山浦!深谷!イチヂカラ!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

10月24日 名古屋市浄心 鮨はーべすと キリンビールプレゼンツ 青山紀子の極上生ビール!

この時間は、「極上の!!」「番組お墨付き!!」
本当に美味しいキリン生ビールが飲めるお店をご紹介しています!



今日は、名古屋の地下鉄浄心駅2番出口から歩いて2分、  
「鮨はーべすと」をご紹介します。  

お鮨屋さんにはあまり見えないような   黄色と青のカラフルな外観、
名前も 魚ヘンに旨いと書く 漢字の鮨に ひらがなで はーべすと。  

名前は、大将の加藤慎治さんがつけたわけではないのですが、  
今では「鮨は、べすと!」という意味だとおっしゃってます(笑)。  



このお店は 9年ですが、加藤大将は この道40年の大ベテラン。  
とにかく物腰も柔らかくて、こういう方が握ったお鮨は、
美味しいだろうな~と思わせてくれます。  

お店のこだわりを伺うと、自然のものを自然に出したいとの思いが強く、
例えば、お魚は生臭くなく、 自然界からのうま味を 自分の処理によって 
美味しく伝えていきたい
とのこと。

シャリ、 醤油 も   化学調味料を 一切使わず、
自然のものを自然なままに伝えていこうという
自分は伝達人なんだと語ってくださいました。

お醤油も オリジナルで(塩水 大豆 麹のみで)作っていただいているんです。  



やさしさを感じるのが、お店の周りには、大手企業の独身寮があるようで、  
若い方がいらっしゃることもあるのですが、お金があまりないし、
何を頼んでいいかわからない、 でもお鮨食べたい とのことで、


彼らの希望する「2000円」で「季節のにぎり9貫セット」というのを    
平日夜限定で作ってくださっているんです。    
そうすれば、季節のお魚を若い人たちに伝えていけるし、    
喜んでもらえるんだよね~とおっしゃっていました。    

(もちろん、我々みたいなおじさん、おばさんが頼んでもOK(笑))    




今回、鮨はーべすとさん ならではのものをぜひ!といただいたのが、    
「生の穴子と煮穴子のお鮨の食べ比べ」です。    
「生の穴子」って私は初めていただきました!
穴子は血に毒があるので、 血抜きをしっかりやればいいんですよ
とのこと。    

身は、白身でとても弾力があって、噛むと脂の甘味が感じられ、
噛めば噛むほど美味しい旨味が滲み出てくるお鮨でした。
煮穴子は、文句なしにおいしかったですね~!    

お値段も、わかりやすく、一貫110円~の表示。
まぐろ210円   いくら250円、あなごは250円、生の穴子は320円でした。      
回転ずし と 高級店の中間ぐらいの値段設定です。    



大将がビール大好きなので、ビールにあうおつまみも充実です。
   
新潟から取り寄せている味の濃いマイタケの天ぷらとか、    
なぜかチャーシュー!これ まかないだったのが今や人気メニューに。    

前述の昔ながらの製法で作られた、オリジナルのお醤油で 味付けした
あっさりした和風チャーシュー。
絶品でお代わりしたいくらい。  
 
今の時期は、土瓶蒸し、カキフライ、あん肝に生白子、    
北海道の本ししゃもなど、もう どれも美味しそう。    



美味しい本わさびを巻いたわさび巻


では キリン一番搾りの生ビールのこだわりを伺うと、
大将ご自身が、生ビール大好きで、自分が美味しい生ビールをどうしても飲みたいとのこと(笑)

ジョッキはスタッフに徹底的にきれいに洗ってもらい、
あとは 機械を大将が いかにきれいに洗うかが大事。    

さらに ビールの出る回転を良くする。
この3つが重なれば、当然美味しいビールができる、とのことなんすよね~。  



こちらの生ビールは、クリーンな飲みやすさがありながら、      
クリーミーで 後味には深い旨味
を感じました。    
 
営業が終わって、後片付けしながら飲むビールは最高のようですよ。      
生ビールは、一杯500円(消費税別)です。      



3000円~5000円ぐらいで楽しめるお店です。      
浄心駅から歩いてすぐ。
 

◆「鮨はーべすと」◆
名古屋市西区城西4丁目29−10
052-528-5575

 



「青山紀子の極上生ビール!」 2019年度の放送は、
いったん 今日の放送で一区切りとなります。

また今後 お耳にかかる機会が  持てるよう、スタッフ一同頑張って参りますので、
引き続き、よろしくお願いします。  

10月10日 名古屋市 伏見 鉄板・お好み焼き 橙屋(だいだいや) キリンビールプレゼンツ 青山紀子の極上生ビール!

こんにちは、青山紀子です。

「極上の!!」「番組お墨付き!!」の
本当に美味しいキリン生ビールが飲めるお店
をご紹介しています!



今日は、名古屋の地下鉄伏見駅から歩いて4分ほど、  
長者町相互ビル2階の「鉄板・お好み焼きの橙屋」をご紹介しましたよ。  

こちらは、とってもにこやかな浅井淳(じゅん)さんと   奥様 千鶴(ちづ)さん、ご夫婦のお店で、
店名は、   お二人がオレンジ色=橙色が好きで つけられました。  
 



もともと車関係のお仕事をされていたご主人が脱サラで始められた   お店で、
立地的に周りは、繊維を中心としたビジネス街ですから、
日曜日にお休みできるということで、22年前オープンされました。

子育てもしっかりやりたくて、日曜休みで営業できるところで   続けてこられました。
なんだか愛情を感じますよね。  



こちらには、オープン当初から変わらない名物メニューとして、
「自家製牛すじ煮」
があるのですが、それが、いろいろなメニューに   使われていて、
このお店を象徴する役割を担っています。  

こちらのイチオシメニューは、名物すじねぎ焼き(850円)  
これは、こちらの自家製牛すじ煮が ネギお好み焼きの中に入ったもの。  
その牛すじ煮は、奥さんが開店当初から ずっと味を守り続けています。  
 



森三中の黒沢さんにそっくりな(笑)奥様の千鶴さんに伺うと、
味わいは、甘めで、赤みそを使っているんですが、 名古屋じゃない方にも食べていただけるように、
どてのようにコテコテではなく、 ちょうどよいバランスに仕上げてるとのこと。

名物すじねぎ焼きは、自家製の牛すじがお好み焼きの生地に入っていて、
特製醤油だれの味付け。
いただくとあっさり醤油味で、すこし辛子を   つけると、おいしさ倍増しましたね~。  



さらに、ここ2~3年で新商品をとして開発したのが、橙屋モダン焼き(1250円)。
普通のモダン焼きと違うのは、かなり立体的なんです。  

ご主人の浅井淳(じゅん)さんに伺うと、 焼きそばの周りに、
三角に切ったお好み焼きを立てかけるように盛り付けて、
真ん中に目玉焼きを飾り、インスタ映えするように考えたとのこと。

焼きそばもお好み焼きも両方の良さを一度に味わえる一品。    



そして、塩焼きそば(800円)。    
これは、本来焼肉で使うような塩だれを使って仕上げているので、    
調理されると、香りがとてもこおばしく、味に深みがある「大人の焼きそば」という感じ。

レモンが真ん中に刺さって出てくるのもインパクトあります(笑)    

また、自家製のお酢に 昆布と唐辛子を入れた 酢昆布唐辛子を    
かけていただくと さわやかなうま味が加わり 美味しかったです。



そして、なんといっても一番自慢したいのが、キリンの生ビール!!
お客様からも 美味しいねって言われることが多いそうです。      

キリンの工場見学も行かれて、きちんと勉強されてきてますし、      
暑い時期には、樽が温まらないように保冷をしたり、その日の温度でガス圧を変えたり、
我が子をかわいがるように大切に取り扱っていらっしゃいます。      

ビールを注ぐときは、泡と液体の比率をしっかり、
さらに 一杯一杯「おいしくな~れ」といって、愛情込めて注いでいます。  
大きな店ではできない 小さい店だからできることじゃないかな ともおっしゃってました。

実際にそのおいしさにびっくり!!      
キリン一番搾りの生ビール 一杯 500円!      
ツルツル飲めて 体に浸透するおいしさでした。      




夜、5時30分~7時までは ビール半額だそうですよ~。      
おひとり 2500円~3000円で楽しめるお店です。      

◆鉄板・お好み焼き 橙屋(だいだいや)◆
愛知県名古屋市中区錦2-5-31 長者町相互ビル 2F
052-203-2388


9月26日 豊田市 酒と肴 花わさび キリンビールプレゼンツ 青山紀子の極上生ビール!

東海ラジオ イチヂカラ 内 キリンビールプレゼンツ「青山紀子の極上生ビール!」
番組お墨付きの 必ず美味しいキリンの生ビールの飲めるお店をご紹介。



今日は、名鉄 豊田市駅 徒歩1分にあります 町屋風の  
粋で落ち着いた外観のお店「酒と肴 花わさび」
をご紹介しましたよ。

外観のイメージからすると高級和食に見えますが、お会計の時に、
あれ?  意外とお値打ちだね、と思ってもらえるような、
そんなお店づくりを   されています。  

店長は、成田幸太郎さん(45歳)



お料理は少量・低価格。
一番人気の自家製生つくねは、だいたい3センチ幅、10センチぐらいの長さの楕円形。
   こちらが2本ついて、290円なんです。  

成田店長に伺うと、
しっかり焼いてあるけど、トロトロジューシー、生のような食感。
以前に食べたことがあって感激したつくねを   超えるものを作りたかったとのこと。
ミンチ以外にも入っているんですが、その配合を苦労し、8年前のオープンギリギリに完成した、
思い入れのあるメニュー。

この自家製生つくねは、つくね自体にしっかり味がついているので、
タレがかかっているわけではないんです。
とってもこおばしく、まず香りでそそられ、一口いただくと、
つるっ、ふわっとした食感。


こんな つくねは、初めての経験ですね~。   びっくりします。美味しい!!!  



そして、もう一つ、双璧というくらいの人気が「関西風おでん」なんです。    
おでんですが、冬だけでなく年間通してよく出るメニューなんです。    

こちらは、だしが透き通っていて薄味のように見えますが、    
実は 濃い出汁をとって しっかり塩で味も調えていますので、
一見 薄味のように見える おでんですが、濃い味が好きな三河の人にも
馴染んでもらえるような味わいに仕立ててあるんです。    

おでんは、運ばれてくる ずいぶん向こうからでも、
ものすごく うま味たっぷりの出汁の香りがして、嗅覚でおいしさを感じます。    

大根、ちくわ、こんにゃくなど、どれも美味しいのですが、中でも、玉子がびっくり!!
お出汁と玉子といただくと、うま味が、どんどん 倍増するような 素晴らしい味わいになりました。    
関西風おでんは、460円。    



そして、やはり、こうした美味しいお料理には、
キリン一番搾りが  欠かせないのですが、こちらもしっかりしたこだわりがあります。    
シンクは、お料理の油が入らないよう、グラス専用シンクにして、
グラスもサーバーもしっかり洗浄します。      


サーバーにスポンジを通すメンテナンスは、通常 1週間に一回でいいのですが、
こちらは、それも毎日行っています。すると、やはり違いが出てきたようです。


しっかり気をつけてやるようになってからは、泡立ちもかわってきましたし、
若干ですが、ビールの出る数も増えてきたのではないかと思う。
キリンの一番搾り大好き。香りもコクも しっかりしていて、どんな料理にもあう。
特にうちのつくねや おでんにも。引き立ててくれる。

こちらの生ビールは、キーンと冷えてのどごしがつるっと、
旨苦みが、中盤から後半にかけて長く続く感じで、 美味しかったですね~。
生ビールは、小が、400円。中が480円です。      
小が あるというのもうれしいですよね~。      




成田店長は、もともとロック好きのバンドマン。      
店内は、カウンターもあるので、そんな成田店長とのお話を楽しみ訪れる人も多いようです。
先日は、お子さんが生まれた とのことで、たくさんのお客様がお祝いに訪れてくれたそうです。        

お店は、3階まであって、総勢200名収容できる大きな店舗です。
一人でカウンターでも、大人数で大宴会も楽しめる「酒と肴 花わさび」。

おひとり3000円~3500円ほどで楽しめるお店です。      
名鉄 豊田市駅前 すぐです。    




◆酒と肴 花わさび
愛知県豊田市若宮町1丁目24−3
0565-35-2777


2019年9月12日 大須 まぐろ食堂まりん キリンビールプレゼンツ 青山紀子の極上生ビール!

今日も、「極上の!!」「番組お墨付き!!」の
本当に美味しいキリン生ビールが飲めるお店をご紹介しました!



今日は、名古屋の大須にあります「まぐろ食堂まりん」。
地下鉄の上前津駅12番出口から歩いて1分、大津通沿いにあります。  
とっても庶民的な居酒屋さんという外観です。  




もう、店名からわかりやすいですね。何をお得意とされている店か。。。  
もちろん「マグロ」なんですが、こちらのマグロは、フツーのマグロでは   ございませんよ(笑)
「極上本鮪!」なんです。
マグロもキハダマグロ、 メバチマグロ、ビンチョウマグロなどいろいろありますが、
その最高ランクに君臨するのが、本鮪!なんですよね~。
 
普通だったら高級料亭でしかいただけないような、、、
一人2万円ぐらいするお店じゃないと食べられないような、
極上の本鮪を手の届く値段で   食べさせてくれるというのが 
まぐろ食堂まりん
 さんなんです。  



まぐろ食堂まりんの大将 前田秀人(ひでと)さんは、
以前、長島の某有名ホテルにいらっしゃって、そこで使っていた時の本マグロが美味しくて、
それをお値打ちに 食べていただきたいと思い、独立してお店を始められました。  

14年前に まずは高岳店を、そして10年前に こちらの大須店をだされたんですね~。    
メニューは もう、お刺身やお寿司も マグロだらけです(笑)    
私なんてマグロ大好きですから、目がハートになります。それも本鮪ですからね。 

   まずは、こちらお通しで大トロの炙りが出てきます。
お刺身の状態でお皿に並べられていますが、 お席でバーナーであぶってくださいます。
これがもう、半生の状態になって、こおばしさと大トロの脂の甘味が口の中でとろけました。    



そして、お刺身で、赤身、中トロ、大トロと、これでもか!と分厚く切ったお刺身、食べ応えたっぷりです。
舌触りもよく、味の深みもあって、どれも甲乙つけがたいですが、私は中トロが一番好みでしたね~。
    お客さんからも「まぐろってこんなにおいしかったんだ~」というお声もよくいただくそうです。    

そして、大将のおすすめとおっしゃっていたマグロの壺付けカルビ。
   

これは、男性スタッフがうなってました。大将が鹿児島出身ということもあり、
甘いお醤油にニンニクなどの色々な薬味が入って絡めて出されます。
ヅケの状態でそのまま食べていただけます。ご飯と一緒に食べたい味付けでしたね。    

もちろん、ビールも思いっきり進むおいしさです。     
お刺身もまぐろの壺付けカルビも、赤身は、1550円、中トロ1950円、 大トロ2550円です。    



そして、こちらの生ビールは、「キリンラガー」の生ビールです。      
コクや飲みごたえのある味わいが人気の「ラガーの生ビール」が
あるところは珍しいので、お客さんにも好評です。      

おいしい生ビールの入れ方について、女将の由美子さんによると、
クリーミーな泡を入れるように、粗雑な泡は流しきるそう。      
また、グラスの中の油汚れなどがあるとおいしいビールにならないので、
きちんと洗うことと、それも、地球にやさしい洗剤を使って、
環境にも 気を遣っているとのこと。

 やはり、ラガーですので、パンチがあって飲み口からコクがあり      
旨苦みもしっかりと感じられましたね。生ビールは、一杯620円。      



大須は、アニメやゲーム好きのお客さんが全国からいらっしゃるので、      
そんな方々がSNSで、名古屋にいくなら「まぐろ食堂まりん」って、      
話題にしてくれているそうなので、「やっとこれました~!」というお客さんや、
只今「まりんにいます」と ライブでアップする人までいるそうです。      

ここはお刺身だけではなく、お寿司も食べられるので、〆として、
握りや鉄火を食べにいらっしゃる方もあるそうです。赤身の鉄火650円。  
赤身の鉄火も美味しかった~~!!

他に、番組では増野さんが生魚苦手tのことでしたが、
まぐろの味噌カツなどもありますので、ぜひ。
この味噌かつ、懐かしい母の味噌かつの味でした~。
リピートしたい。   




本鮪のおいしさをぜひ味わってみてくださいね。
今日は、大須のまぐろ食堂まりんをご紹介しました。

◆まぐろ食堂まりん
名古屋市中区大須4丁目10-78(オクダビル1階)
052-252-7774
(地下鉄 上前津駅12番出口から歩いて1分、大津通沿い)


8月22日 鮮魚居酒屋 いちにいさん キリンビールプレゼンツ 青山紀子の極上生ビール!

今日も、東海ラジオ イチヂカラ内で、 「青山紀子の極上生ビール!」をお届けしました。

この時間は、「極上の!!」「番組お墨付き!!」の
本当に美味しいキリン生ビールが飲めるお店をご紹介しています!



今日は、名古屋の金山総合駅南口、すぐのところにある  
鮮魚居酒屋いちにいさん をご紹介します。  
こちら、金山駅南口でて左手のビルの3階、とっても便利な立地です。  



店名からもわかるようにとにかく鮮度の良い魚介類が自慢のお店です。  
オープンは19年前ですが、現在のオーナー酒井さんになってからは、10年です。  

オープン当初は、名古屋で北海道の食材を鮮度よく食べさせてくれるところはなかなかなかったので、
それを売りに、北海道から空輸で、現地でしか食べられないものなどを仕入れていましたが、

最近は   やはり地元も大事にしようということで、
愛知県の篠島からも 直接取引をするようになって、
鮮度の良いお魚が入ってきます。  



こちらの自慢のお刺身の盛り合わせをいただいたんですが、    
お刺身を出すときには、クラッシュ氷をしいて、
1時間たっても冷たく、鮮度の良い状態で食べさせていただけます。  

北海道や愛知県 篠島から直接仕入れたり、
中央卸売市場で料理長が目利きをし仕入れてきています。
お盆前の取材だったんですが、このときは、マグロ、大分のひらまさ、
徳島の太刀魚、三重のあぶり鰆、しめさば、
さらにこの時期おいしい篠島の岩ガキもいただきました。      

その豪華な盛り合わせの下には、ぎっしりとクラッシュ氷があって、    
冷たさを維持して、鮮度を保っているんですよね。    
だからでしょうか、本当に素材の良さがよくわかり、素材からくる甘味や、
ほどよい脂ののった甘さも感じ、あっという間になくなってしまいました。    
(お刺身5種盛り 1780円税込み 岩ガキ980円税込み)    



また、店内には 生け簀があるので、
さばきたてのぷりぷりの状態のお刺身を食べていただくこともできるんです。
生け簀にはこの日、アジがいまして、その場ですくってすぐに調理して
「なめろう」にしてくださいました。

なめろうは、その昔、釣った魚を船の上でおろして、
お味噌や薬味と一緒に粘り気が出るまで、たたいて作ったもの。
この日、出してくださったときも、身をおろしたばかりのアジが飾られて出てきたんですが、
まだピクピク動いていたくらいでした。    
(なめろう 980円税込み)    



このほか、直接取引ができる篠島からは、生しらすも入ってきていて、
見た目が透明なんです。ツルツル感と後味のしらすの苦みが最高!      
これは、生ビールを呼ぶな~~~とおもってしまいました。        



そのキリン一番搾りの生ビールですが、グラスをきっちり冷やしてくれているので、
キンキンに冷えた 気持ちのいい一番搾り!

旨苦みをたっぷり感じるコクのある飲み口でしたよ~。
(生ビール中ジョッキ 500円税込み)  
   
(もちろん、グラスやサーバーの洗浄もきっちり!)  




オーナーの酒井さんは、「もし自分がお客だったら来たいと思うか?」
ということを考えていらっしゃるので、お値段もコスパがよく、表示もすべて税込み。

また駅前立地で、いろいろなグループの方がいらっしゃるので、
お魚が苦手な方にも食べていただけるように、ピザもあったり、牛もつ鍋もあります。
これが「魚の店なのに、牛モツ鍋がうまい」と口コミで 広がるぐらいの人気だそうですよ。
便利な場所なので、お仲間でぜひ!

宴会コースは、飲み放題つきで4000円からありますよ。               

 金山駅南口すぐ
◆鮮魚居酒屋 いちにいさん
名古屋市熱田区金山町1-2-1
金山スクエアビル3F
052-682-5883