【終了した番組】はーさん!ねねの!すんどめ!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

10月18日 日本屈指のバーテンダーのいるお店 錦3丁目 エンジェルバー メルシャン 青山紀子「あくまで」ワイン

今日は、美味しいワインが飲めるお店
名古屋 栄の錦3丁目 エンジェルバーをご紹介しましたよ。



このあたりよく通っていたんですけど、
私は知りませんでした。
錦通りからだと、名古屋銀行の通りを 北へ2ブロック行った ビルの地下にあります。

地下にいく階段に、
ディアブロのボトルがずらりと並べられていて、
かっこいいですよ。



店内入ると、そこはまるで中世のヨーロッパの教会とバーが 融合した不思議な空間。
シャンデリアの近くには天使がいたり、
ヨーロッパの教会で使われていたステンドグラスが
あったり、ある一角は教会の懺悔室になっています。




様々なものがヨーロッパから空輸され、
かなりゴーャスです。
というのも、このバーは できたのが31年前、
1987年、バブル期なんですよね。

当時は、女性スタッフばかりで
肩パッドの入ったダブルの 赤のスーツで
サービスをしていたようで、
シャンデリアの 天使と女性の天使と
二つをかけてエンジェルバーという名前に。

今は、入って21年という店長 兼チーフバーテンダー
城所伸行(きどころのぶゆき)さんはじめ、
男性スタッフが支えています。



その城所さんは、とても優秀なバーテンダーで、
5月に行われた、「ワールドクラス2018 日本大会」
という 日本の最優秀バーテンダーを決める大会で、
最終10名に残った実力の持ち主。
ですから、お話を聞いていても、面白いんです。

カクテルの味わいをどう作るかって、
しっかりした理論があるので、説得力があります。
やはり美味しいカクテルも科学なんだなと
思いました。



例えば、カクテルや合わせるお料理の味わいは、
甘み、酸味、塩味、苦味、旨味という5つの味、
五味を入れてうまくバランスが取れると「 美味しい 」となるんですね。

もし、カクテルでそのうち3つの味わいを入れたなら、足りない部分をお料理で補うようにすると、
カクテルとお料理を一緒に口に含んだ時に
5つの味がそろって美味しい!となるわけです。



こちらでももちろん、
カッシェロ・デル・ディアブロのワインが
飲めるのですが、使われているのは、
ボトルのデザインが 赤と黒の炎が出ているような
デザイン、 デビリッシュ・エディションの
カベルネ・ソーヴィニヨンです。



そして、私、初めてみました、
グラスはディアブロののロゴが刻印された
ディアブロ専用グラス、

それもリーデルという本格的な
ワイングラスメーカーのものです。
いわゆるボルドー型といわれる
大振りのチューリップ型のグラス。

ぴかぴかに磨かれ、このグラスで
飲ませていただきましたが、
やはり、ひときわ美味しく感じました。



城所さんにディアブロのワインを使った
カクテルについても 聞いています。
【ディアブロを前面に押し出してカクテルを作る
というより、調和を考える。
そのまま飲んでも美味しいですが、
程よいタンニン分を合わせると、
カクテルにも使える。

ディアブロのカベルネ・ソーヴィニヨンは、
カシスの香りがするので、生姜・ナツメグ・
アニス・シナモンなどがあうのでは?

ロングでもできるが、ショートなら、
最後にエッセンスとして入れる。
シェイクはしない。】 とのこと。

ワインのカクテルなんて飲んでみたいですよね。



ちなみにバーに行ってのNGワードは
「私のイメージでカクテル作ってくださーい」
だそう(笑)

それよりも、さっき何を飲んできた、
何を食べてきたなど お話になると、
そこから では次は何を飲みたいかなと
作ってくださるようですよ。

是非、日本でも屈指のバーテンダー城所さんのいる
エンジェルバー お出かけください。
飲み物は800円からありますよ。

次回は11月1日(木)に放送します。