高校ラジオクラブ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

声優、演劇、アイドル、心理学…好奇心爆発の女子高校生が叶えたい夢は「ヲタク部屋を作りたい」 予告

楽しそう!

毎月1組の高校生が東海ラジオで番組を制作する『高校ラジオクラブ』(月曜21:40-21:50)。7月は愛知県立豊野高校2年の女子生徒の一人しゃべり。最終回となる29日は彼女の好奇心が爆発!これまで語った演劇、アニメ、アイドルに加え、心理学やドキュメンタリーにまで幅を広げます。

「中学のとき、授業でくじを引いた職業について調べる機会があってそれが『臨床心理士』だったですね。何それ?と思いながら調べたんですけどどんどん興味が湧いてきて…人の支えになる仕事、温かみのある職業に就きたいですね」。心理学に興味を持った理由をこう語る彼女。障害者が自分のことについて書いたドキュメンタリー本を読むのも好きで「一本に絞りたいけどやりたいことが多すぎて」とうれしい悩みを抱えていました。相手役の井田勝也アナウンサーは「原動力は『知りたい』にあるから、ドキュメンタリーやジャーナリスティックなことに取り組むのに向いているかも」と彼女の適性を指摘します。学びたいことを学びながら声優を目指すため、大学と声優養成所に通いつつアルバイトもこなすという将来像を描いていますが、それとは別に叶えたい夢を聞いたところ「自分の部屋をヲタク部屋にしたい。プリキュアのフィギュアやでんぱ組inc.グッズ、声優のポスターやサインも飾りたいですね」。理想の声優像は「固定されない声優」で、家電機器や公共空間のアナウンスなど「日常誰かに届いている声」に憧れを抱いていました。やりたいことは多岐にわたっていても、根底には必ず「人の支え」や「温かみ」がありました。


のりかえ≫radikoでシェア!※放送時間変更時リンク注意

のりかえ≫夏休み参加者募集中!


■高校ラジオクラブ
7月29日(月)
21:40-21:50