【終了した番組】はーさん!ねねの!すんどめ!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

9月27日 極上生ビール認定店 なかめのてっぺん キリンビール青山紀子の極上生ビール!

今日の美味しいビールがのめるお店は、
キリンの極上生ビール認定店、名駅JRゲートタワー12階
「なかめのてっぺん」をご紹介しましたよ。



「なかめのてっぺん」は、もともと中目黒ではじまったお店で、  
現在 全国に7店舗,名古屋店はオープンから1年半です。  

野菜からお魚など、食材がカウンターにずらりと並べられて  
目の前で焼いてくれるという迫力とライブ感のある ろばた料理が楽しめお店です。
お料理が出来上がると、大きなしゃもじで出してくれます。

全国から美味しいものを取り寄せていて、
例えば、福井名物の浜焼きサバは、脂ののった大きなサバを使用し、とっても人気のメニューだそう。  




店内は70名弱ぐらい入れます。平日は、周辺の企業の    
サラリーマンの方々が多いようですが、休日は女性同士や    
カップルでも楽しまれていて、年齢層は20代~50代ぐらい   まで幅広いようですね。    



私が訪れた時は、営業時間ではなかったんですが、それでも  
お店に活気がありそうだなという雰囲気が伝わってくるんです。  

皆さん それぞれ ユニークな柄の「鯉口」と呼ばれる和装用のシャツに
名札にはNO1宣言が書いてあります。  
例えば、私がお話しを伺った  
店長 長部将基(おさべまさき)さんは「頼れる男 日本一」。  
国分太一さんにそっくりで 元気で笑顔が印象的でした。  



お客様がいらっしゃった時には、全員で「いらっしゃいませ!」コールをして、    
ウェルカム感を感じてもらったり、乾杯というコールもしているようです。    

そして、こちらのお店は、生ビールも抜群です。    
長部店長に、生ビールにかける思いを伺うと、  

生ビールを注ぐことはだれでもできますが、一番お客様が飲むビールを妥協すると、
それは店の格を下げることになると僕たちは思っているので、
しっかりした生ビールを だしていきたい。

それには、手洗いと洗浄機での洗い方の違いが、どれだけ味わいに影響してくるのか?ということを、
目で見て、伝えて、教えて、チェックしてというのを、
ず~~っと繰り返しているんですよ、というお話。



とっても忙しい店舗なんですが、グラスは必ず手洗い、    
サーバーの徹底洗浄、チューブも毎回スポンジ洗浄をしています。

さらに 樽のガス圧と温度管理も完璧にして、常に美味しいビールに心掛けていらっしゃいますので、    
樽の回転率が早く、常にフレッシュな生ビールが飲めるんです。    
 社長以下、歴代の各店舗の店長が とにかく生ビールにこだわっているので、
それが 代々受け継がれています。    
 
お店のお客様に 生ビールのアンケートを取ることもあります。
5点満点中、結構 5点を書いてくれる人も多いようで、
「 冷たくて クリーミーで 炭酸がつよくのどごしがいい」     という意見が多くをしめるんだそう。

総称して めっちゃおいしい!!と書いてくれるそうです。

私もこちらの生ビール体験しましたが、びっくりするくらい    
飲みごこちが良くて、体にやさしく染み渡る 生ビールでした。    
ほんと、「めっちゃ美味しい!(笑)」

ある方は、こちらのビールを「ツルツルピカピカ 摩擦係数ゼロ」と表現していましたよ。    
これは、素晴らしい表現ですよね~。

美味しい生ビールには 奥三河地鶏のももの塩焼きがおすすめだそうですよ。  
今度プライベートで行ってみようと!              
                            



今日は、名駅JRゲートタワー12階「なかめのてっぺん」を ご紹介しました。      
 
次回は、10月11日(木)に放送します。