???
その謎解きが始まる、、、というわけ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



最初のエリアの殺人事件現場には、赤いシミがありますが、血液なのか?
赤ワインなのか?赤いインクの瓶もあるので、インクなのか?
そして、毛利小五郎もなんか赤いシミがシャツについているような、、、。

現場には、ロープ、バームクーヘン、果物ナイフ、ワインボトルなどなどあって、
この中に もしかしたら凶器になってしまうものも あるかもしれないんですよね。
という、色々あやしいことがあるので、まずは現場をチェック!

そして、聞き込みエリアで情報を集めて、ラボエリアで科学捜査に挑戦するわけです。 
どんな科学捜査を体験できるのか?
名古屋市科学館の安達敏之(あだちとしゆき)さんに聞きました。
指紋鑑定、血液かどうかをみる成分鑑定、筆跡鑑定、などなど、色んな鑑定をしていくことで、
コナンくんの気分になって、科学ってすごいなと感じてもらいたいとのこと。




指紋って、同じ人はいないといわれるくらい様々ですよね。
これが指紋が一致となるには、線の切れ目などの「特徴点」と言われる部分 12カ所が一致すると
証拠として認めてもらえるそう。
だから、現場に残されていた指紋が これ、登場人物のだれの指紋と一致するかな?
と自分で見て確かめられます。

成分分析もある薬品を使うと、血液と血液でないものが分かったりします。

筆跡も、めちゃくちゃ拡大していくと、どちらの線を先に描いたかまでわかるので、
書き足して、アリバイを作ろうと思っても、実はわかっちゃう。
その超拡大した文字の重なりなども見ることができるんですよ。



こうやって、さまざまな、科学捜査をしていって、この人は犯人じゃないな、
この人が怪しいなと分析していくのです。小さい子から大人まで楽しめるように、探偵手帳が配られますが、
やさしいコースとちょっと難しいコースに分かれていますので、楽しめますよ~。



私は断然、子どもたちが多いのかと思いきや、若い女性もいっぱいなんです。
イケメンの安室透という小五郎さんの弟子のファンが、ものすごいいるようで、、、。

最後には写真エリアがあるのですが、今回この安室君が初めて立体になった!!
ということで、話題になっているようですよ。



朝9時半~夕方5時まで、名古屋市科学館で9月24日まで開催中。

多いときは2時間待ちの時もあるみたいですが、
ねらい目は3時ごろがちょっとすいているそうです。

大人1500円、高校生大学生800円、小中学生500円。
夏休み、ぜひお出かけになってみては???
私も 小学校1年生 の 甥っ子といきたいな。

お土産も充実してますよ~。



7月28日 メカジキの照り焼きごま油風味 レシピ

メカジキの照り焼きごま油風味 

材料−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<材料(4人分)>
メカジキ・・・4切れ
小麦粉・・・適量
ネギ・・・1/2本
カイワレ・・・1/2パック
ごま油・・・大さじ1

(A)
酒・・・大さじ2
しょうゆ・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2

作り方 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(1)メカジキは(A)に10分ほどつけて下味をつける。
(2)(1)の汁気をふきとって小麦粉をつけ、フライパンで焼いてつけ汁をからめる。
(3)焼いたメカジキの上に、白髪ねぎと半分に切ったカイワレをのせる。
(4)ごま油を熱して、アツアツを(3)の上からジュジュジュっとかける。

7月28日の楽気!DAYは!?


 

◎◎次回予告◎◎ 

7月28日(土)の「楽気!DAY」


『教児のなにしとりゃ~す?』は、各地の文化センターでご婦人を中心に大人気という「朗読会」を行っている名古屋の大先輩俳優、舟木 淳 さんへのインタビューの模様をお送りします!!

 

『のりコレ!』は、名古屋市科学館で開催中の特別展 “名探偵コナン 科学捜査官 -真実への推理(アブダクション)-” をご紹介します!!

 

『わかって楽気!イントロぽん!』

昭和のヒット曲のイントロを数秒お聴きいただき、その曲が“誰の何という曲”なのかを当てて頂くコーナーです!!

あなたもぜひご参加ください!!

 

お便りのあて先は

ld@tokairadio.co.jp   FAX:052(961)0077

〒461-8503 東海ラジオ「きくち教児の楽気!DAY」 まで

 

7月21日 森のビアホール 愛岐トンネル のりコレ!

これだけ連日暑いと、ひんやりとした涼しいところが恋しくなります。
ということで、今日ののりコレは、一風変わった場所での一休み、「森のビアホール」をご紹介します。

この「森」とは、いったいどこかというと、愛知県春日井市、JR定光寺駅のすぐ近く、
「国・登録文化財 愛岐トンネル群」なんです。

私、今回の取材まで、失礼ながらこの「愛岐トンネル群」って知らなかったんですが、
なかなか面白いトンネル群なんです。
実はまだ発見されて10年ほど、歴史的なトンネル群としては、新参者なんです(笑)



JR定光寺の駅(無人駅)をおりて、上流へ300m。
すると、そこに 森のビアホールが現れます。






もともとこのトンネルは、1900年(明治33年)に 
名古屋と多治見を結ぶ国鉄中央線ができたときに完成したもので、
蒸気機関車とともに長年使用されてきたんですね。

それが、戦後、1966年になると、このトンネルのあるあたりの線路って、曲がりくねっているので、
当時の高度成長期、大量輸送・高速化の時代にあわないとのことで、廃線になってしまって、
次第に人々の記憶から薄れていってしまったんです。

ところが、2005年に勝川駅の工事により、使用されていた明治時代のレンガが撤去されるということになり、
もったいないねという話の中で、ある長老が「そういえば春日井にもトンネルがあったような・・・」とおっしゃって、
それなら探してみようということになって、有志たちの手弁当での トンネル探し大プロジェクトが始まったんですね。

今回お話を伺ったのは、NPO法人 愛岐トンネル群保存再生委員会 事務局長 村上真善(まさよし)さん。



50年以上 やぶの中にひっそりと隠れていたのを、有志が10年前に見つけ出して、調べてみたら、
14もトンネルがある!! 明治時代の煉瓦製じゃない!!これはすごい!と思って、興味ではじめたそう。

最初は 大きな枝ばさみを持ってきて、みんなで枝を切っていく作業だったようです。
先日 取材に訪れたときには、トンネルの前は くつろげるようなテーブルスペースがいくつも作ってあって、
さらにトンネルの中にも、テーブルとイスがいくつかおいてあって、幻想的な雰囲気。。。



この日、外は36~7度だったんですが、トンネルの中は5度も低い31度。
でも体感はもっとひんやりと26~7度ぐらいの 心地よくエアコンがかかっているような部屋にいる感じでしたよ~。

なんといっても素晴らしいのは、トンネルの内部から、緑が美しい森の方を見ながら写真を撮ると、
何も加工していないのに、めちゃくちゃインスタ映えの写真になるんです!! 
小さく丸いトンネルの先に森のミドリがきれいな背景になり、丁寧なレンガ造りのトンネル内部が遠近法で迫ってきて、
まるでタイムマシンで時空を超えているかのような、画面に(笑)




このレンガの個数が半端ない数で、最近すごい事実がわかったんです。
土木構造物として NO.1の個数を誇るのは 群馬県の碓氷峠(1500万個)だったんですけど、
実は、こちらはそれより 300万個多い、1800万個で!! 
日本最多ということが、最近わかったのです。(中央線工事白書(国鉄)に書かれている)

10年活動していても、そういう新しいことがどんどん出てくるので、面白いですし、
そういう意味でも 歴史的価値があると村上さんはおっしゃいます。

ここで、今年から初めて、生ビールとおつまみをいただけるようになりました。
7月8月の土日のみです。なかなか風情があっていいですよ~。

入場料は200円、生ビールは400円、そして、おつまみは、枝豆や、サボマという串がいただけます。
サボマは、ネギマならぬ、サボテンと豚バラの串なんですよ。
サボテンの酸味と粘りが豚バラの脂の甘味とマッチしてビールによく合うんですよ~。




ちょっと涼みながら、森のビアホールいいでしょ。ちなみにビアホールのホールは、
大広間の意味ではなく、トンネルですので、穴という意味なんですって。

こちらは、通常は春と秋に一週間ずつ一般公開されていて、10年前は300人でしたが、
去年は、3万人、35都道府県、15か国からお客さんがいらっしゃいました。
秋の紅葉もきれいなんですって~!!

とりあえず、夏は、森のビアホールで涼んでください。
私は、初日に行ったんですけど、JRの駅員さんに羨ましがられました。
お昼1時30分~の部と、3時30分からの部があります。

HPで予約もできます。愛岐トンネルで検索してみてくださいね~。