LIFESTYLE MUSIC 929

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

平和を愛する酒井雄二がお届けしています 酒井雄二(ゴスペラーズ)

LIFESTYLE MUSIC 929 Friday Edition!

あんこは、つぶ餡か、こし餡か。
本当によく聞かれます。

いーじゃない! おいしければいーじゃない!

つぶ餡が本流で、そこからアナザーバージョンとして「甘栗むいちゃいました」みたいな調子で、きっと「あずきの皮取っちゃいました」こし餡ができたんじゃないかと思うので、本当においしいつぶ餡には勝てないなと思っちゃうんです。

ごめんなさいね、こし餡派の方!

無意な争いを、私は望んでおらぬのだよ……。



〈酒井雄二が聴いてきた曲〉



笑顔の行方 / DREAMS COME TRUE

DREAMS COME TRUEは、1988年1月結成。翌年、1stシングル「あなたに会いたくて」と1stアルバム『DREAMS COME TRUE』という、グループ名と同じタイトルのアルバムでデビュー。ゴスペラーズも同じタイプです。そこからは、数々の作品群を残しています。

高校生の頃、三枚目のアルバム「WONDER 3」が出たタイミングだと思うけれど、たまたまドリカムさんがラジオに出ているのを聴いたわけ。アルバムの曲ひとつひとつ紹介を、非常に素直な心で受け止めた。

リスナー目線で「音楽、面白いかも?」と思いはじめた時期に、ミュージシャン側から飛んできたボールがドリカムさんだった。

それよりもうちょっと前、中学の同級生に誘われて、とある放送局の野外イベントへ行ったんです。永井真理子さん目当てだったのですが、ドリカムさんも出演していました。

当時、恥ずかしながらドリカムさんを存じ上げなかったんですが、会場のみんながじわりじわりと惹きつけられていったんです。

吉田美和さんが「本当にありがとう! 今日はアウェイな感じだったけど、最後にはすごく盛り上がってくれてすごくうれしかった!」みたいなMCをしたら、会場がわーって盛り上がって。俺、なんかジーンとしちゃった。それがコンサートの原体験みたいな。

そんなこともあって、ラジオを聴いた時に「あの時のドリカムさんだ」と思って、以来だんだんと聴くようになった。吉田美和さんはご存知の通り、ボーカルもパフォーマンスも素晴らしい。

女の子の気持ちを歌った曲、対照的に恋愛のどろどろした部分に踏み込んでいくような曲……一曲一曲の聴きどころを、番組の中でミュージシャン目線で語ってました。

当時セガのゲーム「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」が大好きで、その楽曲を中村さんが担当していたんです。俺の好きな方から来られた感覚があった。

「この曲で、私は一夜にして大作曲家としての評価を得られたんです(笑)」
そのようなことを言って、中村正人さんは曲を紹介をしました。一気に注目を集めてうれしかったという意味だと思うんですが。それがこの曲「笑顔の行方」。



ジョージ・ベンソンのアルバム「20/20」


……!?




現在、愛知・岐阜・三重のTSUTAYA各店では、
「東海ラジオ×TSUTAYA LIFE STYLE MUSIC 929」のパーソナリティの楽曲を
音楽レンタルコーナーにて特集しています!
是非、お近くのTSUTAYAでチェックしてみて下さい!

ゴスペラーズ オフィシャルサイト Gostudio



+ + + + + + + + + + + + + + + +

番組では、このブログを見ているアナタから、メールを募集しています!

目指せ! ソロドラヂカラ!!
酒井雄二のドラ力UPのために、ドラゴンズ&野球の「これを知っておけば大丈夫!」という情報をお寄せ下さい!

サカイの車窓から
みなさんがオススメする風景を教えてください!

しったか
「あ〜、それわかるよ!」みなさんの、知ったかぶり話を紹介してください!

見切れのブルース
みなさんの日常で起こった、ちょっと切ない出来事を紹介してください!




その他、番組でやって欲しいこと、酒井雄二に話したい事、質問、フツオタ(普通のお便り)など何でもOKですので、番組までお送り下さい。メアドは、sakai@tokairadio.co.jpまで。


+ + + + + + + + + + + + + + + +

<SONG LIST>をプレイバック!!!

11月10日(金)OA
M1. Nothing Gonna Change My Love For You / George Benson
M2. Knight Rider Main Theme / スチュー・フィリップス
M3. 自動車ショー歌 / 小林旭
M4. 普通の今夜のことを ー let tonight be forever remembered ー / 三浦大知
M5. 笑顔の行方 / DREAMS COME TRUE
M6. うん / ゴスペラーズ

ハナレグミの永積くんが来てくれました !!!

LIFESTYLE MUSIC 929 Thursday Edition!

今週もスペシャルなゲストが登場です。
ハナレグミの永積崇さん!



2015年リリースの、ハナレグミ6枚目のアルバム『What are you looking for』収録曲「無印良人」で共作した二人。

そして、先月末にリリースされたハナレグミのNewアルバム『SHINJITERU』収録「ブルーベリーガム」で堀込泰行が作曲を担当!



〈二人の出会い〉

堀込「僕らの出会いは……」

永積「一番わかりやすいのは、2004年に堀込泰行・畠山美由紀・ハナレグミの三人で『真冬物語』を発表したことかな。曲が松任谷由実さん。作詞が松本隆さん。アレンジが冨田ラボさん。泰行くんとしゃべるようになったのはそのタイミング?」

堀込「その前にも挨拶というか、何かの時にちょっと話した記憶がある」

永積「ROCK IN JAPAN FESTIVALで、ちょっとしゃべったり」

堀込「そうそう、クラムボンとか共通の知り合いだったので。話したりはしていたんだけれど『真冬物語』でがっつり仕事をした」

永積「『真冬物語』のイベントの打ち上げで、泰行くんが酔っ払って『永積くんはポール・サイモンみたく少ないメロディーの曲のいい歌を歌ってほしいんだよな』『そういう曲、俺が書く!』と言ってたのを俺は覚えていて。前作『What are you looking for』の時に『泰行くん、あの時言ったこと覚えてますか? 曲書いてくれますか?』とオファーした」

堀込「ベロンベロンに酔っ払ってた時に、そんなことを言ったのかな?(笑)」




〈堀込泰行・作曲「ブルーベリーガム」について〉

永積「『ブルーベリーガム』は泰行くんにメロディーをもらって、すぐに歌詞を書いた。少ない言葉で詞を書くのがすごく好きで。『青くて酸っぱくて 膨らまないガム』というのが、二十代ぐらいに彼女ができて最初の頃の……お互いにこれはずっと続くような気がしているんだけれど、その確信が頼りない感じというか、少し力が弱い感じというか。自分の歌詞の上でも泰行くんにもらったメロディーを聴いても、ジャストなフレーズ」

堀込「そこがフックになってるよね、歌の中でも」

永積「泰行くんのメロディーをもらうと、もうね、泰行くんの声で曲がすごく聞こえる。もちろん、デモで歌ってもらった声は泰行くんなんだけど。詞を書いていても、どっかで泰行くんの声で歌ってるイメージがあるかもね。特に『ブルーベリーガム』は。なんか不思議な感覚かも。泰行くんに向けて書いてるようなところがあったのかもしれない」

堀込「それは意外だなぁ。初めて聞いた」

永積「そういう意味では、初めてのセッションかもしれない。ただメロディーをもらって、というのとはまた違って。キリンジの頃から泰行くんの声は好きだし。もらった曲の中にヒントがたくさんあると言えばいいのかな。ストーリーとか浮かぶ景色がいっぱいある。だから、すごく面白かった。ありがとうございます!」

堀込「こちらこそ。なんか楽しんで作ってた感じが、いっぱい詰まってる。ライブでも盛り上がりそうな気がする」

永積「アルバムが出る前に、ベースの伊賀航さん、ドラムの菅沼雄太くん、キーボードのYOSSYさんと四人でライブハウスを回ったんだけど、メンバーで確かめるようにアレンジしながら演奏した。そういう風にしてレコーディングへ向かったのは初めてだったんだけど、なんかいいね。オーディエンスも感じながらレコーディングできるような」

堀込「ミュージシャンに来てもらって、その日初めて曲を聴かせて演奏してもらうのとは全然違うからね」

永積「この曲は音数が少ない。アイデアにしたのはアル・グリーンの何年か前のアルバム『Lay It Down』。クエストラブがドラムを叩いている。すごく少ない音数でやっているアルバムで、質感が好き。ギターのリフで進行している。コードワークだけじゃなく、少ないリフで展開していったらかっこいいじゃないかと思って、イントロのギターのリフを作ったんだ」






〈永積崇さん セレクトの曲〉



Wristband / Paul Simon

永積「去年出たアルバム『Stranger To Stranger』の一曲。僕ね、去年ニューヨークまで観に行ったんですよ、ポール・サイモンを。最近、レジェンドがどんどん亡くなっちゃうじゃないですか」

堀込「うん……それはすごく」

永積「ライブを体で感じる必要性があるなと思って。観たいと思った人は遠くても観に行こうと」

堀込「えらいねぇ」

永積「昔の曲を全部網羅していて、バンドは十数人の大所帯。めっちゃめちゃ素晴らしくて。ニューヨーク郊外のテニスコートだったんだけど、オーディエンスの聴き方、楽しみ方も素晴らしかったし、ポール・サイモンの歌が現役感バリバリ。全然衰えていなかった。こうやって観に行くことって大事だな、と」

堀込「この曲は歌詞が面白いんだって?」

永積「リハーサル中にいったん外へ出て、会場に戻ろうとしたら入り口で『入るんだったらリストバンドを見せろ』と言われたやりとりの歌。会場は爆笑。ポール・サイモンも演技を入れて、身振り手振り。本当にエンターテイナーでもあるんだなと」

堀込「僕も、係員に止められたことありますけどね」

永積「……えっ!?(笑)」

堀込「バックステージパスを持ってなくて」

永積「フェスとかで?」

堀込「いや、自分のライブ」

永積「自分のライブで!?(笑) フェスならわかるけど」

堀込「すごい昔、武道館でやった時にバイトの子に止められた。『いや、僕出る方なんですけど……』と言ったんだけど、頑なに『証明書がないと』と止められて。だから、もっとバイトリーダーっぽい人を探して呼び……。バイトの中でも下っ端だからマニュアル通りの対応だった」

永積「そういう時、歌った方が良かったんじゃないの?」

堀込「そういう粋なことをすれば良かったって、時々思う。歌うとかCDあげるとかしたらカッコイイ話になったのに、バイトリーダーを探して必死に入れてもらってっていう……」




〈堀込泰行 セレクトの曲〉



A House Of Gold / Kenny Rankin


堀込「僕が永積くんに聴いてほしいのは、ケニー・ランキン。めちゃくちゃ歌のうまい人です。オリジナル・ソングも書くんだけども、ビートルズやスティーヴン・ビショップなどけっこうカバーもやったり。この人流にすごくアレンジするので、カバーとは言えこの人の作品になってしまうような。即興でコードを変えて、自分の世界に引っ張ってちゃう。この曲は、単純に永積くんが好きそうということと、『歌ウマ共通』みたいなところで選ばせてもらいました」

永積「ケニー・ランキンの名前は知ってるんですけど、ちゃんと聴いたことがなかった」

堀込「ポール・サイモンの『Still Crazy After All These Years』が好きと言ってたから、テイストが少し近かったりもするのでぜひ聴いてほしくて」

永積「めちゃくちゃいい曲ですね。もしかしたら、来年歌ってるかもしれない!(笑)」



+ + + + + + + + + + + + + + + +

現在、愛知・岐阜・三重のTSUTAYA各店では、
「東海ラジオ×TSUTAYA LIFE STYLE MUSIC 929」のパーソナリティの楽曲を
音楽レンタルコーナーにて特集しています!
是非、お近くのTSUTAYAでチェックしてみて下さい!

★New EP『GOOD VIBRATIONS』11月22日発売
のんさん出演のCMで話題になった「エイリアンズ」の『ラヴァーズver』も収録。さまざまなアーティストとコラボレーションしてます。



■ EP「GOOD VIBRATIONS」 / 堀込泰行
発売日:2017/11/22
価格: CD:¥2,000+tax(全6曲入り)
LP:¥3,000+tax(全6曲入り)(※800枚限定生産)
収録曲:
1. EYE (+ D.A.N )
2. THE FLY (+ tofubeats)
3. バース・コーラス (+ 口ロロ (クチロロ)
4. Beautiful Dreamers (+ シャムキャッツ)
5. Dependent Dreamers (+ WONK)
6. エイリアンズ(Lovers Version)(+The New Shoes)

堀込泰行 - Natural Foundation

+ + + + + + + + + + + + + + + +

番組では、このブログを見ているアナタから、メールを募集しています!
堀込泰行に聞いてみたいこと、やって欲しいこと、身の回りの出来事、リクエスト、コーナー案など何でもOKデス! 気軽に送って下さい。
yasu@tokairadio.co.jpまで。

+ + + + + + + + + + + + + + + +

<SONG LIST>をプレイバック!!!

11月9日(木)OA
M1. ブルーベリーガム / ハナレグミ
M2. My California / ハナレグミ
M3. Wristband / Paul Simon
M4. A House Of Gold / Kenny Rankin
M5. EYE / 堀込泰行 + D.A.N.

第6回★植田真梨恵と小倉トースト!!!! 植田真梨恵


今回は初の「小倉トースト」を食べるところからスタート!!!

 

 

「秋の夜長の変な夢!」

みなさんからいただいた秋の夜長に見た変な夢をご紹介!

植田さんの見た夢は・・・

お仕事で舞浜のホテルに泊まることになった植田さん、取ってもらった部屋は「アラジンルーム」。

部屋に入るとお布団が敷かれていて、なぜかお布団がもっこりと・・・・。

なんと中にはフック船長が!!「添い寝のサービス」という仕事で潜んでいたそうです。

植田さんは、フック船長の顔が怖かったので

「家族と過ごして下さい」とやんわりお断りしたという夢でした!!!(笑)

 

 

メッセージ募集!!

この番組ではあなたからのメッセージをお待ちしております。メッセージテーマは・・・

「植田真梨恵に一芸を!!」

 植田真梨恵にチャレンジして欲しいことを募集しています!

 

「こんな時にこんな曲」

 場所や時間などのシチュエーションをお送り下さい!植田真梨恵がお題に合う曲を

 お届けします!

 

植田真梨恵に相談したいこと、あなたのライフスタイルなど

愛のあるメッセージをお待ちしております!!

 

全てのあて先は marie@tokairadio.co.jp です!

 

 

 

ポートメッセなごやで開催される

「第20回名古屋モーターショー2017」で

この番組の公開録音を行います!

11月26日(日)11:00~11:30です!!

公開収録&ミニライブを予定しています。

 

 

 

♪♪♪本日のOA曲♪♪♪

M1 ハイリゲンシュタットの遺書 /植田真梨恵

M2 WHO R U ?/植田真梨恵

M3 スペクタクル/植田真梨恵

 

 

 

 

現在、愛知・岐阜・三重のTSUTAYA各店では、
「東海ラジオ×TSUTAYA LIFE STYLE MUSIC 929」のパーソナリティの楽曲を
音楽レンタルコーナーにて特集しています!
是非、お近くのTSUTAYAでチェックしてみて下さい!

 

植田真梨恵 オフィシャルサイト「ueda marie official site

      twitter「@uedamarie

 

この番組はradikoのタイムフリー機能で、放送後1週間に限り聴く事ができますよ!

聴き逃した方は是非チェックしてくださいね!!!

第6回 『けった』 って何?ゲタ?チャリやろ! ЯeaL

LIFE STYLE MUSIC 929 

火曜前半担当・「ЯeaL」第6回目!

先週はハロウィンでした。アンチハロウィンと公言していたRyokoですが

渋谷のスクランブル交差点には行ってないですが

仮装はしていました!その姿はRyokoのTwitterでチェックしてください!

 

さて、11月に入り、寒暖差が激しくなりました・・・

朝起きるのがつらい・・・・・・そんなリスナーさんの悩みが届きました。

そんな時、どうする?モチベーションを上げるためには?

Ryoko先生は、ランニング!

人の曲を聞いて、もっと良い曲を作ろうと思う!

あと友人とこれからの目標について話す!

頑張ってる人を見る!!

みなさんはいかがですか?

 

方言についてリスナーさんから届きました。

番組担当スタッフもここ最近、大阪からやってきたので

気づかなかったですが・・・たしかに関西弁をふんだんに使ってますね。

そこで・・・スタッフも勉強すべく、東海エリアで使われている言葉について

クイズを主題しました!みなさんにとっては当たり前の言葉が

大阪人としては頭が???になるんです!

今回は「けった」「ちんちこちん」「えらい」「つくえをつる」の4つを出題。

ぜひ、他にも東海で使われている言葉を教えてください!

 

★オンエア楽曲

1.カタリナ / ЯeaL

2.Run away / [Alexndros]

3.仮面ミーハー女子 / ЯeaL

 



【ライブスケジュール】

★Ley LINE Festival 2017

11月18日(土)愛・地球博記念公園・モリコロパーク

w/多数

 

★ЯeaL Яock Яevolution ~ЯeaL 5th Anniversary Special ONEMAN~

5周年を記念した東名阪ワンマンツアー!!

愛知公演は12月22日(金) 名古屋CLUB UPSET

 

≪募集≫

番組ではみなさんからのメッセージ・質問を受け付けています!

お悩み相談でもOK!24時間いつでも受け付けてます!

メールはreal@tokairadio.co.jp まで

 

ЯeaL 公式HP: http://www.realgirlsband.com/

 

 

文化的活動してますか? 酒井雄二(ゴスペラーズ)

LIFESTYLE MUSIC 929 Friday Edition!

文化の日ですって!

どうですかみなさん、文化の方は?

文化的なことをしたいですよね。芸術の秋ですから。
食欲の秋に流れ過ぎないようにしたい!


〈酒井雄二が聴いてきた曲〉



Love Is All We Need (feat. Nas) / Mary J. Blige


メアリー・J.ブライジ。92年のデビュー以来、キャリアが長い。94年メジャー・デビューのゴスペラーズよりも長い。

先輩かぁ……。メアリー姐さん!(笑)

ヒッポップは基本、ラップが乗ってるイメージですよね? そこに、めちゃ歌える姉さんが出て来て、ヒッポップのサウンドの上で、ぶっとい濃ゆい歌をかましてくださるということで、ヒップポップ・ソウルという言葉がこの時に出て来たんです。

かっこいいバックトラックで、こんなに歌う。そして、ちょっとゴスペルのルーツというか、ワーッとハモる箇所もあって。そっちへ行くんだ?と思ったのね。ラップの方じゃないんだ、と。

ラップミュージックが流行ってくると、歌を聴きたいんだよな……みたいになるところで、歌える人待ってました!という気持ちだったかな。当時の俺はね。

今年で25年のキャリアの中で8枚のプラチナム・アルバム。グラミーも受賞。今年もアルバムも出している。現役や! これはすごい。

ゴスペラーズでデビューしてから、ライブを観に行ったことがあります。俺の記憶が確かだったら、新宿のリキッド・ルーム。恵比寿に移る前。深夜のスタートでした。スタートが押しちゃう、よくあるパターンです。

中止なのかな?と思ってるところでやっと始まって「ワーッ! 勉強するぞ!」と思ったら、見たことのない人が出て来た(笑) 「この人じゃないはず!」みたいな(笑)

アルバム「What's the 411」のジャケットのイメージは前髪が顔の輪郭がスッとなっていて……。あんまり言うと失礼にあたるかもしれないんですけれども……思ったよりも大きかったんです、メアリーが(笑) ジャケット写真の時は気合をいれるよね。そりぁあ女心だし。

その分、パフォーマンスはものすごくずっしりとした音を響かせて。

デビュー・アルバムで「Real Love」などのヒットをかましてた頃。ググググッと上り調子になった頂点ですよね。ものすごくどメジャー感があります。「ワッ! 頂点!」っていう感じがある曲です。アルバム「Share My World」に収録。

ヘッドホンで聴くとわかるんだけど、右! 左! 右! 真ん中!みたいに往復ビンタされているみたいな音の定位。作ってるのは、ジャム&ルイス先生。匠の技。すごく要素が少ないのにめちゃグルーヴィーなベースライン。爆音でかけてると踊っちゃう! お手本。






現在、愛知・岐阜・三重のTSUTAYA各店では、
「東海ラジオ×TSUTAYA LIFE STYLE MUSIC 929」のパーソナリティの楽曲を
音楽レンタルコーナーにて特集しています!
是非、お近くのTSUTAYAでチェックしてみて下さい!

ゴスペラーズ オフィシャルサイト Gostudio



+ + + + + + + + + + + + + + + +

番組では、このブログを見ているアナタから、メールを募集しています!

目指せ! ソロドラヂカラ!!
酒井雄二のドラ力UPのために、ドラゴンズ&野球の「これを知っておけば大丈夫!」という情報をお寄せ下さい!

サカイの車窓から
みなさんがオススメする風景を教えてください!

しったか
「あ〜、それわかるよ!」みなさんの、知ったかぶり話を紹介してください!

見切れのブルース
みなさんの日常で起こった、ちょっと切ない出来事を紹介してください!



その他、番組でやって欲しいこと、酒井雄二に話したい事、質問、フツオタ(普通のお便り)など何でもOKですので、番組までお送り下さい。メアドは、sakai@tokairadio.co.jpまで。


〈公開収録のお知らせ〉
ポートメッセなごやで開催される『第20回名古屋モーターショー』にて、11月24日(金)16時〜16時30分「TOKAIRADIO×TSUTAYA LIFESTYLE MUSIC 929」公開収録を開催します!

http://www.nagoya-motorshow.com/contents/event/

+ + + + + + + + + + + + + + + +

<SONG LIST>をプレイバック!!!

11月3日(金)OA
M1. SING!!!!! / ゴスペラーズ
M2. Renaissance / PUNPEE
M3. どしゃ降り'64 / ゴスペラーズ
M4. Love Is All We Need (feat. Nas) / Mary J. Blige
M5. FRENZY / ゴスペラーズ