LIFESTYLE MUSIC 929

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

2018年が終わってしまいます! KIRINJI

堀込高樹:2018年も残すところ4日!

弓木英梨乃:今年も、お疲れさまでした!

堀込:KIRINJIとしては、ライブの本数はそんなに多くはなかったけれど、20周年のイベントやツアーもやったし。充実してたのでは?

弓木:12月は……正月にゴロゴロするためにがんばってきた感じがあります!

堀込:正月のゴロゴロは、けっこう苦手。もういいや、って思っちゃう。

弓木:えぇぇぇ〜〜〜〜〜っ!(笑)

堀込:日頃から、わりとゴロゴロしてるからね。自分で好きな時間に曲を作ったりしてるし。

弓木:そうですね。あまり変わらないか……。

堀込:でも、正月にテレビで漫才をダラダラ見るのは楽しいね。ずっとやってるじゃん。ナイツとか大好きだもん……(笑) ふだんテレビに出ない、浅草の演芸場にしか出ないレアな人を見るのが楽しい。




MUSIC JOURNEY 〜隠れた名盤・名曲を探せ〜



ゴダイゴ『レッド・シャポー』

リスナーのみなさんから、隠れた名盤・名曲を教えていただくコーナー。

弓木:「『レッド・シャポー』はCMで使われる一瞬までの前振りが濃く、遊び心を感じます。高樹さん世代には『この雰囲気、どこかで聞いたことがある!』というモヤモヤが、曲の最後で完璧に解消される気持ち良さを味わってほしいです」ということです。

堀込:ゴダイゴは、言わずと知れた日本のロック / プログレバンドの代表格の1つ。1975年、ミッキー吉野さんを中心に結成され、翌年デビュー。「ガンダーラ」、「モンキー・マジック」、「ビューティフル・ネーム」、「銀河鉄道999」など、大ヒット曲多数。『CMソング・グラフィティ』は、1978年にリリースされたゴダイゴが提供したCMソング集の第一弾。

弓木:CMソングでアルバムができちゃうんですね!

堀込:弓木ちゃん、ゴダイゴは?

弓木:20代前半、タケカワユキヒデさんの娘さんの武川アイちゃんとユニットをやってたんです。ゴダイゴのイベントに一緒に出させてもらったり。『銀河鉄道999』を一緒にやりました。

堀込:すごい芸歴があるね!

弓木:曲をたくさん知ってるわけではないですけど。

堀込:ゴダイゴは、一時期『ザ・ベストテン』にずっと出ていて。毎週生演奏なのが、小学生ながら楽しみだった。あと、外国人メンバーが二人いてかっこよかった。

ミッキー吉野さんは、もろ日本人だけれど『ミッキー』って……こう見えてハーフなのかな?と思ったり。タケカワさんも英語で歌うから帰国子女なのかな?とも思ったり。普通のバンドと違うけれど、曲はキャッチー。

弓木:(聴いてみて)……あははは(笑)

堀込:味の素のことだったんだね(笑) フタが赤いってことです。初めて聴いた。演奏が生々しいね。もっと売れてからは洗練されていたので。







提供曲



原田知世「風邪の薬」

堀込:今年も、ちょこちょこと楽曲提供させていただきました。先月末にリリースされた、原田知世さんのニューアルバム『L'Heure Bleue(ルール・ブルー)』収録の曲『風邪の薬』では、作詞を担当。

原田知世さんは女優さんですが、女優が演じているようなイメージで詞を書いてと依頼されたんです。ストーリーを感じさせるようなものを、ということで。メロディーの分量が少ないので、お話っぽくするするのはなかなか難しかったですね。子どもの時、風邪をひいた時の不安な感じを大人の私が今思い出して……みたいな詞です。





Befor the Party 〜週末に向けて最新曲チェック〜



Khruangbin『Evan Finds the Third Room』

週末パーティのBGMにぴったりな(!?)、最新曲をチェックするこのコーナー。番組がセレクトした2つの曲名とアーティスト名などから、インスピレーションで聴いてみたい曲を二人が協議。チョイス!

堀込:今週のラインナップは……Hippo Campus(ヒッポー・キャンパス)の『Bambi』。アメリカ・ミネソタで、高校の同級生4人が結成したインディーポップ・バンド。2014年にリリースしたデビューEPが話題になり、その翌年には音楽フェスで引っ張りだこ。シンセとドラム・マシンを取り入れた、ポップで美しいメロディー。

もう一曲は、Khruangbin(クルアンビン)の『2 Evan Finds the Third Room』。アメリカ・テキサス出身の3人組。60〜70年代のタイ音楽や東南アジアのポップ・ミュージックに影響を受けたメロウでエキゾなソウル〜ファンク・サウンドが話題になり音楽フェスで引っ張りだこ。ディープ・チルでオーガニックなグルーヴが魅力。音楽フェスで引っ張りだこなバンドの対決!

弓木:ミネソタかテキサスか……(笑)

堀込:僕はKhruangbinの『60〜70年代のタイ音楽や東南アジアのポップ・ミュージックに影響を受けた』というのが気になるね。ただ、サンプリングだったら嫌だな、っていう……。弓木ちゃんは?

弓木:今回は難しいですね。

堀込:いつも難しいんじゃないの?(笑) じゃあ、今回はKhruangbinで。



堀込:(聴いてみて)……そんなにエキゾチックじゃなかったね(笑) 普通のセッション。

弓木:そうですね。タイってことを忘れちゃった(笑)

堀込:レロレロやってるギターがペンタトニック(スケール)だったから、それがエキゾってことなのかな?




来年もよろしくお願いします!





現在、愛知・岐阜・三重のTSUTAYA各店では、
「東海ラジオ×TSUTAYA LIFE STYLE MUSIC 929」のパーソナリティの楽曲を
音楽レンタルコーナーにて特集しています!
是非、お近くのTSUTAYAでチェックしてみて下さい!




☆KIRINJI ワーナー/コロンビア時代の企画アルバム発売中!


Melancholy Mellow I -甘い憂鬱- 19982002


Melancholy Mellow II -甘い憂鬱- 20032013


詳細はこちら。
KIRINJI - NATURAL FOUNDATION LLC



アルバム連動企画として、ショートムービー『melancholy mellow』公開中です。映画監督で写真家の枝優花さんが、オリジナル脚本を執筆。ジャケット写真に登場している、古川琴音さんと安藤ニコさんが主人公。

〈予告編〉


〈前編〉


〈後編〉



☆KIRINJI - <キリンジ>「LIVE at BUDOKAN~KIRINJI 20th Anniv. Special Package~」DVD・BD、発売中!





KIRINJI - NATURAL FOUNDATION LLC







番組では、各コーナー宛のメッセージを募集しています!

★『MUSIC JOURNEY 〜隠れた名盤・名曲を探せ〜』コーナー
→「実は、こんな名盤があるんですけど、聴いたことありますか?」「このアルバム、あまり人気がないけど、こんな名曲が収録されています!」といった隠れた名盤・名曲を、教えてください!


★『日々是勉強 〜これ知ってますか?〜』コーナー
→みなさんの「今、周囲で流行っているもの」「最新の〇〇」といった情報を送ってください!


★『叱って!!!! 高樹さん!!!!』
→みなさんの『今週やらかしてしまったエピソード』を送ってください! 堀込高樹が、きっちり叱ります!


そのほか、堀込高樹と弓木英梨乃の二人に聞いてみたいこと、やって欲しいこと、相談したいこと、日々のあれこれ、リクエスト、コーナー案など何でもOKデス! 気軽に送って下さい。

krj@tokairadio.co.jpまで。








<SONG LIST>をプレイバック!!!

12月27日(木)OA
M1. 雪んこ / 堀込高樹
M2. レッド・シャポー / ゴダイゴ
M3. 風邪の薬 / 原田知世
M4. Evan Finds the Third Room / Khruangbin
M5. 悪夢を見るチーズ / KIRINJI

第11回:サヨナラ2018! 増子直純(怒髪天)

早いもので、2018年最後の放送となった怒髪天ヴォーカル・増子直純の『TOKAIRADIO x TSUTAYA LIFESTYLE MUSIC 929』。今宵は番組史上初のゲストが登場しました!その方は・・・坂さんこと、怒髪天のドラム・坂詰克彦!



今年最後の放送なので、今夜は2018年をドラムの坂さんと振り返ってみました。選曲のお題は『俺のベスト オブ 2018』。普段の放送と違い、話し相手の坂さんがいることもあって、曲についてアレコレ語らず、坂さんをイヂりながらの放送にwww

 

1曲目は、兄ィが好きなアメリカ西海岸が生んだ最狂バンド、ザ・ドアーズの『Not to Touch the Earth(邦題:大地に触れずに) 』(1968年リリースのサードアルバム『Waiting for the Sun(太陽を待ちながら)』に収録。)

そして、続けてお届けしたのが、兄ィが大好きなUKのグループ・The Prodigyが今年11月にドロップしたニューアルバム『No Tourist』に収録の『Need Some1』。MVも凄いので是非、チェックしてみてください~!



続いてお届けしたのは、兄ィが愛してやまない泉谷しげるサンが1996年にリリースしたセルフカバーアルバム『全身全霊 life to soul 』に収録の『土曜の夜君と帰る』。泉谷さんのブログによると『大好きなギタリスト・山口冨士夫さんにギターを弾いて貰った』そうです。この曲、本当にメチャクチャかっこいいので、聴き逃した方は、是非、チェックしてみて下さい。 そして、今年最後にお届けしたのは、兄ィと坂さんのソロユニット・TELEZUMEが合体したユニット、ZUMI-ZUMEの名義でカバーしたこともあるというジョニー・サンダース&ザ・ハートブレイカーズの『Born to Lose』!

12月26日 OA楽曲

1)HONKAI / 怒髪天

2)Not to Touch the Earth  / The Doors

3)Need Some1 / The Prodigy

4)土曜の夜君と帰る / 泉谷しげる

5)Born to Lose/ Johnny Thunders & The Heartbreakers

★今宵は坂さんとの話が盛り上がり、時間の関係で1曲カットになりました(笑)



怒髪天 プロフィール:増子直純(怒髪天)・・・4人組のロックバンド・怒髪天のヴォーカル。怒髪天は、1984年札幌で結成。88年に今のメンバーに(ギター:上原子友康 ベース:清水泰次 ドラム:坂詰克彦)91年にメジャーデビュー!途中、少し休みなどとって、1999年から再始動。その後、今のレーベルと契約し、結成30周年の2014年には日本武道館でワンマンライブ。今年の夏には、アルバム『夷曲一揆』をリリース。来年2019年に結成35周年を迎えるメンバー全員50代で走り続けるロックバンド。

怒髪天ライブ情報:東海地区でのライブは来月1月13日(日)名古屋・矢場町の ReNY limited!ツアーファイナルは、来月末1月26日・土曜日、東京・お台場のZepp DiverCity TOKYOで開催!

その他、怒髪天に関する情報はオフィシャルHPをご覧下さい!



番組では、皆さんからのメッセージをお待ちしています!番組では、ラジオを聴いてくれている皆んなからのメッセージ、曲のリクエスト、相談事、嬉しかったこと、悲しかったことなど、何でもOK!番組のメールアドレスは、anii@tokairadio.co.jp 

★現在、愛知・岐阜・三重のTSUTAYA各店では、東海ラジオ TSUTAYA LIFESTYLE MUSIC 929のパーソナリティの楽曲を音楽レンタルコーナーにて特集しています!是非、お近くのTSUTAYAでチェックしてみて下さい!