LIFESTYLE MUSIC 929

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

コーナーも本格始動! 黒沢 薫(ゴスペラーズ)

黒沢 薫です。

1回目の放送、いかがでしたか?



前任のゴスペラーズ・酒井雄二が、番組の放送中にリアルタイムツイートをしていたので僕もやってみました。ツイッターのトレンドの2位だか3位まで上がりました。みなさん、ありがとうございます。


・カレーに関することなら何でもあり「我がカレー道」コーナー
・お悩み相談室「薫子の部屋」コーナー

など、各コーナーも始動しております。

ぜひ、お便りをお送りください。

普通のお便りも、ぜひ!
kuro@tokairadio.co.jpまで。



夜の名盤コレクション



由紀さおり&ピンク・マルティーニ『1969』

1997年、アメリカの人気ジャズ・オーケストラ・グループ、ピンク・マルティーニのリーダー、トーマス・M・ローダーデールさんが、ポートランドのレコード・ショップで由紀さおりさんのレコード『夜明けのスキャット』を聴きファンになり、その透明感のある歌声に魅了され「タ・ヤ・タン」をカバー。

そこから交流がスタートし、2011年10月に両名義のアルバムをリリース。1969年をテーマにジョイントしたアルバムです。全米iTunesジャズチャート1位、カナダiTunesワールドチャート1位など、各国でも大ヒットしています。

由紀さおりさんは、説明する必要のないくらいの大歌手ですね。僕らの世代からすると……「ドリフの大爆笑」でおもしろいことを言っている人(笑) あるいは、映画「家族ゲーム」のお母さん役。コメディエンヌ(喜劇女優)としても存在感のある方です。

童謡を歌っているという印象がある方も多いのでは? お姉さんの安田祥子さんと童謡コンサートをずっとやっていますね。

このアルバムには「夜の名盤コレクション」コーナーにふさわしい曲がいっぱい収められています。歌謡曲は抑制のきいた歌と音で聴くとモダンで洒落ている。よく聞かせるための仕掛けがいっぱいあるんだなと再認識しました。

ミックス、マスタリングも素晴らしい。由紀さおりさんの歌を最大級に活かしています。由紀さおりさんの声が一番鳴るよう、細かなキーの設定をしに何回もポートランドへ行ったそうです。だから、原曲のキーとは違っている曲も多いです。艶やかでゴージャズな感じが出ています。

セレクトした曲は、ヒデとロザンナの「真夜中のボサ・ノバ」のカバー。1969年リリースのシングル「ローマの奇跡」のB面です。B面を選ぶあたりが非常に素敵ですね。

これはボサノバと言っても、フレンチボサノバですね。ポルトガル由来の南米のボサノバとはちょっと違う感じ。作詞は橋本淳さん、作曲・編曲は筒美京平さん。

デュエットしているのは、ピンク・マルティーニのメンバーのティモシー・ニシモトさん。日系の方です。抑制がきいて素晴らしい歌です。



映画音楽



グレイテスト・ショーマン

主演は、みんな大好きヒュー・ジャックマン。一時期のウィル・スミスのように、ヒュー・ジャックマンが出る映画にハズレなし!

「地上でもっとも偉大なショーマン」と呼ばれた19世紀アメリカに実在した興行師、P・T・バーナムの半生を描いたミュージカル映画です。

ミュージカルナンバーを担当したのは、映画「ラ・ラ・ランド」も手がけたベンジ・パセック&ジャスティン・ポール。サントラは65カ国でiTunes1位を獲得するなど、世界各国で大ヒット中です。

このサントラが素晴らしいんですよ。ひと言で言うと「アガる」ってやつですね。自分が歌が非常に上手くて、舞台衣装を着て踊ってるような気分になります。

P・T・バーナムは非常に問題のある人です(笑) いろんな職業を渡り歩き、虚と実の間を行き来するような……要するに偽物と本物があるような博物館を作ります。障害を持つ人や病気の人など……そんな人々を集めて話を盛ってサーカスをやった人です。史実に基づいています。

映画を観た人は、ひとつ不思議だったと思うのですが……ゼンデイヤが演じた黒人のブランコ乗りの方。
サーカスをやっていた頃、黒人は奴隷と言われていました。奴隷とは、人間じゃないということ。天国へ行けないと言われていました。なぜならキリスト教徒じゃないから。

そのくらいの差別。ブラック・ミュージックが好きな黒沢 薫としては、はっきりさせておきたいところ。なので、あの悲恋があったりするわけ。当時としてはありえないことです。

キアラ・セトル演じるヒゲ女は映画オリジナルではなく、実在の人。白人だったそうですが。非常に頭の良い人だったそうです。

今のアメリカのショービズや、世界の政治状況を考えると、この映画が大ヒットしたのはわかりやすい。僕もすごくグッときました。

P・T・バーナムは、今のアメリカのショービズの礎を築いた人です。正直、山師じゃないかと思ったんですがリスペクトされる理由は一応ある。ダメなところは描かれており、あんまり捏造した映画ではないです。

「This Is Me」はアカデミー賞でも歌いましたね。今までのショービズでは出てこないような、太った人やマイノリティ、多人種が後ろに出ていて印象的でした。これが私よ、と。非常に自信を持てる歌です。





現在、愛知・岐阜・三重のTSUTAYA各店では、
「東海ラジオ×TSUTAYA LIFE STYLE MUSIC 929」のパーソナリティの楽曲を
音楽レンタルコーナーにて特集しています!
ぜひ、お近くのTSUTAYAでチェックしてみて下さい!


+ + + + + + + + + + + + + + + +

番組では、みなさんからのメールを募集しています!

・カレーに関することなら何でもあり「我がカレー道」コーナー
・お悩み相談室「薫子の部屋」コーナー

その他、番組でやって欲しいこと、黒沢 薫に話したい事、質問、フツオタ(普通のお便り)など何でもOKですので、番組までお送り下さい。kuro@tokairadio.co.jpまで。


ゴスペラーズ通算50枚目のシングル「ヒカリ」発売中!




ゴスペラーズ オフィシャルサイト Gostudio

+ + + + + + + + + + + + + + + +

<SONG LIST>をプレイバック!!!

4月9日(月)OA
M1. ヒカリ / ゴスペラーズ
M2. Versace on the Floor / Bruno Mars
M3. 真夜中のボサ・ノバ / 由紀さおり&ピンク・マルティーニ
M4. This Is Me / The Greatest Showman Film Cast Feat. Keala Settle
M5. 夢の外 / ゴスペラーズ