高井一 スイッチ・オン!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

☆ど~も高井一です!2016.10.9 ど~も高井一です!

☆ど~も高井一です!2016.10.9

 

いつもスイッチ★オンをお聞きいただき、ありがとうございます。

今週のテレビの「伊勢街道歩き」では松阪市に入りました。

そこで先ず見つけたのは「松浦武四郎記念館」。

 

恥ずかしながら松浦武四郎という名を知らなかったのですが、武四郎は幕末明治の探検家で、「北海道」という地名をつけた人でした。



武四郎は1818年、現松阪市小野江町に生まれる。

     少年期、伊勢街道をゆく旅人を見て、見知らぬ遠国に憧れを抱く。

     17歳で全国を巡る旅に出る。

     28歳で最初の蝦夷地調査。

     1858年41歳で6回目の蝦夷地調査

     明治になると、開拓判官に任ぜられる。



武四郎の調査は海岸線のみならず、内陸の山川湖沼にもおよび、詳細な地図を完成させた。



アイヌ民族の文化を尊重した武四郎は、地名もアイヌの言葉で記した。

現札幌市の位置には「ハンケサッポロ」とある。



武四郎はアイヌ民族へ敬意を持っていたので、調査の際は協力も得られたし、生活をともにして、その文化にも触れた。



蝦夷地の自然、アイヌ民族の生活文化などあらゆることを、克明に記録して、報告書にまとめた。

武四郎は「探検家」より「ジャーナリスト」と呼ぶのがふさわしいような気がした。

 

初めて松浦武四郎という人を知り、その壮大な生き方に感激しました。

スイッチ★オンでは、これからも素敵な音楽をお届けしてゆきたいと思っています。

皆さんのリクエストにも応えられるよう頑張ります。

では、次はラジオで!!