TOKYO UPSIDE STATION

ブログ内検索

2017年3月30日 Road to 東京オリンピック・パラリンピック Road to 東京オリンピック・パラリンピック

「Road to 東京オリンピック・パラリンピック」

 

今日は、東京オリンピック・パラリンピック

競技大会 組織委員会 国際渉外部

プロトコール課 杉尾透さんと河﨑麻衣子さんに

「都市鉱山から作る!みんなのメダルプロジェクト」

について教えていただきました!!

 



 

東京オリンピック・パラリンピック大会で使用する

金・銀・銅のメダルを、使用済みの携帯電話

小型家電(デジカメ、パソコンなど)を回収、製錬して、

そこから抽出した金属を活用して作るというプロジェクト。

 

キャンペーンによって小型家電を回収し、

そこから抽出した金属でメダルを製作するのは

オリンピック・パラリンピック史上、初めての

試みだそうです!!

 

回収は4月から本格的に全国で受付を開始。

全国のNTTドコモショップでは4月1日から。

参加自治体でも週明けから順次開始だとか。

 

現在、全国の半数ちかく、624の自治体が

このプロジェクトへの参加を表明しているそう。

 

東海地方では大府市が熱心に

取り組んでいるのだとか!!

 

1個のメダルには「携帯電話、何個必要」と一口には

言えないそうなのですが、製造するメダルは約5000個

メダルを製作するために、製造工程での材料ロスを

想定すると約8トンを2年間で集める必要があるそうです。

 

自分の自宅に眠っている携帯電話や小型家電が

メダルに生まれ変わるなんて・・・わくわくします!!

 

回収BOXは4月以降、全国の参加自治体で用意されます。

東海地方では名古屋市、大府市、

東海市などで開始されるそうです!!

(回収形態や品目など、詳しくは各参加自治体に

確認してくださいね!!)

携帯電話はお近くのNTTドコモショップで

回収するそうです!!

(他の携帯ショップで購入したものでもOKだとか。)

 

私も、家で眠っている携帯・小型家電を

持っていきたいと思っています!!

わくわくわくわく!!

 

杉尾さん、河崎さん、ありがとうございました!!

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

東京オリンピック・パラリンピック競技大会

組織委員会のメインオフィスは虎ノ門ヒルズ

あります。打ち合わせで、毎月うかがっているのですが、

先日行った時も、街の様子が変わっていました!!

 

新橋と虎ノ門をつなぐ「新虎通り」

「旅する新虎マーケット」が誕生。

「旅するスタンド」「旅するストア」「旅するカフェ」から

なっていて、それぞれのお店が点在しているんです。

 

お店の内容も約3か月ごとに変わっていくそうですし、

点在しているお店を歩いて移動するだけでも

旅気分を味わうことができます!!

 

この「新虎通り」、今後ますます変化していくと

思いますよ~!!気になった方、ぜひチェックして

くださいね!!

 

2017年2月23日 Road to 東京オリンピック・パラリンピック Road to 東京オリンピック・パラリンピック

 

今日は東京オリンピック・パラリンピック競技大会

組織委員会 国際渉外局 NOC・NPC部

矢澤英明さんにお話をうかがいました!!

 



 

今日は「事前キャンプ」について教えていただきました!!

東京オリンピック・パラリンピック前にコンディションや

時差ボケ解消のために、日本でキャンプを行う

チームが多いそうです。

 

組織委員会は、トレーニングに適した

キャンプ地の情報をまとめ、ウェブサイトで公開しています。

 

現在は192自治体、351施設の情報を公開。

今後ますます増えていく予定だそうです。

 

情報公開後は、各国のオリンピック・パラリンピック

委員会が自治体へ直接コンタクトをとっていくそうです。

 

東海地方の自治体も名乗りを上げていて、

一覧で見ることができます!!

 

すでに会場やキャンプ地を見たいという国もあり、

自治体も、積極的に動き出しているのだとか。

 

キャンプ地になれば、選手と住民の交流があったり、

大学の施設であれば、選手と学生が共に練習

する機会がうまれるかもしれません。

 

矢澤さんは「決め方は恋愛のようなものだ」

おっしゃっていましたが、果たして何組のカップルが

できるのでしょうか。注目してみていきたいと思います!!

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

今日お話ししたのは、2月26日に行われる

「東京マラソン」について。今年は、新しい

コースが注目されていますね。

 

ゴールが東京ビッグサイトから東京駅前

行幸通りになったり、森下・清澄白河・

門前仲町を走るんですよね。

 

新しいコースになった地元の人は

どう考えてるんだろうと聞いてみると、

「人がたくさん集まるのは嬉しい。」

「地元が注目されるのは嬉しい。」と

好意的な話を聞くことができました。

 

いよいよ今週日曜日ですね。

私は走りませんが、楽しみです!!

 

2017年1月26日 Road to 東京オリンピック・パラリンピック Road to 東京オリンピック・パラリンピック

 

「Road to 東京オリンピック・パラリンピック」

 

今日は東京オリンピック・パラリンピック競技大会

組織委員会マーケティング局ライセンシング部

古川結美子さんにお話をうかがいました。

 



 

古川さんと私が身に着けているものは、

後ほどご紹介します!!)

 

まずは、古川さんの部署

「ライセンシング部」についてうかがいました。

 

川島「ライセンシング部って?」

古川さん「東京2020大会に関連する公式ライセンス商品

商品化に関する権利やオフィシャルショップに関する

権利の販売を行っています。公式オリジナル商品には

企画やデザインに関わっています!」

 

ほ~!!ところで皆さん、東京オリンピックと

パラリンピックのエンブレムが、商品にどちらか

ひとつしか入っていないってご存知でしたか?

ふたつのエンブレムが並んだ商品はないんですって!

そんなお話を聞いたら、ますます商品を

揃えたくなってしまいます!

 

公式ライセンス商品には、Tシャツやスウェットパーカ、

タオル、キャップ、トートバッグなどがあります!!

(上の写真で私が着ているのが

アシックスのスウェットパーカ!!)

 

人気なのはピンバッチやタオル、

ブリジストンのゴルフボールなどだそうです。

(エンブレムの色が生えますよね~!!)

(箱も高級感があって素敵でした!!)

 



 

公式ライセンス商品、気になった方は

「東京2020 オフィシャルオンラインショップ」

調べてみてくださいね☆

 

1月11日には伝統工芸を使った商品も

発売されました。まずはこちら!!

東京染小紋風呂敷クロス!!

(上の写真で古川さんが着けていらっしゃいます。)

(こちらは小池東京都知事も愛用されているので

見たことがある方もいらっしゃるのでは?)

 



 

横浜捺染(なっせん)トートバッグも。

落ち着いた色合いですよね!!

(バッグの表裏がこちら~)

 




 

東京染小紋風呂敷クロス横浜捺染トートバッグ

1月11日販売開始して、すぐに売り切れてしまい、

オフィシャルオンラインショップで入荷待ちを受付中です。

 

今後も、こういった伝統工芸の技術を使ったものを

作っていきたいとのこと。楽しみですね!!

 

また今後、日本郵便、造幣局、国土交通省などど

協力して様々な企画に取り組まれていくそうです。

 

詳しい情報は東京オリンピック・パラリンピック

競技大会組織委員会のHPをチェックしてくださいね☆

 

古川さん、今日はいろいろなお話、

本当にありがとうございました!!

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

実は古川さんに「東京2020オフィシャルオンラインショップ」

購入できますよ。と教えていただいて、

タオルを注文したんです!!

(住まいや時期にもよると思いますが)

3日、4日商品が家に届きました~!!

大切に使おうと思います!!

 

また1月31日まで国土交通省が

「東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会

特別仕様ナンバープレートのデザイン案」

募集しています!!自分の考えたデザインが採用されたら

嬉しいですよね!!1月31日までですから、

皆様お早めに~!!

 

2016年12月22日 Road to 東京オリンピック・パラリンピック Road to 東京オリンピック・パラリンピック

 

「Road to 東京オリンピック・パラリンピック」

 

今日は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会

組織委員会 企画財務局の福田陽代さんに

お越しいただきました!!

 



 

うかがったのは、「参画プログラム」について。

 

この「参画プログラム」、1人でも多くの人に

東京オリンピック・パラリンピックに参加してもらい、

レガシーとして未来に残す!ということが目標だそうです。

 

参画が東京だけではなく、日本全国で行われる

ように、また大会開催中だけではなく、

終えた後にもレガシー(遺産)として残ってほしい

という思いで動いていらっしゃるのだとか。

 

東京オリンピックの時には新幹線

高速道路が整備され、ママさんバレーなど

スポーツのすそ野が広がったといいます。

 

東京オリンピックの時は、ハード面でも

わかりやすかったわけですね。

 

2020年の大会では、ハード・ソフト両面で

レガシーを残していきたいというお話でした。

 

では、どのように関わっていけるのかというと・・・

近くのイベント・催しでこのマークがないか

探してみてください。

 

「東京2020公認マーク」

 




 

「東京2020応援マーク」

 



 

このマークが入っているイベントに参加することで、

東京2020大会とつながっている証になるそうです。

 

今後、このマークが入ったイベント・催しが

東海地方でも増えていく予定だそうですよ!!

皆さん、ぜひ探してみてくださいね!!

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

日比谷公園で開催中のクリスマス・マーケット

行ってきました~!!会場の中央にあるクリスマス

ピラミッドに注目。このクリスマスピラミッド

ツリーよりも古い歴史があり、クリスマスには

欠かせない芸術品だそうです!!

 

旅行気分を味わいました~!!

 

 




2016年11月17日 Road to 東京オリンピック・パラリンピック Road to 東京オリンピック・パラリンピック

 

今日から月に一度お送りする

「Road to 東京オリンピック・パラリンピック」!!

 

2020年東京オリンピック・パラリンピックの話題を

お送りしていきます!!

 

今日は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会

組織委員会テクノロジーサービス局の阿部功一さんに

お越しいただきました!!

 



 

今日伺ったのは「アイディアソン」について。

アイディアソンとは「アイデア+マラソン」のこと。

 

新しいことをやろうとしたり、

課題を解決しようとするとき、

多くのアイディアを集めたいですよね。

そんなときに行うのが「アイディアソン」だそう。

 

今回、11月27日(日曜日)に日本全国から学生さんが参加し、

「パラリンピックをテクノロジーで盛り上げよう」

~「車椅子バスケットボール×テクノロジー=ファン拡大」~

をテーマにアイディアを出し合う

「アイディアソン」が実施されます。

 

初めて会う皆さんが、会場で次々とアイデアを出していく・・・

どんなアイディアが飛び出してくるのか、楽しみですよね。

 

今回の参加対象は学生さん。

幅広い人に参加してほしい、学生ならではの

自由なアイデアを聞きたいという考えもあり、

今回は対象を学生さんにしたのだとか。

 

この「アイディアソン」、今後も継続的に

盛り上げていきたいそうです。

 

今後、参加したいとか、情報をチェックしたいという方は

組織委員会の公式HPをごらんください。

 

11月27日に開催される「アイディアソン」

報告も見られるようになる予定だそうですよ。

 

ちなみに、ご出演いただいた阿部さんは知多市のご出身!!

知多の皆さん~!!しっかり声は届きましたでしょうか?

阿部さん、今日はありがとうございました!!

 

次回の「Road to 東京オリンピック・パラリンピック」

12月22日(木)放送予定です!!お楽しみに~!!

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

今日お話ししたのは、愛知県陶磁美術館で

12月4日まで開催の「くらしをうつす

‐郷土の土人形展‐」について。

 

土人形は、地域性、時代も感じられ、

込められた思いも知ることができるのだとか。

 

週末には、講演会や三河万歳など、様々な催しが

予定されているそうですので、気になった方

調べてみてください!!

 


  • radiko.jp

カレンダー

RSS2.0

[login]

a-blog cms