LIFESTYLE MUSIC 929

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

名コーナーになる予感!? KIRINJI

叱って!!!! 高樹さん!!!!



弓木英梨乃:すごい量のメッセージが届いていますよ。

堀込高樹:いちいちまともに叱ってられねー、ってことが判明したので、矢継ぎ早にさばいていきます。

弓木:最初のメッセージ! 「私は、図書館で借りた本の返却日が守れません。閉館時間を狙って、返却ポストにコソッと返しています」

堀込:ダメだね、ちゃんと返さなきゃ。

市民の財産だから。図書館の本は! あたなだけの物じゃないんだぞ!


弓木:次! 「夫のインナーTシャツを隠しています。脇の下部分に穴が空いていて脇毛が丸見えなんです。捨てなさい、と言っても聞く耳を持たず。でもそんな夫は隠されている事に気がついていない様子。そう、私は、夫のインナーTシャツに対する愛情を確かめているのです。こんな私たち夫婦を叱ってください……」

堀込:夫がだらしないな。いつまでも、そんな脇毛ボーボーのTシャツなんておかしい。

しっかりしろ、夫!


弓木:次! 「ヨーグルトのフタの裏をペロッとなめるが楽しみだったのに、いつの間にかフタにくっつかない工夫がされています。画期的なフタを開発した人を叱ってください」

堀込:開発の人は叱れないね。もっと工夫しないと。フタがなめられないのなら、底をなめろ!

頭使え!


弓木:……このコーナーの方向性が見えましたね(笑)

堀込:矢継ぎ早に行くのがいいのかも。

弓木:いいですね。この感じで行きましょう! 引き続き『叱って!!!! 高樹さん!!!!』宛てのメッセージをお待ちしています。krj@tokairadio.co.jpまで。


こにゅうどうくんを叱ってみる



MUSIC JOURNEY 〜隠れた名盤・名曲を探せ〜



My Body Keeps Changing My Mind / Karen Carpenter

リスナーのみなさんから、隠れた名盤・名曲を教えていただくコーナー。

弓木:今週はカレン・カーペンターのソロアルバム『遠い初恋』から。「レコード会社や兄のリチャードの微妙な反応を見たカレン自身が発売を見送り、発売されたのはカレンの死去から13年半後。カーペンターズの時とは、ひと味違う彼女を楽しめる名盤」だそうです。

堀込:カレン・カーペンターのソロがあったんですね。

弓木:むちゃくちゃ興味あります!

堀込:カレン・カーペンターは、兄のリチャードと兄妹デュオ、カーペンターズとして1969年デビュー。1983年、32歳の若さでこの世を去りました。アルバム『遠い初恋』は1979年から80年にかけてニューヨークで録音され、1996年に初めて日米でリリースされた、唯一のソロ・アルバム。プロデュースは、フィル・ラモーン。この人は、ビリー・ジョエル、ポール・サイモン、アート・ガーファンクル、ボブ・ディランなどの大物を担当してます。カーペンターズはどうですか?

弓木:大好きですねー。

堀込:僕も好きだね。あまりに好きだと、話すことも意外とないという……(笑)

弓木:カレンって、すごくドラムがうまいですよね。

堀込:僕はちゃんと見たことがない。録音されたドラムは、ハル・ブレインとかのスタジオ・ミュージシャンがやってるし。ちゃんと観てみようかな?

弓木:(聴いてみて……)びっくり! バラードかと勝手に思ってました(笑)

堀込:意外だったね。8ビートを勝手に思い浮かべてた。これがボツなんだ。完成度は高くて、良さそうな気がしたけど。

弓木:いい曲でした。

堀込:来月、カーペンターズのヒット曲に、リチャードが指揮したロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団のオーケストラ・サウンドを加えて収録した最新アルバムがリリースされます。『カーペンターズ・ウィズ・ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団』!






最新プレイリストから



Carried Away / H.E.R

堀込:この曲はラジオで聴いて、いいなと思いました。H.E.Rは女性シンガー。本名はガビ・ウィルソン。音楽一家に育ち、3歳の頃からいくつもの楽器を弾きこなしていた彼女。作詞作曲は5歳の頃にスタートさせ、9歳で芸能活動を始め、13歳の時には、大きなステージでパフォーマンス。アリシア・キーズの再来!と注目されている新人。

弓木:ギターのリフもかっこいいですね。

堀込:ちょっと思いつかない感じだよね。

弓木:高樹さんが弾きながら歌ってるところを想像できましたよ。

堀込:弾きながら歌えないよ、あれ……。

弓木:歌えますよ!

堀込:弓木ちゃん、けっこう弾きながら歌ってるでしょ。あんな風にできないよ。

弓木:……めっちゃ練習してます!

堀込:練習が足りないんだよ、お前は!って言われた気が(笑) 俺もめっちゃ練習すればいいかな……。

弓木:いやいや、違います!(笑)





Befor the Party 〜週末に向けて最新曲チェック〜



With The Love In My Heart / Jacob Collier, Metropole Orkest&Jules Buckley

週末パーティのBGMにぴったりな(!?)、最新曲をチェックするこのコーナー。番組がセレクトした2つの曲名とアーティスト名などから、インスピレーションで聴いてみたい曲を二人が協議。チョイス!

堀込:今週のラインナップは……ジェイコブ・コリアーの『With the Love in My Heart』と、ベニー・シングスの『Passionfruit』の2曲。ベニー・シングスはわかるからね。

弓木:曲を知ってますからね。

堀込:今週はジェイコブ・コリアー! ……エラい曲だね(笑) どうやって作るんだろう。

弓木:何が何だか、ちょっとよくわからない……(笑)

堀込:一回聴いただけだと、構成がよくわからないね。面白かった。場所々々で、それぞれのパートごとに録っていくのかな。生楽器が多いわけでもなく。生楽器に聞こえてるけれど、打ち込みっぽい音色だったよね。

弓木:ちょっと、マイケル・ジャクソンっぽいところがありましたね。

堀込:あったね! デンデンデケデンデン……ってところでしょ?(笑)







現在、愛知・岐阜・三重のTSUTAYA各店では、
「東海ラジオ×TSUTAYA LIFE STYLE MUSIC 929」のパーソナリティの楽曲を
音楽レンタルコーナーにて特集しています!
是非、お近くのTSUTAYAでチェックしてみて下さい!




☆KIRINJI ワーナー/コロンビア時代の企画アルバム発売中!


キリンジ Melancholy Mellow I -甘い憂鬱- 19982002(LIMITED EDITON)〈LP重量盤〉


キリンジ Melancholy Mellow II -甘い憂鬱- 2003 2013(LIMITED EDITION)


キリンジ Melancholy Mellow I -甘い憂鬱- 19982002


キリンジ Melancholy Mellow II -甘い憂鬱- 20032013


詳細はこちら。
KIRINJI - NATURAL FOUNDATION LLC



アルバム連動企画として、ショートムービー『melancholy mellow』公開中です。映画監督で写真家の枝優花さんが、オリジナル脚本を執筆。ジャケット写真に登場している、古川琴音さんと安藤ニコさんが主人公。

〈予告編〉


〈前編〉


〈後編〉



☆KIRINJI - <キリンジ>「LIVE at BUDOKAN~KIRINJI 20th Anniv. Special Package~」DVD・BD、12/5リリース!



詳細はこちら!
KIRINJI - NATURAL FOUNDATION LLC



☆堀込高樹、原田知世の作詞。畠山美由紀の作詞作曲を担当!


原田知世『L'Heure Bleue』


畠山美由紀『Wayfarer』


原田知世さんの発売中のNewアルバム『L'Heure Bleue』に収録されている『風邪の薬』の作詞を、堀込高樹が担当! さらに、12/14にリリースされる畠山美由紀さんのNewアルバム『Wayfarer』には作詞作曲した『唇には歌を』。作曲を担当した『二人の出来事』の2曲が収録。


KIRINJI - NATURAL FOUNDATION LLC







番組では、各コーナー宛のメッセージを募集しています!

★『MUSIC JOURNEY 〜隠れた名盤・名曲を探せ〜』コーナー
→「実は、こんな名盤があるんですけど、聴いたことありますか?」「このアルバム、あまり人気がないけど、こんな名曲が収録されています!」といった隠れた名盤・名曲を、教えてください!


★『日々是勉強 〜これ知ってますか?〜』コーナー
→みなさんの「今、周囲で流行っているもの」「最新の〇〇」といった情報を送ってください!


★『叱って!!!! 高樹さん!!!!』
→みなさんの『今週やらかしてしまったエピソード』を送ってください! 堀込高樹が、きっちり叱ります!


そのほか、堀込高樹と弓木英梨乃の二人に聞いてみたいこと、やって欲しいこと、相談したいこと、日々のあれこれ、リクエスト、コーナー案など何でもOKデス! 気軽に送って下さい。

krj@tokairadio.co.jpまで。








<SONG LIST>をプレイバック!!!

11月29日(木)OA
M1. 冬来たりなば / 堀込高樹
M2. My Body Keeps Changing My Mind / Karen Carpenter
M3. Carried Away / H.E.R
M4. With The Love In My Heart / Jacob Collier,  Metropole Orkest&Jules Buckley
M5. silver girl / KIRINJI

11月27日(火)キャスハさん?カンバさん?幹葉です♪ 幹葉(スピラ・スピカ)


 

 

☆今週のみきはいく☆

 

お母さん、

頼むわ今日も、

送ってか~!

 

※「みきはいく」とは、幹葉ちゃんが毎日twitterでツイートしている俳句のことです。

 

 



 

10月から毎週火曜日夜8時からの30分間は、 スピラ・スピカのボーカルの

幹葉ちゃんが担当することになりました!

 

スピラ・スピカとは、、、、 奈良県発の女性Vo.3ピースバンド!

Vo.幹葉、Gt.寺西、Ba.ますだの3人!

今年8月に『スタートダッシュ』でメジャーデビュー!

 

8回目の放送でしたが、1人でも3人分のパワーでお届けしましたよ!

 

今週はこのコーナーでした!!  

 

 

【週刊!スピスピニュース!】  

 

①スピラ・スピカのボーカル幹葉、書いた似顔絵を小学生にしか書けないと褒められる。 

②スピラ・スピカのギター担当の寺西ゆうじのうっかり小ニュース。

 ・柔軟剤を買いに出かけたのに洗剤を買って帰った。

 ・靴がないと思ったら靴箱にあった。

 ・パスタを作るためにお湯を沸かしていたのに忘れてカップ麵を食べた。

③スピラ・スピカのベース担当のますだがライブで鼻血を我慢していた。

 

 

 

 

【ラジオでみきはいく!】  テーマ : 学校

 

・窓の外 桜吹雪と 新入生

・春がきて 桜の下で また出会い

・1限目 終わるとすぐさま 腹が鳴る

★揚げパンの 争奪戦が あったよね

・高校で 出会った人は 妻だった

・窓際の 陽だまりもとめる 昼休み

・通学路 今日はどの道 冒険だ

 

★マークが、今週の優秀作品です!

みなさん、すばらしい作品をたくさんありがとうございました!!!

 

 



 

 

番組では、みなさんからのメッセージを募集しています!

募集しているテーマはこちら!!!

 

 

 ★毎週テーマを決めて俳句を募集!

  幹葉ちゃんが毎日ツイートしている「みきはいく」にちなんで、

  毎週テーマを決めて俳句を募集します!募集中のテーマは「誕生日」です!

 

 ★幹葉の作曲家への道!

  幹葉ちゃんが担当する半年間で初めての作曲に挑戦します!

 「人と人との繋がり」をテーマに、歌詞を募集中ですので、

  歌詞に入れてほしい、言葉、フレーズを送って下さい!

 

 ★幹葉おねえさんのえかきうたコーナー!

  幹葉ちゃんが作ったえかきうたを聴いてみなさんに絵を描いていただいて、

  正解が何だったかを当てていただきます!

  次回のえかきうたもお楽しみに!

 

 

全てのあて先は、メールアドレス spispi@tokairadio.co.jp です!

 

 

*****************************************************************************

 

★本日のOA曲

①スタートダッシュ / スピラ・スピカ

harmonized finale / UNISON SQUARE GARDEN

③U+2641 / スピラ・スピカ

 

******************************************************************************

 

 

愛知・岐阜・三重のTSUTAYA各店では、

東海ラジオ×TSUTAYA LIFE STYLE MUSIC929の

パーソナリティの楽曲を音楽レンタルコーナーにて特集しています!

是非、お近くのTSUTAYAでチェックしてみて下さい!

 

 

★スピラ・スピカ オフィシャルサイト★

http://spiraspica.com/

 

 

 

 

第7回:RCサクセション特集! 増子直純(怒髪天)

今宵も、絶好調でお届けした怒髪天ヴォーカル・増子直純の『TOKAIRADIO x TSUTAYA LIFESTYLE MUSIC 929』!お聴き頂いた皆さん、有難うございました!



先月10月から始まった『一揆一友TOUR ~権べ&田吾~』も年内の公演は終了で、最近は、もっぱら自宅でゲーム三昧だそうです。年内は、12月8&9日、京都・磔磔での自主企画や、大晦日の長野でのライブ&トークイベントを行う予定。名古屋でのライブは来年2019年1月13日(日)矢場町の ReNY limitedですので、是非、怒髪天のライブを体感して下さい!

さて、先週は『パンク&ハードコア』特集をお届けしましたが、今週は、増子兄ィ曰く『一番影響を受けたといっても過言ではない』というロックバンド・RCサクセションの特集をお届けしました~。まずは、83年リリースのアルバム『OK』に収録のレゲエナンバー『お墓』。この曲を聴いた当時、ハートブレイクだった増子少年には、痛いほど沁みる曲だったとか。



続いて、紹介したのが、1982年にシングルとしてリリースされ、その後に出た通算8枚目のアルバム『BEAT POPS』に収録された『サマーツアー』。当時、RCが良くテレビの歌番組などで歌っているのを観た高校1年生の増子少年は、相当ヤラれていたとの事。



『収録している楽曲は勿論、ジャケットもカッコイイ!』『この頃は、RCしか聴いていなかった』『RCはずっと全盛期。どの時代の作品を聴いても素晴らしい。』とRC愛全開の兄ィが、次に選曲したのは1980年リリースの名作『PLEASE』から、バンドでカバーする位、大好きな曲『いい事ばかりはありゃしない』。



『ライブツアー中に聴くとタマらない曲!』との紹介でお届けしたのは1981年に出た『BLUE』に収録の『よそ者』。

そして、今週の最後は、忌野清志郎さんが、教授・坂本龍一さんとのコラボした82年リリースの楽曲『い・け・な・いルージュマジック』。兄ィ曰く『俺の大好物のYMOとRCサクセションが合体した、言ってみれば、カツカレー!的な大好きな1曲』www



11月28日 OA楽曲

1)HONKAI / 怒髪天

2)お墓 / RCサクセション

3)サマーツアー / RCサクセション

4)いい事ばかりはありゃしない / RCサクセション

5)よそ者 / RCサクセション

6)い・け・な・いルージュマジック / 忌野清志郎+坂本龍一



怒髪天 プロフィール:増子直純(怒髪天)・・・4人組のロックバンド・怒髪天のヴォーカル。怒髪天は、1984年札幌で結成。88年に今のメンバーに(ギター:上原子友康 ベース:清水泰次 ドラム:坂詰克彦)91年にメジャーデビュー!途中、少し休みなどとって、1999年から再始動。その後、今のレーベルと契約し、結成30周年の2014年には日本武道館でワンマンライブ。今年の夏には、アルバム『夷曲一揆』をリリース。来年2019年に結成35周年を迎えるメンバー全員50代で走り続けるロックバンド。

怒髪天ライブ情報:東海地区でのライブは・・・来年、2019年1月13日(日)名古屋・矢場町の ReNY limited 又、ツアーファイナルは、来年1月26日、土曜日、東京・お台場のゼップ・ダイバーシティ・トーキョーで開催!

その他、怒髪天に関する情報はオフィシャルHPをご覧下さい!



番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!番組では、ラジオを聴いてくれている皆んなからのメッセージ、曲のリクエスト、相談事、嬉しかったこと、悲しかったことなど、何でもOK!番組のメールアドレスは、anii@tokairadio.co.jp 

★現在、愛知・岐阜・三重のTSUTAYA各店では、東海ラジオ TSUTAYA LIFESTYLE MUSIC 929のパーソナリティの楽曲を音楽レンタルコーナーにて特集しています!是非、お近くのTSUTAYAでチェックしてみて下さい!

歌川たいじさんがやって来た! 黒沢 薫(ゴスペラーズ)

今週は、ゲストが登場! ゴスペラーズの楽曲「Seven Seas Journey」が主題歌になっている映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の原作者・歌川たいじさん。



ご自身の過去を綴った自伝コミックエッセーの映画化。実話です。

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』



黒沢 薫:現在公開中の映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」。まずはこの作品について、改めてご紹介しましょう。

主人公は、美しい母:光子が大好きなタイジ。しかし光子は暴力を振るい、9歳の時、タイジは児童保護施設に入れられてしまう。その後、両親の離婚を機に再び姉と共に暮らし始めるものの、光子から心と体を虐待され、17歳で家出。空虚な毎日を過ごす中、幼い頃から心の支えだった「婆ちゃん」と再会。一流企業に就職したタイジは、友人も出来、再び光子と向き合う決意をする。そんな中、光子と久しぶりに会ったことから、2人の距離は変化して行くが……。

監督は御法川修さん。タイジ役はブレイク中の太賀さん。母・光子役は吉田羊さん。太賀さんが自分の役を演じると知った時はどうでしたか?

歌川たいじ:私、何の実績もない作家なのに、キャスティングのブレストにお邪魔して。「あの人やだ、この人やだ」ってブーブー言って(笑) でも「太賀でどう?」聞いた時に「逃さないで!」「絶対太賀にして!」と。前々からリスペクトしている表現者のひとりでして。太賀くんなら何の心配もない。太賀くんは「大変ですよ、この役」って言ってました(笑)

黒沢:今、テレビでブレイクしてますからね。その役とは全然違いますもんね。

歌川:面白いですけどね(笑)

黒沢:吉田羊さんもキャスティングに参加されたそうで。

歌川:母役はヒールなので、やってもらえる人がいるのかな?と思っていたところに、吉田羊さんがやってくださるとのことで「願ってもないこと!」と。

黒沢:吉田羊さんは、たいじさんと実際にお話をして、お母さんのことを探ったと言ってました。詳細に聞かれたんですか?

歌川:その時に私の相方の『ツレちゃん』を連れていったんですが、お茶を倒して吉田さんにぶっかけそうになったり、涙を浮かべて自分に話を延々とし出したり……。

黒沢:……たいじさんの話と関係ないですよね?(笑)

歌川:「今日、撮れ高ありましたか?」と、ちょっと心配になりました(笑)

黒沢:鬼気迫るお母さん役ですよね。一番怖かったのは、ママ友に詰めていくシーン。「あなたがそういうことすると、和が乱れるんですよね」と笑顔で言う。男なので、ああいうのが一番怖い(笑)

歌川:現実はもっと激しかったんです。子どもの頃、ママ友にビンタを入れているところを見ちゃって……(笑) 大ショックでした。

黒沢:でも、常に取り巻きの人がいる感じ。支配力がある方なんですね。

歌川:そうなんです。外堀を埋めてあるんです。ビンタを入れる時は(笑) 恐ろしかったです! 子どもの僕が、とても歯が立つ相手じゃない。

黒沢:完全に、操られるしかない。「僕が悪いに違いない」ってなりますよね。

歌川:なっちゃいました!

黒沢:リスナーからの質問「映画の主題歌、ゴスペラーズの『Seven Seas Journey』は書き下ろしだそうですが、主題歌を決める際、歌川さんもいくつかの候補の中から選ばれたのですか??」

歌川:私は選んでないんです、実は。

黒沢:監督の御法川修さんとスタッフですね。

歌川:私は『Seven Seas Journey』以外の曲は聴いてないんです。ゴスペラーズのメンバーの方が、それぞれ一曲づつ作ってくださったと聞いて驚いて。

黒沢:我々、毎回コンペなんです。バトルなんです。たいへんなのは、映画会社や監督さん。どっちも80点だった場合。どっちもピンとこない場合。どうすんだろう?って。



歌川たいじさんのブログ『♂♂ ゲイです、ほぼ夫婦です Powered by ライブドアブログ』





たいじと薫子の部屋❀❀❀



たいじさんは、会社員時代に、ゲイであることをカミングアウト。テレビ番組出演や、NGO団体への協力など、さまざまな活動を通して、同性愛者の人権や生活情報などの発信をされていらっしゃいます。


〈今週の迷える子羊〉
私は、恋愛対象として男性を見ることができません。今までお付き合いしてきた方は同姓です。ソウルメイトと呼び合っていた彼女がいましたが、小学校時代の同級生の男子と結婚してしまいました。「ずっと一緒にいようね」と言っていたのに口だけの関係だったのか……。本当は彼女の新たな角出を祝福してあげるべきですが、どうしてもそのひと言が言えません。私の想いが重すぎて重荷になっていたからでしょうか。これからどう立ち振る舞っていけば良いですか?


〈たいじと薫子からのメッセージ〉

薫子:これは、たいじ案件ヨ!♥♥

たいじ:女子の同姓愛の方がこういうことが起きやすいんですよね。女子の方が、その辺がふわふわしているんです。女子なのか男子なのか……。重荷かどうかを考えなくてよくて、彼女が自然と変わっていっただけなんですヨ。

薫子:なるほど。

たいじ:私が思うに……男女の恋愛でもそうですが、一点にキューっ!と世界を狭くしちゃうと、こういう風に思い詰めちゃう。男女のカップルでも自然に離れることもあるじゃない? だから、この人だけ!というよりも、もうちょっとふわっと「二番目に好きなの誰かな?」「この子もいいな」とちょっと世界を広げてみたら、そんなに辛くならないんじゃないかな?

薫子:LGBTだからこその、やっと見つけた人を離したくないという気持ちもあったのかも。

たいじ:いろんな人がいるけど、彼女はそういうタイプだと思う。二丁目の、そういうお店に私が放り込んであげてもよろしくてヨ♥♥(笑)





現在、愛知・岐阜・三重のTSUTAYA各店では、
「東海ラジオ×TSUTAYA LIFE STYLE MUSIC 929」のパーソナリティの楽曲を
音楽レンタルコーナーにて特集しています!
ぜひ、お近くのTSUTAYAでチェックしてみて下さい!





☆黒沢 薫が、愛知の喫茶店チェーン「カフェヨシノ」とコボレーション!

オリジナルカレーの提供が決定。提供期間やお店などの詳細は、今後の番組内で発表していきます。どんなメニューがいいのか!? みなさん、ぜひアイデアを送ってください!
kuro@tokairadio.co.jpまで。


☆番組では、みなさんからのメールを募集しています!

・カレーに関することなら何でもあり「我がカレー道」コーナー
・お悩み相談室「薫子の部屋」コーナー

その他、番組でやって欲しいこと、黒沢 薫に話したい事、質問、普通のお便り……など何でもOKですので、番組までお送り下さい。kuro@tokairadio.co.jpまで。

☆Twitterで、番組の感想をつぶやいてください! ハッシュタグは…… #kuro929








☆「日本橋Style Vol.11 Year-End Party」に黒沢 薫が出演!

12月29日(土) 日本橋三井ホールで行われる「日本橋Style Vol.11 Year-End Party」に出演します!

出演:黒沢 薫/K/Unlimited tone/竹本健一/JONTE
Opening Act:NEIGHBORS COMPLAIN

詳細はこちら
unlimitedtone.jp/live/2018/12/3721/



☆ゴスペラーズ、ニューアルバム「What The World Needs Now」発売中!



【通常盤】¥3,000+税 KSCL-3093
【初回生産限定盤】¥3,500+税 KSCL-3091 ~ KSCL-3092
【完全生産限定盤/アナログ盤】¥4,000+税 KSJL-6203


☆36都市40公演! ゴスペラーズ、全国ツアー中!

Newアルバム「What The World Needs Now」を引っさげた全国ツアー「ゴスペラーズ坂ツアー2018~2019 “What The World Needs Now”」チケット発売中。
www.gospellers.tv/free/news/details?kd=LIVE&id=2127


ゴスペラーズ オフィシャルサイト Gostudio




<SONG LIST>をプレイバック!!!

11月23日(金)OA
M1. In This Room / ゴスペラーズ
M2. Again feat.黒沢 薫 / K
M3. Seven Seas Journey / ゴスペラーズ
M4. 暁 / ゴスペラーズ

新コーナー、早くも迷走中!? KIRINJI

堀込高樹:明日11月23日は、勤労感謝の日。お休みですよ。

弓木英梨乃:誰に感謝するんですかね?

堀込:お互いに感謝ってことじゃないですか?

弓木:普段、仕事をしているとスタッフのみなさんがすごいと思いますね。照明さん、音響さん、大道具さん……。

堀込:確かに。我々よりも早く現場に入って、後に出るからね。かなりの拘束時間。

弓木:すごいですよね。

堀込:俺はインフラ関係の人に感謝かな。水道、電気、ガス。あと、銀行。みずほ銀行はこの何ヶ月か、月に3日くらいATMが使えない。困る!って怒りつつ、ありがたい。どっかで誰かが管理してくれてる!






MUSIC JOURNEY 〜隠れた名盤・名曲を探せ〜



Clark『Ted (Bibio Remix)』

リスナーのみなさんから、隠れた名盤・名曲を教えていただくコーナー。

弓木:今週ご紹介するのは、クラーク(Clark)の『Ted (Bibio Remix)』という曲。「オリジナルの、電子音が混沌の渦を巻く雰囲気とはかなり違う。ギター弾きのエレクトロニカ・アーティスト、ビビオ(Bibio)ならではリミックス」だそうです。

堀込:クラークは、イギリスのエレクトロ系ミュージシャンでDJ、音楽プロデューサー。2000年頃から活動をスタートさせ、2001年にWARPよりデビュー。様々なビートを駆使して、さらにライブでは生ドラムを使うなど、独自のサウンドを展開させ、注目を集めている……そうです。

弓木:ふーん。

堀込:リミキサーのビビオは、美しいメロディと、どこか懐かしく温かみのあるサウンドが特徴のフォークトロニカ・アーティスト。クラークも大ファンであることを公言。

弓木:(聴いてみて……)なんかサントラみたい!

堀込:シンプルだけど、真ん中で鳴ってるテープっぽいギターと最後のギターで違う処理がされていて、聴き飽きない。途中で曲も大きく展開するけど、音が濁ってるけどきれいな感じがして面白かった。

弓木:隠れた名曲ですね。

堀込:どうリミックスしたのか、オリジナルが気になるね!






最新プレイリストから



Freelance / Toro Y Moi

堀込:トロ・イ・モアはアフリカ系の父とアジア系の母を持つ、チャズ・バンディックのソロ・プロジェクト。来年1月にリリースされるニューアルバム『Outer Peace』からの先行曲。何で知ったんだっけ……YouTubeかな? アルバムを何枚か持っていて。今回もクールでかっこいいですよ。

弓木:かっこいいですね。

堀込:他の曲はポップだったり、ソウル、AORっぽい雰囲気があったり。

弓木:なんか面白かったですね。

堀込:音の重ね方とかね!





Befor the Party 〜週末に向けて最新曲チェック〜



Georgia Anne Muldrow『Overload』

週末パーティのBGMにぴったりな(!?)、最新曲をチェックするこのコーナー。番組がセレクトした2つの曲名とアーティスト名などから、インスピレーションで聴いてみたい曲を二人が協議。チョイス!


堀込:今週のラインナップは……チェリー・グレイザーの『Daddi』と、ジョージア・アン・マルドロウの『Overload』。

チェリー・グレイザーはボーカルと、マルチ・インストゥルメンタリスト、ドラマーの女子2人、男子1人の3人からなる、LAのインディポップ・バンド。ヘヴィーなギターと、どこかヒネくれた歌声で注目される存在。ちなみにデビュー当時は17歳。

ジョージア・アン・マルドロウは、「現代のニーナ・シモン」と称される女性アーティスト。ケンドリック・ラマーやロバート・グラスパーが絶賛し、最新アルバムのエグゼクティブ・プロデューサーはフライング・ロータス! Stones Throwからデビューし、この度、Brainfeederに移籍。

弓木:知ってますか?

堀込:ケンドリック・ラマーやロバート・グラスパー、フライング・ロータスはちょいちょい聴いてます。ニーナ・シモンも好き。だから今日はジョージア・アン・マルドロウだね(笑) 気になる。

弓木:(聴いてみて)……おしゃれですね(笑)

堀込:そうね。やっぱそういう感じか(笑) 予想した感じだったね。好きですよ。普通に聴きます!





叱って!!!! 高樹さん!!!!




弓木:リスナーからのメッセージ! 「妄想しています。堀込高樹様にギターのピックで手の甲をグイグイされたりとか、ダブネックギターをたくさん持たされてヒーヒー笑われたり……。仕事が忙しくなるほどに妄想がひどくなります。『妄想ばっかしてんじゃねー。さっさと仕事終わらせな!』と言って元気づけてください」だそうです。

堀込:………………言えばいいの?(笑)

弓木:高樹さんが、これは叱らなきゃ!と思った時ですよね。

堀込:そう思うとなかなか叱れない。だから考え直したんです。とりあえず頑張って叱ろう、と。そんなに腹も立たないし、どうでも良いと思うことでも叱っていった方が良いのかな。そうしないとコーナーが成立しないような……(苦笑)

弓木:ただの相談コーナーになっちゃいますもんね。

堀込:じゃあ言うか……妄想ばっかしてんじゃねー。さっさと仕事終わらせな! ……みたいな感じ!?(苦笑)

弓木:言ってほしいセリフを、みなさん書いて送ってくださいね! krj@tokairadio.co.jpまで。

堀込:俺が言いたくないことだってあるからね。

弓木:それを、このラジオなら叶えてくれるんです!(笑)

堀込:無理して叱らないと成立しないね。

弓木:無理やり叱る方向が良いかも!?

堀込:何でもないメッセージなんだけど、無理やり叱るとかね(笑)


なかなか難しいなぁあ〜






☆KIRINJI ワーナー/コロンビア時代の企画アルバム発売中!


キリンジ Melancholy Mellow I -甘い憂鬱- 19982002(LIMITED EDITON)〈LP重量盤〉


キリンジ Melancholy Mellow II -甘い憂鬱- 2003 2013(LIMITED EDITION)


キリンジ Melancholy Mellow I -甘い憂鬱- 19982002


キリンジ Melancholy Mellow II -甘い憂鬱- 20032013


詳細はこちら。
KIRINJI - NATURAL FOUNDATION LLC



アルバム連動企画として、ショートムービー『melancholy mellow』公開中です。映画監督で写真家の枝優花さんが、オリジナル脚本を執筆。ジャケット写真に登場している、古川琴音さんと安藤ニコさんが主人公。

〈予告編〉


〈前編〉


〈後編〉





☆KIRINJI - <キリンジ>「LIVE at BUDOKAN~KIRINJI 20th Anniv. Special Package~」DVD・BD、12/5リリース!



詳細はこちら!
KIRINJI - NATURAL FOUNDATION LLC








現在、愛知・岐阜・三重のTSUTAYA各店では、
「東海ラジオ×TSUTAYA LIFE STYLE MUSIC 929」のパーソナリティの楽曲を
音楽レンタルコーナーにて特集しています!
是非、お近くのTSUTAYAでチェックしてみて下さい!



☆『KIRINJI 20th Anniv × mona records KIRINJI CAFE CHRONICLE "19982018"』開催中! 期間延長!

1998年のデビューから2018年までのMUSIC VIDEOやライブ映像の数々を店内上映、またアーティスト写真、ポスター、スクラップなども展示。KIRINJIオリジナルグッズの購入から20h記念のオリジナルメニューも味わえる期間限定KIRINJIカフェ。

期間:11/2(金)~11/28(水)
時間:平日12:00~24:00 土日11:30~24:00(ラストオーダー23:00)
場所:monarecords おんがく食堂
   〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-13-5 伊奈ビル2F
   TEL: 03-5787-3326 FAX: 03-5787-3327
http://www.mona-records.com/news/2018/10/news_10191512.php







番組では、各コーナー宛のメッセージを募集しています!

★『MUSIC JOURNEY 〜隠れた名盤・名曲を探せ〜』コーナー
→「実は、こんな名盤があるんですけど、聴いたことありますか?」「このアルバム、あまり人気がないけど、こんな名曲が収録されています!」といった隠れた名盤・名曲を、教えてください!


★『日々是勉強 〜これ知ってますか?〜』コーナー
→みなさんの「今、周囲で流行っているもの」「最新の〇〇」といった情報を送ってください!


★『叱って!!!! 高樹さん!!!!』
→みなさんの『今週やらかしてしまったエピソード』を送ってください! 堀込高樹が、きっちり叱ります!


そのほか、堀込高樹と弓木英梨乃の二人に聞いてみたいこと、やって欲しいこと、相談したいこと、日々のあれこれ、リクエスト、コーナー案など何でもOKデス! 気軽に送って下さい。

krj@tokairadio.co.jpまで。








<SONG LIST>をプレイバック!!!

11月22日(木)OA
M1. AIの逃避行 Feat. Charisma.com / KIRINJI
M2. Ted (Bibio Remix) / Clark
M3. Freelance / Toro Y Moi
M4. Overload / Georgia Anne Muldrow
M5. 明日こそは / It's not over yet / KIRINJI