TOKYO UPSIDE STATION

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

2018年5月27日 『Road to 東京オリンピック・パラリンピック』 Road to 東京オリンピック・パラリンピック

 

「Road to 東京オリンピック・パラリンピック」

 

今日は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

スポーツ局 競技運営部 スケートボードスポーツマネージャーの

村上仁さんにお聞きしました。
 

スケートボードの種目は「ストリート」「パーク」の2種目。

「ストリート」は街にある階段や手すり、縁石などを模したセクションが配置されたコース。

「パーク」はボウルと呼ばれるお椀状の形状が複雑に組み合わさったコース。
 

新たにオリンピックの正式競技に採用され課題も。

見る人にも選手にも「競技」という感覚を持つこと。

トレーニング法や、栄養学、怪我の際のケアなども勉強が必要。

また、ドーピングに関する知識も必要。昨日まで気にしないで服用していた

風邪薬が禁止薬物だと知らなかったということもありえる。

 

正式競技になり、スケートボートに対するイメージが変わった。

家族で一緒にスケートボート場に来て、一日を楽しむというスタイルも増えたように感じる。


東海地域で代表的な施設は、

岐阜県 中津川公園内のスケートパーク

三重県 志摩市阿児町 B7 SKATEPARKなど。

三重県松阪市には、来年に県内初の公共スケボー場が開業

 

全日本アマチュアスケートボード選手権の中部サーキットという大会もあるので、

是非見に行ってほしい。


日本の世界的な位置づけ。世界的には、アメリカが断トツに強い。

近年ブラジルの選手が強くなっている。

アジアでは現状、日本のレベルは高い。

女子は、日本のレベルは高く、いくつもの世界大会で優勝の実績がある。

 

東海地方の有力な選手は岐阜県出身19歳の笹岡建介選手や

愛知県常滑市出身17歳の小鈴大和選手。注目してください!

 

スケートボードはスピード感が感じられる競技。

皆さんもオリンピックまでによりチェックしてみてくださいね!!

 

村上さん、ありがとうございました!!

次回の「Road to 東京オリンピック・パラリンピック」は6月24日にお送りします。