LIFESTYLE MUSIC 929

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

吉岡さん&林さんとソウル放談2018! 黒沢 薫(ゴスペラーズ)

今年ラストの放送ということで、ゲストに音楽評論家の吉岡正晴さん、音楽ライターの林剛さんをお迎えして『ソウル放談 2018』!

3人で今年のR&B、ソウル界について、あれこれ振り返りました。



(You Make Me Feel Like) A Natural Woman [with The Royal Philharmonic Orchestra] / Aretha Franklin



黒沢 薫:今年は亡くなられた方が多かった。アレサ・フランクリンは、ソウルの必修科目ですね。

吉岡 正晴:基礎教養。まず、これを聴かないと話が始まらない。ソウル・シンガーといえば、男性はジェームス・ブラウン。女性はアレサ・フランクリン。

黒沢:二人ともカバーの名手。ジェームス・ブラウンは完全に自分のものになっちゃう。曲によってはわけわからなくなる。アレサは自分の物にするんだけど、曲の骨格は残す。みんな、アレサにカバーされたがった。

林 剛:最後に出したアルバムもカバー集ですね。

吉岡:これは二年前に出たもので、「(You Make Me Feel Like) A Natural Woman」のオリジナルの音源に、ロンドンのロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラがオーケストラをつけて、ゴージャスに。アレサの声だけ抜き出して、バンドやオーケストラの音も全部録り直しています。



If I Could / Nancy Wilson



吉岡:ナンシー・ウィルソンの本籍はジャズだけれど、実はかなりソウル寄り。だからなのか、日本ではソウルファンになかなか受け入れられず、人気が爆発した印象はないです。でも、僕はけっこういいと思う。今の時代にすごくいい感じ。

林:クロスオーバーの魅力を持ったシンガー。

黒沢:今、ゴリゴリのソウルはナンセンスじゃない? そういう意味では、時代を先取りしていた。

吉岡:この曲は、元々はカール・アンダーソンが歌うつもりでデモテープを作ったんです。でもその時、彼はレコードの契約がなく、友人のナンシーに聞かせたら気に入って録音。隠れた名曲です。



Boo'd Up / Ella Mai



林:何年か前から90年代のR&Bがリバイバルしているみたいな話がありますが、それがすごく定着している。今の新しいR&Bのアーティストにとって、スタンダードなものになった。今年はそういう年。

黒沢:不思議でしょうがない。僕らがデビューした頃の音ですからね。

林:例年若干迷うんですが、今年のこの1曲はズバッと言える。エラ・メイの『Boo'd Up』。エラ・メイのデビューアルバムの国内盤ライナーノーツで、松尾 潔さんと対談してます。



How Deep Is Your Love (Live) / PJ Morton



林:ニューオリンズのシンガーソングライター、PJモートン。去年発売したアルバム『Gumbo』が、グラミー賞二部門にノミネートされました。ニューヨークの名スタジオ、パワーステーションで録音したスタジオライヴ作品『Gumbo Unplugged』から。『サタデー・ナイト・フィーバー』のサントラにも入っていた、ビー・ジーズのカバーです。



LOOP / SIRUP



黒沢:ここ1〜2年で、ソウル、R&B、ヒップポップがクロスオーバーしたことにより、日本人アーティストがその雰囲気をやっとつかみつつある状態。いわゆるメインストリームの人、歌がうまいんだけどアンダーグラウンドな人、そしてラッパー。ちょっと前までは独立していた3つの流れがまとまってきた。

メインストリームじゃないところの動きが面白い。筆頭は向井太一くん。一番良いと思ったのは、大阪出身のシンガーソングライター、KYOtaroによるユニット、SIRUP。彼は元々リズム感が異常に良い。で、歌がうまい。そこが、今のヒップポップとR&Bシーンの架け橋になってるような他のアーティストと全然違うところ。



Money (That’s What I Want) feat. Awkwafina / Cheryl K



黒沢:『ブラックパンサー』、『グレイテスト・ショーマン』、『リメンバー・ミー』、『クレイジー・リッチ!(原題:Crazy Rich Asians)』、『ヴェノム』……今年はマイノリティにスポットをあてた映画が多かった。トランプ大統領の影響。逆張り。

『クレイジー・リッチ!』はキャストが全員アジア人。韓国人が狂言回しで出てくるんですが、彼女はラッパー。歌を聴いて、最初は黒人か黒人に憧れているソウルフルな歌いまわしをしている人かなと思ったんですが、途中で北京語をしゃべり出し……。あとで検索したらアジア人!


この話の続きは、また来週!



みなさん、良いお年を。








黒沢 薫監修『東海Kuroカレー』




この番組『TOKAIRADIO X TSUTAYA LIFESTYLE MUSIC 929』から生まれた『東海Kuroカレー(マサラ酢卵と白菜のアチャール添え)』(黒沢 薫監修)が2019年1月11日金曜日から、愛知県下で14店舗を展開する『カフェヨシノ』にて期間限定で販売スタート!

カフェヨシノ



現在、愛知・岐阜・三重のTSUTAYA各店では、
「東海ラジオ×TSUTAYA LIFE STYLE MUSIC 929」のパーソナリティの楽曲を
音楽レンタルコーナーにて特集しています!
ぜひ、お近くのTSUTAYAでチェックしてみて下さい!





☆番組では、みなさんからのメールを募集しています!

・カレーに関することなら何でもあり「我がカレー道」コーナー
・お悩み相談室「薫子の部屋」コーナー

その他、番組でやって欲しいこと、黒沢 薫に話したい事、質問、普通のお便り……など何でもOKですので、番組までお送り下さい。kuro@tokairadio.co.jpまで。

☆Twitterで、番組の感想をつぶやいてください! ハッシュタグは…… #kuro929







☆ゴスペラーズ25周年イヤー突入!

2019年3月20日、初のトリビュートアルバム発売!
2019年6月22日、23日、ゴスフェス開催!

くわしくは、ゴスペラーズ オフィシャルサイト Gostudioで!


☆ゴスペラーズ、ニューアルバム「What The World Needs Now」発売中!



【通常盤】¥3,000+税 KSCL-3093
【初回生産限定盤】¥3,500+税 KSCL-3091 ~ KSCL-3092
【完全生産限定盤/アナログ盤】¥4,000+税 KSJL-6203


☆36都市40公演! ゴスペラーズ、全国ツアー中!

Newアルバム「What The World Needs Now」を引っさげた全国ツアー「ゴスペラーズ坂ツアー2018~2019 “What The World Needs Now”」チケット発売中。
www.gospellers.tv/free/news/details?kd=LIVE&id=2127


ゴスペラーズ オフィシャルサイト Gostudio




<SONG LIST>をプレイバック!!!

12月28日(金)OA
M1. (You Make Me Feel Like) A Natural Woman [with The Royal Philharmonic Orchestra] / Aretha Franklin
M2. If I Could / Nancy Wilson
M3. Boo'd Up / Ella Mai
M4. How Deep Is Your Love (Live) / PJ Morton
M5. LOOP / SIRUP
M6.  Money (That’s What I Want) feat. Awkwafina  / Cheryl K
M7. Right by you / ゴスペラーズ